Yo-Yo Maのチェロの音色が素晴らしい
”Once upon a time in America”

8/31

携帯カメラの画像で鮮明ではありませんが・・・・・久々の”Yachtモツ鍋会” at なかむら

皆さんよっぽど飢えていたのか、ようけ喰うわ飲むわ・・・
一番元取って喜んでいたのが

Mr.島田、領収書まで持って帰った   ゴルフ三昧の平子さん、最長老でも2番手  No.3のMr.鶴

小作人Mr.Oishi、ようけ喰いよった    アルコールで点数稼ぎのMr.黒木    アルコール止めた!? Mr.西村

映り悪くてゴメン!イケメンMr.神山   最近ダイエット!?Mr.宮原      and ideaki  

8/30

Morizonoセンコーの奥方のH.P.がリニューアル・稼動中です。

唐津街道で見つけたGoodな蕎麦処

8/29

ちどりの湯

8/28

最近のフライト写真

九州探検隊の堺です。霧島温泉に行きました。
湯船には白い温泉の華が浮いていてなかなかのお湯でした。
霧島にはアートの森という野外彫刻のある公園があります。色々な彫刻が楽しめますよ。
2.jpg 3.jpg 4.jpg
5.jpg 6.jpg 7.jpg

入口の側の公園には日本一長い木の階段があります。
なんと、555段もあるそうです。
帰りには丸尾の瀧に寄ってみましたが、台風の影響による雨水が豊富な為か凄い水量。
水しぶきが飛んでくる中での撮影でした。

8/25

<週末情報>

先日遊んできた一貴山洗濯村で見たブルーベリー

これが随時収穫され
ジャムが出来つつあります。

今日の収穫分・・・
「80mの地下から汲み上げた一貴山の霊水で洗ってからジャムを作る準備をします」

早速我が家も購入、食べて吃驚!

植え込みから収穫まで全て自分の畑で無農薬で
やったから出来るこの自然な味、実にお見事でした。Who's works? 興平の長男、浩二謹製でございます。
昨年は製造分が早期に売れてしまって、読者のリクエストに応えられなかったのが残念でしたが・・・・・・

より美味いのは当然でしょう、Why? 愛情が篭っているから・・・・・

という訳で
今年はこのような3瓶パッケージで数量確保、リクエストしました。

¥4500プラス宅急便料金

購入希望者は読者であれば友人・知人の枠を越え誰でもOK。
9/10までに興平までメールするか、直接
092-325-3241にTELして注文してください。
一貴山洗濯村に直接おいでの方は、1瓶¥1500で購入持ち帰りが可能です。
毎日の朝食が豊かになりまっせ!!!

興平の洗濯村ホームページはここ

8/23

ランチレポート

8/22

img031.jpg8/22西日本新聞で紹介された、ドクターv.K.の出版案内です。



6月の同窓会の時には大変お世話になりました。
その後も茶々丸君はじめ皆さんお元気のようで安心です。
先週家内とカンボジアに行ってきましたが、その印象をまとめてみました。
相変わらずポイントのない駄文ですが、掲載してもらうと嬉しいです・・・・・渡辺耕士

             アンコールワットの夜明け

 夏休みを利用してカンボジア(アンコールワット)、ベトナムを回って
きました。我々団塊の世代にとってベトナムと言えば「ベトナム戦争」
カンボジアと言えばあの悪名高いポルポトのキリングフィールドを思い出す
一種独特の響きがあります。最初の訪問地アンコールワットでもガイド役の
青年が努めて明るく振舞っていましたが、時折ポルポト時代の大量虐殺に
触れ「知識を持つ人」が根こそぎ殺されて今でも医者の不足が大きな問題
となっている事を熱く話してくれました。この青年は自国の弱さも隠そうとし
ないで話してくれ、今から新しい国を創っていくのだという気概に燃えていま
した。
 明治時代のことはもちろん書物の上でしか知りませんが、坂の上の雲を
追い求める姿勢は正直言って羨ましさを感じました。我々にもその責任が
あるのでしょうが、「なんでもある安全な国ニッポン」になってしまい、日本の
若い人達が「豊かな国を造る」を人生の目標に置きにくい状況になってしま
ったことはかわいそうな気がします。
 アンコールワット始め数々の遺跡群は一見の価値があります。約600年
続いたクメール王朝のそれぞれの時代の王様がさまざまな理由で寺院
などを造ったそうです。ただ権力は実力で勝ち取るというのが原則だった
ようで、新しい権力者は前の時代の否定から始めますので、数々の遺跡は
大半が未完成のままだそうです。完成された石造建築寺院という印象のアン
コールワットも、建築を命じた王様が30年の在位の後亡くなると次の王様
は建築中止を命じそのまま放置され数百年後「再発見」されたとのことで、
権力者というのは今も昔も変わらないようで面白さを感じました。
 ただ、遺跡群を回っているとお土産売りがしつこくまとわりついて大変で
した。小生、多少マンハッタンの香りはあるものの基本的にはパリの雰囲
気漂うフランス紳士に見えると自負していましたが、どこへ行っても「オニイ
サン、コレヤスイヨ」「オニイサン、コレカウヨ」の連続で誰からも「ボンジュー
ル」の声は掛かってきませんでした。フランス人も数多く来ており彼らには
ちゃんと「ボンジュール、おもちゃヤスイヨ」と言っていたのに・・・
 ベトナムではサイゴン(現在はホーチミン市と呼ぶそうですが、レニングラ
ードと同じように何十年後かにはまたサイゴン市に戻ることでしょう)近郊の
クチという所でゲリラのための地下トンネルを歩く(這う)体験をしてきました。
アメリカ兵が入れないように特に狭く掘ってあるとのことで確かに真っ暗な中
での敏捷な移動は大きな武器だったと思われます。
その後は民族村で少数民族の歌と踊りがあり小生も指名がありましたので、
張り切って一緒に踊りましたがさすがに最後の方はうまくステップが切れませ
んでした。息はすっかり切れたのですが・・・
 雨季の割には短時間のスコール以外は本格的な雨にも遭わず、多少の蒸し
暑さを除けばおいしい食事と快適胃腸の5日間でした。先回のバングラデシュ
では生水にあたってしまい丸一日身動きができなかったので、今回は注意深く
行動したので大丈夫でした。
 アンコールワット周辺は全世界から観光客が押し寄せてきていますので、
ものすごいホテル建築ラッシュで数年後には遺跡に登ったり触ったりができなく
なるような事を言っていました。もし興味がある方は早めに計画された方が良い
と思います。
 たくさんの人に紹介してもらって、たくさんの人がきてくれることが明日のカン
ボジアの国づくりの基だと言っていたあの青年の思いを適えるためにも、皆さん
時間をつくってどうぞアンコールワットの夜明けを見に行ってください。
では又・・・

8/17

阿蘇は爽快!温泉もGood!

探検隊です。
ヤフードームは内野の特別席に行って観戦。
今年から出来たネットの無い内野に突き出してる、そうそうあの特別席です。
残念ながら3塁側だったけど、迫力は満点!!
チアガールのお姉ーチャンもこんなに間近で見れました!!


8/15


送り火
博多の街に居て海に落ちゆく夕陽を見ようとなると
なかなか難しいものがありますが・・・・・
車を小一時間走らせてみると、Goodポイントへ
到着します。

なかでも、糸島郡志摩町の芥屋から西の浦にか
けての海岸線は「日本の渚夕陽百選」にも選ば
れた"志摩サンセットロード"として有名です。

志摩シーサイドカントリークラブ
正門横から芥屋方面へ抜ける山道は、海辺の喧騒と一線を画す絶好のヴューポイント。

clip08_09.jpg clip08_10.jpg

たまたまこの日は太陽にヴェールがかかった状態だったので、PhotoShopの助けを借りました。

clip08_11.jpg clip08_12.jpg

それにしても聞こえるのは”風と波”の音だけ、秋になったらもう一度クリアーな落陽を見に行きます。

ちょこっとお手軽ランチ ロアジ

さすさらの、ちょこっと帰省in一貴山洗濯村

久々のリワキーノレポート
久しぶりの大峯・台高(1) (2) (3)

阿蘇の空へ!

精進料理「むくの木」

慶州への旅その一 その二・・・・・k.Mitiko

ちょこっと 足立美術館へ by 手打ち庵