03 Nov. 2010

「根子岳紅葉狩り!」後編

今春4月の根子岳さん訪問の折、山中で仲良くなった阿蘇の主の一言

「紅葉は根子岳、九州で一番ですたい!」

仰せの通り、、、来てよかった! 登って尚よかった!

今二人は此処で、贅沢三昧させてもらっております

これに早く気づくべきだった!

韓式正しいうどんの食し方、、、出来上がるまでオニギリで・・・

ハイ、お待ち!

「これは美味い!」 在川も大喜びであります

陽光一段と眩しくなると、午前とは違った紅葉具合となっておりますが・・・・・

Black Mountain Coffee!

彼の望む先には・・・

このような、、、信じられない光景が拡がっているのです

地獄谷も一層艶やかさ増しつつあります

時間です、、、午後1時です

1時間のテラスレストランでの豪華午餐タイム、、、しっかと脳裏に焼き付けておかねばなりますまい

刻々と変化し行く山様、驚き隠せません

東峰振り返ること幾たびか・・・・・

Oh my God!!!

天狗峰南面絶壁からの

地獄谷見通しが一番印象に残る紅葉である事は間違いありません

「忘れんとこう!」

「充分焼き付けた」そうなんですが、、、もう一度谷間覗いて・・・

下山開始します!

紅葉狩りにお日様は欠かせぬ存在、、、心身ともに気持ちを豊かにさせてくれます

登攀時とは又違った印象与えてくれる高岳さん、根子岳さんとの相乗効果いつも感じさせてくれる素晴らしいお隣さん同士!

こんなお気楽な紅葉狩りさせてもらって、ほんまええんでしょうか?

気温10度以下

足元の絶景も忘れる事の出来ぬもの・・・

めがね岩とローソク岩地点まで降りて来ました

「下りは早いなあ!」 それにしてもこんな愉快な紅葉狩り、そうそうありますまい・・・・・

あの谷間には

またまた素晴らしい紅葉のトンネルが待っていてくれる筈・・・・・嬉しい!

その前にもう一度めがね岩にわかれを告げて、さようなら又来年!

感動の連続、急峻なガレ場に足元すくわれながらも

ペルシャ絨毯に包まれるかのごとく、暖かな降下続いております

本日の我々の辿っているルートは”ヤカタガウド”、中級者コースとの事ですが、岩の段差が大きくて子供や女性には多少困難伴うかもしれません

このルート中唯一の水場が此処、登山口から見て、紅葉トンネル抜けた地点に在ります

根子岳の伏流水の美味い事!

従って、超美味しいコーヒーの出来上がりと相成ります

そして始まる、、、お楽しみ”紅葉トンネル”のくぐり抜け!!!

赤・黄・緑と青い空の織り成す見事なコンビネーション!

言葉を失う時間帯に入っておりまする・・・・・

この潜り抜け楽しみたいなら根子岳登山しなくてもOK

日本に紅葉の名刹数あれど・・・・・

こんな自然の贈り物で成り立つ神社・仏閣は皆無!

11月です 行列作って入場料払うのが日本の風景? そんな季節となりましたが、、、多分今年は紅葉目的に参詣することは無いでしょう

地球は手付かずにして置くのが一番という認識させられる、極めて判りやすい此の地

延々と続くトンネルも、あっと云う間に終わってしまったという印象

此処から抜け出るのが、、、ああ勿体無い!!!

でもその瞬間はやって来るもの・・・・・

THE END!

下りは約1時間と半でした

やがて此処南阿蘇も、秋から厳冬の時期迎えるのでしょうが・・・・・今年は十数回愉しませてもらいました

いつもいつも本当にありがとうございます!

温泉です!!

立地が何ともねえ、、、云わせぬものあります

最高!!!

お初であります

住所:熊本県阿蘇郡高森町大字上色見2803
■電話:0967-62-2626
■営業時間:午前10時〜午後10時(家族風呂は午後8時終了)
■受付時間:午前9時30分〜午後9時30分
■定休日:第3水曜日

「露天がよかばい!」

先ほどまであそこに居たんやあ・・・・・

こうやって、今日の山行き思い返しつつ入る温泉、贅沢以外の何ものでもありません

多少温めのまったりとしたお湯、足腰癒されてもう云う事ナシ!

今日も一日、、、地球と自然と天候に感謝の内に幕引きとなりました

南阿蘇は空が広い!

きっと皆さん満足されると確信します

ではまた