6/10 2008掲載

ミヤマキリシマ完結編 Part1

日付 6月9日 (月) 6月10日 (火) 6月11日 (水) 6月12日 (木) 6月13日 (金) 6月14日 (土)
天気 曇り晴れ 曇時々雨 曇時々雨 曇時々雨 曇時々雨 曇時々雨

「もう見るなら今日しかない」

そうなんです。 明日から入梅、天から与えられたこのチャンス活かすべく、やってきました。

6月9日、朝7時半の長者原・・・・・

ちょっとばかし

ハードかもしれませんが・・・・・お花のためなら何のその。

嬉しそうな増男さんの顔、昨年のちょうど今頃の山行きは確か、、、ガス・霧・雨の三重苦!?

雨ケ池通過の頃には山のガスもとれてきて、先が大いに期待できそう。

「よか、よか」

「あそこで〜す」

お陽さまも顔をおだしになりました。

「坊がつる

って素晴らしい環境やねえ、、、去年は何も見えんかったもんね」

コーヒー頂いたら出発

今までのは、ウオーキング

ここからが

山歩き!

「空気が違う!」

緑も違いまっせ!!!

「疲れた?」

 

「いやあ、全然」

 

「本当の事云うてん」 「うう〜ん、鍛えられるルートやねえ、正直云って」

先は長いばい。

「まだかいなあ」 「あと10分たい」 「その言葉聞きあきたあ」 「いや本当って」

「ほうら、上を見てんしゃい、段原やろうが」

「うっしっし」

先週金曜日の山歩きから僅か72時間しか経過していませんが・・・・・

より一層色濃く感じられます。

感動しまくり、お花に圧倒され言葉も出ません。

「こんな径はそうそうなか」

「凄いなあ!」

「してやったり!」

今シーズン今日がベストに違いありません。

一応、、、っす!

此処が小結・関脇級!?なら、あちらは大関・横綱!

いい具合になっています、先が大いに楽しみです。

究極の尾根の渡り!

同じミヤマキリシマでも良く見ると・・・・・

微妙に

違う。

そろそろお昼時ですが・・・・・

大船望む

ここにて

極上のランチタイム!

ただ今、午前11時30分です。

続く・・・・・to be continued