3/15 2007掲載

瀬の本の信号過ぎるあたりから、一気に視界が開けてくると

そこは久住高原・・・・・

ベースキャンプ!?

谷口君初フライト

FOXです。

こちら内山君の

手慣らし機

フ・ワ・リ・・・

草が焦げているのは野焼きが終わったばかりの証、、、お蔭で靴の中は真っ黒け!

会長も準備中

噴煙たなびく久住の山々を背景に、優雅なフライトさせてもらっています。

お馴染みパイパー・カブ

これもスタンバイ。

エンジンの掛かりがねえ!?

行きま〜す・・・

これから先の”フライトシーン”は内山君の写真お借りしましょう。

SALTO機

残念ながらドーリーの角が短すぎ

台座から滑り落ちてしまって失敗!
手投げでチャレンジしましたが
「パワー不足ですね、これじゃ浮かんでしょう」の谷口君の予言どおり飛翔ならず・・・・・

専用ドーリー作製し、再充電繰り返し電池慣らしするか、リポに切り替えるか、いずれにせよ再チャレンジということです。

では”Ventus君”君の番や!

初フライトの緊張感も無いなか

軽々と離陸

ノーズアップ!

凄〜いパワー!

浮き良し!

谷口会長のシュアなセッティング、エルロン・ラダー・エレベーターも僅かなトリム調整でスムーズな飛び。

うっしっし!と喜んだも束の間

突然のタービンストップ、でもスタント機と違いまっせ・・・ノープロブレム、あわてる必要はありません。

ゆっくり2周ほど場周の後、ランディング態勢へ・・・

ここでスポイラー入れて

急減速・急降下

水平姿勢保ちつつ

余裕の!?着陸ですが・・・・・

どうやら燃料配管系にも問題ありそうです。
タービン再チェックしましたが、ディスプレイに訳の分からぬエラー表示・・・病院送りとなりました。
修理上がりの後、またチャレンジということで・・・・・半分納得の初飛行でした。

内山君、写真有難う!

遅めのランチはすぐそばの「久住高原地ビール村」にて。

ここで

「投げたら、そりゃー良かろうねえ」

貸切状態です。

製造機群

生生ビールとソーセージ

ハンバーグ定食

お腹も満たされたのでお隣の

コテージへ移動

お一人様¥500

内湯と

露天

かの有名な満天望温泉です。

彼方に望む阿蘇五岳と祖母の山並み。そのすそ野から果てしなく広がる緑の草原が、久住高原コテージの露天風呂
「満天望温泉」を包みこんでいます。青く澄みきった空を見上げればゆっくりと流れてゆく白い雲。そんな素晴らしいし
い眺望を、お湯の中から、じっくりと味わってみてください。日常のことはすっかり忘れて、心も体もリフレッシュ。
至福のひとときを過ごせるはずです。

だそうですよ!

緑の湯

気分爽快の湯

阿蘇の山々望みつつ

身も心もホッカホカ、久住はよかねえ!

久住高原コテージ
〒878-0205
大分県久住高原820「天空の丘」
TEL:0974-64-3111