2/19 2007掲載

背振山系越え、雲海たなびく山間に向かって道を下ってゆくと・・・

佐賀の熊の川到着。

「ちょっと分かりずらい
かも知れませんが」と聞いていたが

目指す浴場は此処です。

関西の温泉マニアが「空港到着の後直ちに向かったのが熊の川浴場です」とブログに書いてあるのを発見
早速今日は現場検証というわけです。

嘉瀬川沿いの名湯

温泉の起源は、弘仁12(821)年、僧空海が全国行脚の途中、水浴びする水鳥の姿から発見したと伝えられています。
泉質は炭酸ナトリウム、マグネシウム、エマナチオンなどの単純弱放射能泉。特にラドンの含有量は九州でも有数です。

との事。

川沿いからも湯気が立ち上っている。

写りは鮮明でないけど・・・

浴槽は3つに分かれていて、低温・中温・高温となっています。
客はほとんど常連ばかり「この冷たさでゆっくり浸かっていられるとですよ」

とても冬場向きではないと思い、熱めの湯に入った後冷たい湯に浸かってみると・・・なかなか具合がよろしい。

入湯料金が3段階になっているのが不思議でしようがなかったのだが・・・
午前9時〜 ¥700
午後3時〜 ¥500
午後5時〜 ¥300   の理由が分かった。

要は入湯客の滞在時間が異常に長いのだ、、、
「2〜3時間入っていても平気、だって病院で治らなかったのがここで直るんですよ」

恐れ入りました!

熊の川浴場

佐賀県佐賀郡富士町大字上熊の川
0952-63-0021  (9:00-20:30)

脚の具合もよろしいようだし、此処から南下し佐賀の町へと向かいます。

お雛様飾り!

実はここが目的地だったりして!?

ここのメニューはいいねえ。

博多のニューオータニ地下のこの店は、最近とみに評価を落としているようですが
ここ佐賀の大観苑の評価はなかなかGood!


中でもこのフカひれスープは旨い!

実は今日のチョイスはこれ!

この和牛ステーキ以外は何皿注文してもOK。



制限時間90分なので休んじゃいられませんよ。

更にもう一度フカひれスープオーダーして、デザートタイム。

普段ならどのデザートか迷うところ・・・

今日は両方お願いします。

最後には「桃饅頭」いただいてフィニッシュ!

残念ながらこの季節限定メニュー、今月中に終わってしまうそうな。

ホテルニューオータニ佐賀
佐賀市与賀町1-2
TEL:0952-23-1111

城内の濠には多くの渡り鳥

佐賀一番の美しいたたずまいを感じさせる好立地にあります。

本日2/17

より「お雛様祭り」が始まっていて

ここ旧長崎街道沿いの

旧古賀銀行や

三省銀行跡にも展示案内がありました。

帰宅したらなんだか変!?

「もう待ちくたびれたよう」

早くちょうだいよ!

お目眼パッチリ!

さあ、宴じゃ宴!!!

何が始まったのでしょうか?