10/10 2008

工房の恒例秋の小旅行は・・・・・

昨日までの曇天とはうって変わっての快晴!

此処は久住高原、到着間もなく弁当広げてランチタイム!

バックは久住山

皆さん思い思いに大草原での時間楽しんでいます。

「今日は誰も

落とさんなあ」

フライトを

思う存分楽しんで、そろそろ本日の目的地へと行きまっしょ!

「いらっしゃい!」

青湯で有名な湯布院「奥湯の郷」・・・・・街からはかなりの距離、もちろん携帯も通じません。

しかし

お湯は、西の横綱と云われるもの。

いきなりコレ!

やっぱ「お風呂」でしょうもん、、、

まったりと

体を優しく包むスーパー級の温泉、湯冷め知らずです。

夕食!

豊後牛&地鶏

コレ1人前半、お代わりがありましたが・・・・・「もう喰いきれません」

田楽&虹鱒

地元産材料天麩羅

名物の”だご汁”と栗ご飯もたらふく喰ったら・・・・・

寝るっきゃない!

爽やかな朝・・・・・

このほか

お椀物も出て、納得・納得、心の籠もり具合が判ります。

飲んで喰って、さてお勘定は? 税込みお一人様¥9000! 

「奥湯の郷」 由布市湯布院町川西2044 0977-84-2789です。

「今日も飛ばそうか」という意見もありましたが、、、秘湯廻りリクエスト優勢、でもって一路別府へ!

とんでもない山奥の

隠れ秘湯着!

川が温泉

地元ボランティアの方々の努力で出来上がった湯船が数個、下のヌル目湯から入りましょう。

「ええねえ、野趣満点!やないですか」 「これは記憶に残る湯やあ」

更に一段上の湯へ

此処が真打!?

「ようし、もういっちょ行くか?」

別府市内の神和苑へ

ここも青湯、でも昨晩のとはジャンルの異なる青具合。

左が入れ立て

それが空気と触れ合って、太陽光当たるとこのように発色します。 100度近い高温とメタ珪酸が必須事項との事です。

これで皆さん温泉通!?

再び湯布院の街見下ろす高台へとやって来ました。

「今日はよう見えるねえ」

「グライダー持ってこないかん」

この後由布岳頂は

雲にお隠れ遊ばしました。

紅葉には

ちょっとばかし早い気候ですね。

昼食後、高速道の割引時間帯狙いのため玖珠の滝見物。

1台あたり

¥1300浮かす為に、遠回りしたりアイス食っったり、コーヒー飲んで時間調整、、、よーく考えたら 「高い買い物やった」

おかげで、楽しく愉快な秋の休日すごさせてもらいました。