05 Apr. 2011

「桜に浮かれて工房は・・・」 旬の寿司編

我が家の桜さん、、、昨年に遅れる事約1週間あまり、、、そろそろ見頃違うか?

お公家さん桜は7部咲き・・・

くぐり抜け宜しく入らせてもらって・・・

なかなか風流じゃなかでしょうか?

こちらのピンク枝垂桜も8部咲き

左の咲き分け桃さんも、、、目出度く同時期開花、アリガト!

玄関の嵐山から運んで来た桜さん、まだもう少し先のようです

さてっと、、、唐津の魚市場へ出掛けましょ! 明日の「工房寿司会」の魚ネタ仕入れに・・・・・

折角やけん、先に伊万里の名物桜見物させて貰おうかネ

コレは名物桜の横にある若い方の桜さん

コレが本命!

800年以上の長きに渡って毎年頑張って、、、この地域に元気与えてくれるあり難い桜さん、頭下がる思いです

その先1KMほどの処ですが、、、何だかもの凄い「霊気」感じる処

「白蛇山岩陰遺跡」

「旧石器時代末(約1万2千年前)から縄文時代晩期(約2千5百年前)に、
        岩陰を利用して人びとが暮らしていた岩陰遺跡(いわかげいせき)であることがわかりました」

「砂岩の岩壁に河川の侵食によってできた、南東方向に開口する2つの洞穴があり
         中世には修験道の修行場だったので、現在でも特異な景観をしています」

さて、、、明けて3日は日曜日!

昨日唐津市場で仕入れた新鮮食材たち諸々・・・・・全て活き魚

巨大ヒラス

2KGの釣り鯛

コウ貝&オコゼ

博多で買うの止めたくなる唐津価格、約半額なんです!

早速取り掛かっておりますが・・・・・危なっかしくて!?

「尻尾押さえときない」 「判った」

どや! 巧いもんでっしょ?

男の料理の決め手は 「素早く!大胆に!」

カヨちゃんは貝担当・・・・・

監督は十八番の寿司飯担当 プロ顔負け!

ヒラスと鯛のアラは炊きまっしょ

手際よく、準備の方は順調に・・・・・

お次はオコゼ

アラ炊きの出来上がり、、、部屋中に甘〜い香り漂って 「もう待ちきれんばい」

準備万端、、、そろそろ始めよか?

オコゼの刺身は超美味!!!

元祖鯛焼き!?

「美味い!っちゅう表現では物足りんけど、、、やっぱ美味かあ!」

春の食材コウ貝、香りと歯応えがなんとも嬉しい(値段聞いたらもっと嬉しいゾ)

美しいお魚さんの切り身、、、養殖では決してこうは行かないのダ

では第二ラウンド・・・・・寿司行きます!

炭水化物押さええや!

アラ炊きの取り合いまで始まって、、、、、「ご飯いくらでもいける、困るウ!」

工房周りはこんな風・・・・・蜂蜜の香り漂う、酔・酔いのこの季節

今週は桜見の宴やろ? 再来週は雲仙温泉やろ?

次から次へと工房イベント続きますです・・・・・