13 Dec. 2010

「黒岩山トレッキング 前編」

「アイツ本当かよ?」 在川の驚きようも頷けるアイツの変身!

「待っとったぜ!」

11日土曜日に予報チェックしたら、、、久住の明日の山の天気は「ピーカン!」

日頃運動不足の某眼科医に 「行くぜ明日」 「何処に?」 「山たい」 「ウーン」 

その日の夕方にはご覧のように”山おっちゃん”グッズ購入 「行くバイ、山! 格好も揃ったけん」

予報通りの好天!

中央に三俣山、手前右方面が黒岩山、そこを目指します・・・・・

もう、様になっとうバイ

普段なら此処から南

久住山方面ルート辿るところですが、、、今日はドクターの指す北のお山 黒岩山⇒泉水山⇒長者原のルート

午前9:15、牧ノ戸峠スタート、陽光眩しい絶好の山日和

気温0度ですが

風弱く、背中にお日様とくれば快適な事この上ナシ

三俣山の稜線から今日の空気の美しさ想像出来る筈・・・・・

こちら黒岩山方面

季節は冬

「どうや?」 「今のとこコレ」

振り返るとそこには

信じられないような光景! 久住詣でも二十数回数えるがこんな天候はお初

「いつも久住はこんな風?」 「そは行くかい!お前運のいい奴っちゃ」 「そうなん?」

だらだら登りは終了、此処からはぐぐっと登山モードに突入

「今日は凄いなあ!」

雲海に浮かぶは阿蘇五岳 時間の流れ行きと共に刻々と変わる様相にドクター吃驚!

何を想うか”アイツ”

「いやあ、あの登りはちょっと堪えたけど、、、いいもんやねえ自然は」

「云うたろうが、よかって」

分岐点ですが、山頂方面へ・・・・・

こっちへ、、、、、

シーンと静まり返った夢の世界に身を置く三馬鹿トリオ!? 気温こそ低いこの時期ですが

「順調・順調、何〜も問題なかバイ」

凡そ1時間弱で山頂到達

来た証拠?

俺も、、、

バックには双耳峰の由布岳クッキリ、、、視程は数十キロ以上、こんな日はそうそう無い筈だ

季節の風物詩?

ご褒美に一杯立てコーヒー

「あんた達が山にはまるとよう判るやね」 してやったり!

中央遠くに雲仙普賢岳インサイト!!! 手前のはk.mitikoさんお馴染みの猟師山、八丁原地熱発電所に人工スキー場も

久住連山最北端の湧蓋山 その右手遠くについ先日在川と登った英彦山 こんなにクッキリとよう見えるもんや

硫黄山の噴煙、いつも愉しませてくれてほんまアリガトウ! 噴煙の後方に久住中岳 

由布岳にも感謝の2010年、あのお鉢めぐりは忘れられぬいい思い出

これはGoodShot! 本人云うから間違いなか!?

飛行機雲現れたという事は明日は雨ダ 今日しかなかったこの天気、昨日は黄砂で視程悪し、その前はやまなみハイウェイ凍結で通行止め

頂上までの登りで汗かくほどの陽気、アイツの姿からこれが12月中旬とはとても思われぬ

すっかり山男!?

考えてみれば我等三人、修猷蛸組からの途切れぬ付き合いっちゅうことは 43年!? そうたいドクターとは幼稚園以来やった・・・・・

愉し嬉しの山頂ティータイム、ゆっくりと1時間ばかり過ごしたでしょうか、、、こんなリラックス・トレッキングもよかもんたい

そう、泉水山ですバイ

日陰には残雪があって、そうかあ冬なんやあ

グラッツエ!?

稜線を下り・・・

あちら泉水山方面へと

夢の世界はまだまだ続くのダ・・・・・