新春号 January

Romancing Bangkok Special編
Wonderful Bangkok Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part6 Part7


晩秋のスコットランドとイギリス2004  その1 その2 その3 by TH


1/20 2008

門司港・・・・・探検隊

湯屋えびす(HotSpring)


1/17
「技術者をもっと厚遇しないで明日の日本はない!」と何度も耳にしますが・・・・・

今や韓国・中国・インドの自動車産業には多くの日本の技術者がヘッド・ハンティングされ
このままではTOYOTAといえども、決してお先は明るくないと危惧しているのは私だけでしょうか?
日本の製造業にその社の社長以上の給与とっている技術者はまずいないでしょう。お隣韓国では
頭脳に高額で報いるのは当然との気風があって、中流意識で横並びの日本とは全く異なります。
液晶TV・携帯電話・家電品・パソコンと、日本製はどれも見かけよく・丈夫で・しかも高機能・高品質
でも世界シェア見てみると上記国製に大きく水空けられています。何故? 高価で国際競争力がな
いからなんです。最近買い換えた携帯電話、海外で使用しやすいとの事で勧められたのですが機能
の十分の一も利用し切っていないのは明らか。高機能・高価格が喜ばれる北米・ヨーロッパ市場で
さえ日本製は苦戦を強いられているのが現状、、、ましていわんや今後大きく発展するのが必至な
アジア・南アフリカ・中東・旧東欧圏に「性能に目を向けて、でも価格は我慢して」と唱えてもどだい
無理なお願い。先進国は物余り、飽和状態でリサイクルに目が向いているのが現状、これ以上の
パイの拡大は望めません。それより今から先の顧客の多い国々相手に商売するならそれなりの覚
悟で望まないでどうしようっちゅうの? いくらコストかけてもいいから他所に無い技術に投資という
姿勢の結晶”ハイブリット・カー”これは日本の得意技、この分野への先行投資は利益あって可能と
なるもの、先ずは稼がねばならないのです。国内家電業界の粗利率は数パーセント、韓国サムスン
は十数パーセント。日本の上位数社分をサムスン1社で先行投資しているから恐怖なんです、数年
先が・・・・・学会・論文ばかりが先行して肝心の情報という武器に価値見出せないでいる日本は、海
外に善いとこ取りされいつかファンドの標的にされ呑み込まれてゆく運命となるのでしょうか?
救う道は唯一つ 「教育」 これにつきます。証券・金融・保険などの花形分野がかっこいいと思わせ
る風潮から脱し、地道な技術の積み重ねやその成果に応分の報酬を与え、汗をかくことがかっこい
いし結果、豊かな生活が送れると今一度学生諸君が思うような教育、すぐに着手してください文部科
学省さま。

1/16

麗人の ひとみ涼しき 水の面に 所はいずこ ここはバンコック・・・・・渡辺耕士


1/15

今年のカラスミは・・・・・(Foods)

1/14

近畿よいよい新年会案内です・・・・・from炭谷

1/13

リワキーノ&PLNのリクエストに応え、急遽編集です。
バンコック滞在ロマンス特別編

運河クルーズ編

1/12

某茶寮で「鮪宴」たけなわだった頃
我々おっさん組は
彼の地で奮闘中!? 何と、再会デート果たせました。

「こんなんあり?」と、読者の顰蹙かおうがかうまいが、いいっちゃも~ん!、、、すっかり魅惑のバンコックの宵でした。
社会復帰できたら”キャナル・クルーズ”以降のレポート準備しまっしょ・・・・・そうそう、お陰で無事帰国しておりますです。

1/11

早朝、高速短艇借り切って
運河クルーズやって来ました。

まだまだ三日目です・・・・・
チャオプラヤクルージング編

ハプニング&ディナー編

1/11 2008掲載

第三日目編 

1/10

第二日目  夜編・・・・・


よいよい会ゴルファーの皆さんへ・・・・・


1/9

バンコック第一日目

ホテルに到着!
チャオプラヤ川を望む部屋からの眺め・・・・・時差2時間です、そろそろ夕食、何処で何を?

1/8 

ちょこっと出掛けます・・・・・
もしかしたら、、、現地からの”生レポート”、、、お楽しみに!

よいよい会関係者諸君にお願いです。

1/7

三瀬の湯・・・・・探検隊

新春クラブ飛行会

1/6

穴場のホテル・レストラン

1/5

初飛行は・・・・・(Flight)

1/4

初小春庵!

1/3

『ばら』と『サロメ』と『ムンク』アンド『修ちゃん』・・・・・Y.O.嬢

1/1
 ようこそ 2008年へ・・・・・
 
 やがて私も還暦を迎えようとしています。
 60歳なんて、、、う~んと先の他人事だと思っていましたのに
 もうすぐ現実に・・・けれどハートだけはいつも ”若者たち” でいたいものです。