25 Nov. 2010

「英彦山三岳周遊! 後編」

中岳での”英彦山大権現”参詣の後、北岳へ向かっております

あちらです

地球の自然だけが眼前に拡がる様は、この時世にあってお宝です

稜線を下り始めましたが・・・・・

「苦戦しよっちゃなかとね?」

この美しい山歩き、、、キツイ・ツライはタブー!?

「だいぶ慣れたみたい」

シーンと静まり返った稜線から他所の稜線愛でるの図、、、、、

鞍部にて・・・

振り返って後ろは南岳と中岳上宮

此処は保護林

こんな活動にはふんだんに予算を!

「気持ちいい!」

なかなかのショット・・・・・でしょ?

再び登り、、、

「Yukiちゃ〜ん、ゆっくりでよかよ」

上宮と南岳が次第に遠くなりつつあります

北岳山頂にて

距離感お分かりでしょうか?

山頂お社裏にて一休み・・・・・

「ここから一気にやね?」

では・・・・・

喜ばしい崖下り多々

こんな施設までアリ!?

「きゃあ〜、滑る!」

デカイ岩場の連続の始まり

意外や意外、、、降りるのにもコツ要るのです

柱状節理と再会!

いつ、誰が?

体育館の床材などにも使用される貴重な木、シオジ、大きくなるのには世紀単位で考えないといけない地球時間の森

さてさて、、、お待たせしました

本日の山登りの白眉はこれから始まりであります

珍岩・奇岩のシルエット、ズズーッと近まりつつの時間帯

はやる気持ち鎮めて、、、苔で滑らぬように細心の配慮を

北岳⇒豊前坊ルート上ですが 気になる”望雲台”標識  「寄ってみよ!」

単なる出っ張り岩場の積りでの寄り道・・・・・

「な、、、何て!?」 「コレ上がれってこと?」

登った証拠!? ウン 凄い高さだ

「おーい!上がって来〜い!」

谷間登り切ったら、、、ありゃ!? 今度は蟹サンの横這いやないかい

どうやらあそこが「望雲台」 此処まで来たら前進あるのみ!

リュック置いて来て正解!

本日30箇所以上の鎖使用でしたが、、、此処のはちょと違う、いや、、、大いに違う!!!

この鎖場の洗礼受けたら 「鯛や平目の舞踊りかいなあ?」

そしていよいよその時がやって来ました

修験道の避けられぬ聖地?

「どひゃ〜、脚すくむよなあ」

正面に鷹ノ巣山(979M)

本日一の The絶景!!!

「どや?上は?」

「上がらな判らん判らん」

「うひゃあ〜」

我々、垂直岩場の分水嶺上に立っているのでありまする

この松さん達、、、「怖くないとね?」

後で聞いた話ですが、、、「先月も一人、身を投げた方居るそうです」

いやあ、忘れんとこう・・・・・

たまたま寄った”望雲台”・・・・・快晴で雲さんは望めませんでしたが、、、、、英彦山系は、そう三大修験道霊山なんです

行きはよいよい、下りは何とか

そげんせんでもヨカと!

細心の留意、一歩ずつ足場確保しつつ

ゆっくりと紅葉の広場に下りて行かねば

「いやあ〜凄過ぎ、、、参りました」

いいお顔ですヨ、皆さん!

麓まで無事故で行きまっしょ!

そう、奇岩・珍岩のメッカ

カッパドキア連想させる様

これは後何年もつか? この姿で

「おもろい山やねえ英彦山は」

中岳と南岳のみだった今年2月の英彦山トレッキング、、、思い起こせば 起・承 だけやった

転と結は北岳にあった・・・・・三岳巡りで満願成就!

下山するのが 「ああ、勿体無い!」

高住神社境内に入って来て・・・・・

感謝・感謝のうちにお参り済ませました

人出に吃驚の図!

午後3時頃の豊前坊前駐車場は満車!

これは創られた紅葉

木々が低いでしょ? すくすく育ってないでしょ? 本当は山奥深くに放ったらかしで育ちたかった筈

NHKの特番でやっていたストレス測定実験 唾液中の消化酵素アミラーゼの含有度合いで計るのですが

単なる紅葉見物であまり変化のなかった治験者の大半が、紅葉狩り兼ねた山中トレッキング4KMやった後の測定値例 66⇒40(60以上要注意!)

全員ほぼ3分の2改善の数値を計測、単なる紅葉狩り山歩き(1時間半)でも大いにストレス解消に貢献したという実証番組でした

これは古道

読者の皆さ〜ん、、、なかんずくアラ還暦の御方々、、、脚に無理無いのなら、近くの公園でも良いから ”歩きましょう!” 

営業で天神界隈歩きはあきません、あれはストレス溜まるから・・・・・その分自然の中に身を置いて ”歩きましょう!”  

きっといい事ありますよ

高〜い広葉樹、それもすくすく・・・・・

不思議と、、、地球にありがとうっていう ”気” 湧いて来ます ”山は皆に平等、しかも嘘つきませんから”

本日ラストのコーヒー

秋なんです

午後3時半、、、英彦山ぐるっと周遊豪華7時間!

「毎回感動の連続!」

概算走破距離12KM 累積標高差2300M、、、 

英彦山のお山の霊気たらふく取り込んで、明日からの活力ルンルンの一日でした

歩いた方々、読破された読者の方々、、、お疲れ様でした!