2/27 2007掲載

久住温泉紅白対決 その2 

白濁湯の後は後半戦、銅色の湯処へ向かいます。

ここで左折

真っ直ぐ行けば荒城の月で有名な「岡城址」のある竹田市方面です。

久住の

山並みを背景にコテージ群が見えてきます。

ここが目指す

レゾネイト・クラブ久住です。

屋根の形状が面白い印象的な造りとなっていますね。

ホテル・エントランス

Welcome!

こちら洋食処

予約していたのですが・・・

どこでも

お好きな席へ・・・ということです。

さてっとー、、、

私のチョイス前菜です。

新鮮季節野菜で包まれた活きオマール、さらりと軽い仕上げのソース

自家製ホカホカパンとスープ

一方小春ママのチョイスは

野菜のスープと特製ビーフ・カレー、単純です!?

魚は鯛、ふっくら仕上げで

軽〜くお腹に入ってゆきます。

それにしても此処の食事の驚きは、どれもすんなりいただける不思議な調理。

「いくらでも入るね!」

メインの豊後牛ヒレステーキ

ホールの炭火でこんがり焼きあがった逸品、日ごろ肉より魚派の私ですが今日ばかりは「これ美味い!」

小春ママのチョイスを笑っていた私が・・・びっくりしたデザート。

洋酒が上品に利いたこのラムレーズン
「ちょっと試させちゃり」

一方こちらは

私のシェフお任せコースのデザート・・・完敗!?です。

一通りいただいて、まだまだ満腹感には遠い感じですが・・・これが還暦間近の正しい食し方でしょう。

こちら売店

そう、温泉ですよ銅色の・・・

お風呂へと向かいます。

ここが大浴場入り口。

だそうで・・・

これが此処の売りっちゅう事なんです。

またまた一番!

内湯と

露天

これこれ、湯口の石を

触ったら、ヌルヌル錆色になります。

久住は良かねえ!

湯上りは正にオブラードに包まれたような感じ、、、湯冷えとは程遠い在り難い温泉です。

宿泊棟

それぞれ部屋付の露天風呂があって、24時間善いお湯が楽しめるとの事です。

「温まったわ」

読書コーナーもあって

暇つぶしも出来る、ゆったりと時間が流れる此処レゾネイトクラブ久住・・・・・料金表見たら意外や意外!
興味津々の読者の皆さん、、、一度問い合わせされてみては如何ですか?

レゾネイトクラブくじゅう
大分県竹田市久住町大字有氏字広内1773
TEL:(0974)76-1223/FAX:(0974)76-1460

http://www.resonate.co.jp/

さて、この周辺見渡すと・・・

どこも

立派な

飛行エリア、ラジコンマニアなら「今度来るならグライダーは必需品やね」となること請け合いです。

これもGood!

瀬の本高原へと戻って来ました。

さあ如何だったでしょうか?
今回の久住温泉紅白対決・・・・・こんな湯にばかり浸かっていると素人目には、無色・無臭の温泉はどうしても
勝ち目がないように思われて仕方ないのですが・・・

香りでは白組、入浴感では赤組、というのが今回の正直な感想・・・ドロー!ということで、お・し・ま・い!!!