5/11 2008掲載

平治岳&大船山登山 Part3

平治岳山頂を後に一旦大戸越まで降り、大船山を目指します。

山の自然を守るために一方通行です。

登りより急な勾配に感じますが・・・・・

道を痛めないように考えながら、降りています。

大戸越の交差点

此処から一気に昇り勾配のようやけど、、、多分大した事ないやろ。

いやあ、結構やってくれはります。 

山から降りてきた二人に出会って嬉しいお言葉 「っええ、あなた方、此処を登られるんですか?」

意気消沈!?

いやいや、、、やる気満々!

人間、考える葦

ガレ場からずり落ちないような登り方を自然に身につけております。

「疲れた?」

「いや全然!」

では、、、アソコへ!

「楽しかあ!」

”お昼していた山を振り返るの図”

花も味方してくれて

楽しい・愉快な山登り・・・・・

ア・ソ・コ・・・・・

目指して、頑張ろう。

途中の頂を経由します・・・・・

半万歳!?

”目的の山を望むの図”

近いけど

所々険しく

でも、我々ノープロブレム

「全然!?」

段原を振り返って見ると実に面白い光景が・・・・・北大船の右手が火口、その右縁は「米窪」の外輪となっています。

帰路編で詳細報告させてもらいます。

あとちょっと。

平治岳から二時間と半

その瞬間が

やって来ました!!!

お祝いのコーヒー・ブレイクは、あの”夢の御池”にてと決めていましたので

みなさ〜ん、、、顔が哲学的にならはりました。

もう云う事なしっす!!!

これから先の帰り道が素晴らしいの何のって・・・・・お楽しみに!

続く・・・・・