05 Mar. 2011

「JR博多シティ開業の翌日」

目出度いお雛様の翌日、阪急デパートは早くも桜満開!

最近のデパートは、細長い鰻の寝床のような形状多く、買い物客には動きにくい動線要求されますが
こちらはその点、理想的な四角に近いフロア形状で安定感抜群です。

四条河原町店閉鎖して後、新規開店の博多阪急百貨店、本気度・真剣度が伝わって来そうなそんな雰囲気・・・・・

そんでもってやって来たのは、、、”くうてん9階”  

読者からのメール 「今までに無い食事処見て来て」に応えんとリサーチ・リサーチ

おばさん連中でごった返しているのは昨日同様 日本料理の”加賀屋”、、、若者に人気は”牛タン 利久”

オールラウンドに人気は ”矢場とん” お目当ては¥1000ランチ

女性に支持受ける韓国料理の ”妻家房”

私が目に付けていたのは 此処 石釜設備のあるピザ屋さん

東京赤坂の路地裏にある本場のナポリの窯焼きピッツァ店で、知る人ぞ知る存在 その思い出をもう一度!

店名ですが、、、覚えにくい! ”ピッツェリア・エッセドゥエ・イル・ビナーリオ”

運良く待たずに着席できました 博多の人には馴染み薄いもんね未だ・・・・・

お昼はコレのみ

¥1200のPizzaセット ミニサラダ&ドリンク

命の生地は小麦粉・水・塩・酵母のみ、、、、、麺棒は使わない手で丸くして行く本格的ナポリ風

周りはサクサク、中もっちり! 久々に納得ピザに再会出来たぞ!

ご馳走さん!

”くうてん”は9階と10階の2層からなっていて、今日は10階部分も見ておこう

やっぱ知名度なのか?

30分待ちの ”四川飯店” 料理の鉄人で認知度全国区の名店

京料理八咫(やた)

焼肉有名店

くるっと廻って再び9階へ、、、博多リバレイン時代に出店していた ”永坂更科布屋太兵衛”

「今度はあんな事ないよね?」 「大変失礼致しました」

値付けも九州価格帯!?

出汁を2種提供も博多意識しての事と見た  これは御前そば

続いて 「生粉打ちをかけでお願いできます?」 メニューには無かったけど気持ちよく出て来ました

やっぱ落ち着く

関東風蕎麦、、、こうでなきゃああきません、、、考えてみれば、粉もんばかりのランチ、でも充分納得させられるものでした

北へ延びる大博通り、、、ナイフでカットしたようなビルの高さ 此処から地下鉄数分で空港ある為の高度制限

福岡の高層ビル、西公園より西方面もしくは香椎より東方面に行かないと見る事は叶いません

これで ”くうてん” 3軒制覇!? まだまだ先は長いのである