18 Mar. 2011

「美しい金沢の街」 ”ひがし茶屋街編” + ”京都東山花灯路編” 

金沢に来たら、、、此処は絶対外せない「東茶屋街」、時間は夕方5時過ぎ、いい具合に陽が傾くお誂え向きの時間帯である・・・・・

心中残した家族の事が気になって仕方ないのだが、、、亡き従弟会長老の意志汲んで、会の存続をこの北陸の旅に掛けているのだ

こじんまりと上品にまとまった金沢の街にすっかり魅了された我々

お茶屋さん毎に微妙に違う設えだが、花街は見事にピシッと統一感で溢れている

共通項

感じられるエントランス、、、色々

こちらは大きなお茶屋さん跡利用の金箔の老舗

入ってみよう

「ほお〜、三階建ての大きな建屋やないか」

ひと際目立つのは蔵

金箔で包まれた豪奢なもの

これは蔵の内陣

これは風変わりな二階部分もつ御茶屋

なるほど

一軒一軒工夫凝らされているちょっとしたアイデア、、、200年後の現代にも見事に通用する

夕刻になって火灯す頃、、、人通りも少なくなって一層静寂さ感じますが

お茶屋街の外れに予約している食事処があります

フレンチの名店「くりゑンテ」

食事の様子は別途 「北陸路グルメレポート」での紹介とさせてもらいましょう

この晩餐にて今回の従弟会の行事は滞りなく終了、、、参加した全員再会を約し、解散となりました・・・・・

ほぼ徒歩でぐるっと散策可能な金沢の街、、、100万石の城下町の威光そこかしこに見て取れ、魅力溢れる古都でした

金沢の夜を過ごして翌朝、特急サンダーバードにて京都へやって来て

此処は京都の府立植物園、、、梅の香り漂う園内にやって来ました

リンダです

編集長です

お昼を以前から訪ねたかった蕎麦工房 「じん六」で済ませ、三条の宿に荷を預け、大阪からやって来たリワキーノと合流

いいでしょ?

リンダママご推奨の町屋利用の西洋菓子処、、、リワキーノとのミスマッチが面白い!?

お向かいは・・・・・

「旧店舗は此処やったんや」

錦小路通り抜け

魅惑のゴールデンブロック後に、リンダのガイドでやって来たのは東大路は清水道、、、

八坂の塔へ向かっておりますが、、、「東山花灯路案内しようと思うてたんやけど」 「とてもいい雰囲気やねえ」

「こんなん初めてですわ」

41年卒には思われぬ若さ!?

だんだんと格好の時間帯に

なって来て、雰囲気抜群のこの界隈、このお宅の松・・・

凄くないですか?

賑やかになって来たのは・・・・・

清水さんからの参道と合流したから

二年坂からずずっと、、、

ねねの道へ・・・・・

高台寺手前から左折して お気に入り定番の 「石塀小路」へと入ってみましょう

いいですなあ、、、この灯りがあると無いとでは大違い!

料理旅館街通り過ぎたら、、、

今宵のメイン会場、八坂神社舞殿着

暫し拝見させてくださいまし

京都五花街持ち回りで行われる芸舞妓による舞踊奉納、、、

華やかな舞踊に酔いしれる取り巻き客に驚いております

「いいもん見せて貰った、ありがとう」

一力から

花見小路通って、、、「夜は何にする?」



以下はリワキーノデジカメによる、、、「京都東山花灯路」のものです。

http://www.youtube.com/watch?v=5mjTXikeSYo

http://www.youtube.com/watch?v=J2KwyzfnnXs

http://www.youtube.com/watch?v=ctWGzhiepZY