6/25 2007掲載

上信越湯どころ四連発

東京⇒長野は

新幹線で1時間半、長野駅まで従兄弟に迎えに来てもらいまして・・・・・

早速此処へ

一般的温泉選びのポイント ”お湯・雰囲気・設備”・・・色々あるでしょうが
「野趣溢れる」、「秘湯」、「無人」、「到達困難」・・・は、最近私のこだわりポイント。

燕温泉到着です。

雨は

止みそうもありませんが・・・・・美味しい空気いっぱい吸って、脚は益々軽やかです。

登山は次回

「傘さして入る?」

念願の湯です。

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉と聞いておりますが・・・

濃い湯!

源泉65度との事、雨降って丁度適温40度位に感じますが・・・・・

なかなかのもんじゃい・・・

戦国の世、謙信の隠し湯として将兵の受けた傷癒したという、歴史ロマン溢れる湯。

多量の湯の花が湯船の底に付着しているので要注意。 冬季(11月〜5月)はお休みです。

ありがたい湯のお礼しようと辺り見回せど・・・・・箱も何も設置してありません。

有難うございました!

お次はMore秘湯! 期待で胸膨らみます。

ここから渓谷へ

山歩きが続きますが・・・

「普段はあんなに流れてないんやけど・・・今日は凄いネエ」

運のいい「俄か名滝」バックにパチリ!

まだまだ先!?

橋越えて・・・・・

渓流沿いを

奥へと進むと、ワオー! ”硫黄の香り”

突然、眼が覚めます。

ここが

燕温泉きっての名湯「河原の湯」、混浴であるのは明白です。

ここも源泉65度だそうな、、、広い分多少ぬるめに感じますが・・・・・

雨のお蔭で

お湯独り占め・・・・・泉質は硫黄泉、湯の華が浮く乳白色の湯、無人、到達困難、野趣満点、、、これ以上何を望む?

これで紅葉真っ盛りだったら・・・・・なんて、、、口裂けても申せません。

いやあ降参・降参・・・上信越の湯恐るべしっす!!!

「次は、石鹸やシャンプーの置いてある温泉行ってみる?」

関温泉 「休暇村妙高」

春はミズバショウ、夏は火祭り、秋は紅葉、冬はスキーと、通年飽きさせない立地ですが・・・・・

関心事は温泉
ナトリウム・カルシウム塩化物泉34度とありますから

加熱された湯

こちら源泉

こちらは濾過泉

ありがた湯は”源泉”

燕の湯と比較するのは憚られますが、ぬるぬる感の顕著な事、シャンプーも泡立ちやすい馬油が置いてありました。

休暇村妙高
新潟県妙高市関山 0255-82-3168 立ち寄り湯は¥500です。

さて今日のラスト湯は「赤倉温泉」です。

従兄弟のページに出ていますので参考にしてください。

午後11時過ぎ

オーナーと

二人だけ・・・・・

「毎晩これね?良かねえ」

「コレくらいの贅沢させてもらわないと・・・」

硫酸塩炭酸水素泉、湯冷め知らずのホッカホッカ湯、ご利益は翌日まで持続しました。

妙高高原エトーレ赤倉
新潟県妙高市大字田切

これにて上信越湯四連発は

お・し・ま・い・・・・・不思議と湯当たりとは無縁でした、、、鈍感!?

P.S. 湯当たり代わりに「バチ当たり」
    「アレッ!帰りの航空券が見当たらんけど・・・」、、、これが冗談では済まなかったのだ・・・・・