15 July 2011

「最近はやってないよなあ、、、工房厨房」 「滅茶苦茶暑いけんですね」

「ならば遠征すっか?」

此処は北九州の日明地区・・・・・

ABE車で

陸路ばかりじゃ能がないとばかり、、、持参のPCおっ広げると 「あっ、あるある11:40発!」 丁度対岸からの船が着岸、何たるタイミング・・・

関門海峡望むと見える門司の町並み

こちらは本州側 対岸の港まで15分ばかりの船旅!?

本船右手、海峡からの船と、左手玄界灘からの船が行き交う航路を横切って直進する様子ですが、、、こちら小型船の悲哀!?

取り舵、面舵で蛇行しつつ下関サイドに到着!

「思いがけもしなかったフェリー、、、良かったですよ」 ABE喜ぶ!

下関へ上陸したら・・・・・

肉です、肉! 酷暑対策には ”肉が一番” ですもんね・・・・・下関は韓国人街の 「焼肉ソウル」

これもネットで調べた結果ですが、、、「どうかいな?」



「此処のお勧めは?」 「ハイ、豚のトントロです」 タイ北部イサーン地方のアレですな?

お後はロースにカルビにハラミと、、、定番をオーダー

「そろそろいこか?」 監督が笑ってる!?

焼く間に

カクテキと白菜キムチで束の間の 「お待ち!」

イカの塩辛も・・・

そろそろよかですばい、、、

「トントロ焼きは初めてやけど、美味い!」監督の評価です

「ワチキは韓国味噌汁だす」

グツグツ、熱々でしかもピリ辛!

「ほお~」 監督何か善い事でもあったのでしょうか?

笑ろてはる・・・・・

「冷麺、大好物なんよ・・・」

北朝鮮スタイル、、、蕎麦粉使用の腰のしっかりした奴

「店ごとに味が皆違う! 美味いばい」

肉です! 2度目はウェルダンで食す事に

白ご飯&味噌汁との相性抜群の此処の焼肉、、、ネットで高評価はえてしてあてにはなりませんが

納得!

店名 焼肉 ソウル
ジャンル 焼肉
住所 〒750-0025
山口県下関市竹崎町3-2-18
TEL 0832-22-4310
営業時間 AM11:30〜AM0:00
定休日 毎週日曜日 (祭日は営業致します)

「デザートはどうします?」 「小倉の辻利じゃ!」

関門トンネル経由、、、旦過市場近くの ”辻利” にわざわざですよ・・・・・

京都四条通”辻利”と姉妹関係の店 

¥420の宇治金時頂くと、リンダはん、、、思い出すなあ・・・お宅界隈はコンチキチンで賑わっている?

「工房厨房遠征編」 酷暑のこの時期はこのスタイルが正解でないかい?

では