21 Apr. 2011

「四川飯店 博多店」 改訂版

くうてん評価急落させるレストランの一つ!?

まあ開店時はどこも気合入れて、本店から腕利きのシェフ連れてきて、精一杯博多の人間にええとこ見せる

これは博多駅に限らず、天神や中州でもよくあるパターン

しかし、オープンしてやがて目立つ「手抜き!」

リバレインの吉兆(潰れた船場系)しかり、天神の聘珍樓しかり、キャナルの福臨門も例外では無かった

福岡の食文化、決して高いとは云えないけれど、それにしてもそれを舐めたような味はすぐにバレバレとなって皿に出るもの・・・・・

折角の四川料理を本場より持ち込んだ初代陳さんはあの世でこの現実どう見ているのでしょうか?

まあこんな店のレベルなら、決してお勧めいたしません!

此処四川飯店だけの現象なら幸いですが・・・・・

緑色の特別なウーロン茶とプアウル茶、冷めないような配慮はありがたい・・・・・

”博多駅くうてん” オープンして早1ヶ月と半、各店どのような経緯で現在に至っているのだろうか、興味あるところだが

最初のオーダーは鶏の蒸したもの、山椒ベース でも前回の前菜のパワー感じられない

お次はフカヒレ コレはアカン、前回の時と違う透明度の悪さとコクの無さ

カニ玉、、、コレは可も無く不可も無く、と云って美味しいというレベルではありません

海老チリ野菜と共に  はっきり云ってその辺の食堂レベルの味

スーパイコ 此処の売りの一つだが、、、こんなもん?

貝柱のオイスター醤仕上げ、、、熱々で持って来てもらわないとあきません、冷めとるで!

白身魚の四川風ソース掛け

炒飯 まったくキレがなく、工房で造るレベルにも達していない

チャーシュー麺 冷麺で頼んだ覚えは無い!

杏仁豆腐はまあまあとして、弟オーダーのマンゴープリンは最悪、スーパーで売られているのより酷い作

段取りの悪さは醜悪! 4人のデザートタイムは一緒でなきゃあならないのに、「あと5分待ってください」が都合4回、待ち時間20分!

「あんたの店の厨房はいったいどうなってんの?」

後味悪かったので、阪急デパ地下の人気商品「ラスク」買って我が家で頂きました

これは合格点献上のお菓子!

東京へ出掛ける友人に、赤坂の「四川飯店」勧めて喜ばれたのが嘘のような福岡店のマネージメント

本店へこの顛末知らせようとメールしたかったけどウェブに該当なし、電話で直接 「開店時の応援シェフは東京へ戻ったんでしょ?」

ってクレーム付けたら、しどろもどろの対応・・・・・まさかミーティングで「福岡は適当にでいいでしょ」なんてやってんじゃないよね、陳さん?

以下は前回訪問の際のレポートです

27 Mar. 2011

東京のど真ん中、千代田区平河町にある「四川飯店」

リーズナブルな価格で納得の中華料理を提供する陳さんファミリーには、少なからぬ料理人の何か感じてはいましたが

そのお店が「くうてん」に堂々のデビュー、、、やっと、と云っても開店後3週間にしてやっと行って来ました

夕方5時半、待つこと15分程度、、、此処「くうてん」ではどうって事ない待ち時間ですが

ポットウーロン茶で

今宵の品定め中・・・・・

このページは一番高級な食材のオンパレード、、、このページはパスしてオーダーしたのは

お任せ前菜三種盛り合わせ、、、

どれも見た目以上にしっかりとした味付け

フカヒレスープ、本店の味忘れていましたのでお愉しみ、、、上湯の利いたコンソメ風仕立て、かなり個性的です

タラバ蟹のブラック・ビーンズ炒め、、、見ての通りの、極上いため

此処の十八番の海老チリソース、、、流石と唸らせるだけある秀作!

ハレーション気味で申し訳ない

アスパラガスと生湯葉の煮込み、、、塩味加減が素晴らしい

スーラータンスープと蟹レタス炒飯 四川料理だけある辛味しっかりのスープ

ママのオーダーは コーンスープ 「炒飯といいスープといい、私の好みにピッタリ!」

たらふく頂いて、、、お店出たら、やはり待ち時間45分!

デザートは河岸変えて、、、「京甘味処 はやし」

またもや失敗!?

カロリー・オーバーで帰路につきましてん・・・・・