06 Nov. 2010

「黒岳山麓紅葉狩り!」後編

本日のトレッキングには山頂制覇はありません こうやって、ゆっくりランチ準備中です

チャンポンも出汁からスタート

お隣見たら・・・・・!? ハナパパが生徒さん従えて黒岳登山するところ

此の紅葉時期、考えることは皆同じようなもの、、、「気をつけて行ってらっしゃい!」

我々はこちらが主!? コチュジャン少なめに、これはセッちゃん用

ジャンたっぷりはフミちゃん用

「辛くて美味しい!」

上見上げればこんな風・・・・・

食後のコーヒー愉しんでのんびり・ゆったり

「しゃかりきに登るともいいけど、、、これもまたよか」 「でしょう?」

一時間半の午餐の後

午後1時、戻りタイムです

陽光一段と増しつつある時間帯

思う存分紅葉狩り愉しんでの帰路・・・・・

此の二人、まさかこんなに素敵なトレッキングとは予想してなかったみたい

キャプテンの評価少しは上がった!?

「。。。かも」

山ガールは得! 「頭に注意して通らんといかんよ」 「危ないけん足元注意して」 気遣ってくれる方 多々

脳裏に焼き付けるべく撮った一枚ですが、、、、、

黒岳斜面がまるで豪奢段通の厚み感じさせてくれる・・・・・

感動のお顔!っすか?

コメント要らず、、、、、じっくりご覧下さいませ

そうこうするうちにソババッケ着、、、時間的に中間地点です

何がそんなに可笑しいとね?

樹林の深さ堪能可能なポイントでもあります

またまた始まるコーヒー・ブレイク、、、、、今日何杯目かい?

後ろは平治岳・・・・・みやまきりしま時期には多くの鑑賞者訪れて、迷惑顔されるお山です 心中お察し申し上げ、本年私は高岳へと廻りました

参考までに、、、、、此れは2年前6月の平治山頂付近 ⇒ 大戸越のショット

秋です!

午前・午後でこうも彩り変わるものなのか 実感しつつ山降り中、、、、、

隠し水の美味い事!!!

山ガールの二人、、、、、今日はそこそこ目だってましたが 「想像したほどでもなかった?」 「もちょっと極楽鳥風にせんとネ」

やがてスタート地点に帰還

この様子から察するに、、、、、○それも、◎レベルか?

お帰りなさいまし・・・・・駐車スペース満杯の男池エリア、後1週間紅葉狩り堪能保障できる筈

左から、、、黒岳 平治岳に大船山 右に振って 三俣山 噴煙上がる 硫黄山 星生山と続く久住山系です

走破距離7500M程度の高低差少な目トレッキング・・・・・癖になりそうな!?お気軽ルートだったようです

寒過ぎ・熱過ぎ多い中

春夏秋冬、、、四季折々、多彩な自然や風景気軽に愉しめる、、、そんな国はそうそうありません

人間の地球上に創った人工物、逆立ちしたって自然に勝てる訳無いのは必然・・・・・天然の前では形無し!?

温暖化で亜熱帯化しつつある日本、未来永劫かような姿のままなどという保障はどこにもありません

選ばれた緯度上に存する美しき国「日本」、、、、、この恩恵受けられるうちは存分に、日本の四季堪能させてもらいたいとの思い強くしました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけですが、、、、、

これは翌4日 (両親伴って再びですがな この4日間で走行距離1100KM) の三俣山の様子、手前一面にススキ野原!

温泉に浸りながらの紅葉狩り、、、、、今春、みやまきりしま鑑賞トレッキングやった指山と三俣山

すっかり晩秋の雲流れる星生山、、、右に沓掛山、牧ノ戸峠と続きます

4種の掛け流し湯堪能して、、、もう体はホッカホッカ

硫黄泉に単純泉に緑礬泉に冷泉の

星生温泉ホテルの湯です・・・・・

牧ノ戸峠過ぎると、阿蘇五岳浮かび上がるという設定? 見事なシルエット!

”九重阿蘇国立公園”近くに住む在り難さひしひしと感じる秋の一日 でした