5/15 2007掲載

先日探したけど判らずじまいの温泉・・・・・辰頭温泉。

今日こそ

リベンジ、絶対入るぞ!

でもやっぱり判りにくい、暫しウロウロ見渡せど・・・やっとこさ泗水町の泗水西小探しあて

もしかして此処かい?

到着です!

案内看板、表札看板の類一切なし、これじゃ判らんやろうなあ。

これや、コレ!

ホー!?

噂の”秘湯”

温泉通の一言
「この白いの何かわかります。実は炭酸です。 ここまで白くなるってのはいままで見たことがない。 まさに天然”バブ”です」

につられて探し回った甲斐、アリアリの湯。

お宝蛇口、みなさん

ここへ肩寄せて、直接源泉を掛けるのがよいみたいです。

先日訪問、七里田温泉のラムネ湯より更に細かな体への泡付着、よくもこんな湯が世にあったもんだと感心する事しきり。

露天もあって同じ湯なんですが

泡付き具合は内湯が勝っているので

再びリターン!

熊本は凄い!!!

熊本県菊池市泗水町田島620-1 これを頼りに探し当ててくださいな、お湯に対する考えがきっと変わります。

ホカホカの体を休めようと外へ出たら・・・

どうも”名水”みたい、ポリ容器込み10Lで¥800です。

藤棚の下で

始まったのが、温泉談義、、、
「この辰頭の永代温泉権は250万ですばい、買うとかんですか?」
「廻られてよかとこありました?」
「ほう、知らんですなあそこは、いいですかそんなに」
「この地図上で道案内できますかいな」
「私も有名温泉は決して行かんですたい、こんな隠れ名湯探したときが嬉しい」

あっという間に時間経過・・・ラジコン・ショーへと向かわねばなりまっせん、これにて。

菊池・阿蘇道路の

中途で見つけた古民家食事処、空いとうとね?

「火の用意しま〜す」

なんのこっちゃ、客側のパワーに頼ってるじゃん。

地鶏焼き

ダゴ汁込みで¥1500

ごちそうさん!

フライト・ショー前日の顔合わせの後

産山民宿村へ・・・・・

此処が今宵の宿

早速お湯に浸かってみたが・・・

辰頭の後じゃねえ、順番が違ってたらコメント出来たかも。

朝湯は此処やね。

「食事まで散歩されたらいかがですか?」って女将の言葉

良い空気タップリ!

ん!?

「花の温泉館」とある、晩飯の後寄ってみよう。

動物に好かれるハナパパ。

字が書いてあんのか?

そう、此処は名水街道。

名水の一つへ・・・

ここは

池山水源です。

あそこから

湧いてきようみたいやね。

飲むと美味い!

飲むと腹減る、晩飯が楽しみやなあ。

「用意出来てますよ」

今日のオーダーは「山菜コース」

産山民宿名物の漬物に

此処「山の里」の赤牛

これだけ喰って朝飯付いて泊り込みで¥8000!?信じられない価格。

もっとビックリしたのが後ろの席の老夫婦組、でっかいステーキ喰ってはる・・・

「はい、赤牛の焼肉コースは一泊二食¥9000、ステーキなら¥11000です」
「デカイあのステーキ膳で?」
「ハイ、300Gです。リピーターの皆さんに喜ばれています」

この産山民宿村、どこも個性豊かで顧客のニーズをつかもうとの熱意が伝わってきます。