6/2 2005掲載

従兄弟会 in 信州長野 Part2

二日目

ここ

「奥信濃山荘」を訪れたのは20年ぶりのこと。
ヨット仲間二十名超えるメンバー引き連れて、スキー合宿やったのを思い出す。

この
建物覚えているかな?

そう「樹林舎」、当時のペンション名懐かしく感じる方もいるのでは・・・・・
今はオーナーも代わって、個人のお宅として使われているとのこと。

さて今日は、野尻湖の対岸にそびえる
斑尾山登山がメインイベント。

スタート地点

林道の脇に車置いて登ります、軽い気持ちで・・・・・

原生林の中

時には急な斜面もありますが、初心者向けにはうってつけの気候、楽勝パターンかと思いきや

まりちゃん
何ごそごそしてんの?

ありゃー
酸素補給だと、それにしても優しい旦那、準備するあたりすごい!

頂上までずっと

木々に覆われての登山道、ありがたやありがたや。

白樺林も「いらっしゃい」と迎えてくれる。

やっと
下界の景色が見える地点まで上ってきて、ホッ!

ここまで
来たら、「氷とバナナのプレゼントが待ってるよ!」

向こうに
見えているのが頂上、もうあと少し・・・・・

眼下に
野尻湖なんだけど、ガスッていてやっと確認できる程度だ。

名前は
知らぬが、こんな歓迎受けると嬉しくなってしまう。

山頂です!

1382Mです。

ん!?何か可笑しいか・・・・・

温泉の後は蕎麦・蕎麦・蕎麦

どうやら信州は、送り仮名が違うみたいだ。

ほとんどの店で一番に出されるのが漬物

二番目はモツ煮込み



こうやって待つのも一興、野菜てんぷらの美味なこと!
信州霧下蕎麦

このあたりが

蕎麦の畑
今生育中のは夏蕎麦、秋の収穫より早めに出回る地元用の”隠し蕎麦”

ペンションに戻って、夜の部の始まり・・・・・

美味しいんだと!?

何やら凄いことに


中でも大受けだったのが

地元限定”まがり筍”ホイル焼き

& 契約農家の
トマトにアスパラ、初めて経験する食感に味覚!

みなさん
自然の恵みいっぱい受けての二日間・・・・・

いくらでも

いくらでも
箸が進んで止まりません・・・・・「登山でカロリー消費したから大丈夫?」よね。。。

明けて日曜日

山荘の朝は

パン焼きの香りから始まります。

さあ、どうぞどうぞ

朝からテンション
高まろうという献立、まさ子さん本当にご馳走様でした。

超充実の二日間

過ごさせてもらった「奥信濃山荘」後に、黒姫駅まで送ってもらいました。

背景は黒姫山
2000M超えないと登山とはいえないのでしょうか?

そういえば昨日の蕎麦屋の女将
「まあ皆さん山登りされたんですか?」
「はい!斑尾山登ってきたんですよ」
「無言!」

軽くあしらわれたもんね、今度は「妙高登ってきました」って言えるよう足腰鍛えましょう、ネ、まりちゃん。

「あさま」で東京へと向かいました。