8/2 2007掲載

盛夏の久住、眩い緑の歓迎受けて期待満々!?

早速おっ広げ・・・

ン!?

吉川君は?

飛行機ではなくオニギリ持参。

元、私のヘリコプターの先生、今日はサポートにまわってくれています。

会長持参のこれは?

モーター仕様のLingcat・・・・・

「設計図面にあるCGポイント、全然違いますから・・・」って森君から聞いていたので心配そうな様子。

「やってみな分からん、判らん、行きましょう!」

離陸動画です。

「アップ気味やあ〜」

何とか

安定してきたようですが・・・・・

無事帰還で、ニッコリ。

さて今日の本命の時間です。

その前に

以前より気になっていたこの案内板、矢印に沿って

奥へ奥へ・・・

ここは八丁原地熱発電所隣接地、噴気ムンムン、硫黄の香りに包まれます。

途中参加の安部チャン、山歩き訓練とばかりサッサッサ!?と上がって来ました。

遅い!

ここが小松地獄。

鶏持参していたら・・・なんて想像してしまいます。

今日の本命!

筌の口温泉の中にあります。

筌の口といえば「黄金の湯」、以前行って大いに満足した温泉の一つでしたが・・・・・今日のリサーチは此処!

しばらく休業していましたが・・・・・満を持して今春再開業!

立ち寄り湯¥400

やる気満々の入場。

シンプル!

当然の事、動画で確認。

源泉!

約40度、、、何!?

体にまとわりつく気泡、次第に増えてきます。

やがて体いっぱいの泡!

まるで「ラムネ温泉」の体、七里田とは違った感じの柔らかさ、鉄分も充分で湯冷め知らずです。

よかよかあ〜♪

思わず唸ってしまいます。

この写真は?

実はここのオーナー、以前久住山の”すがもり小屋”運営やっていたそうです。

山の話になると一段と熱気あふれるオーナー、ついつい時間経つの忘れ話し込んでしまいました。

「あー良かったあ!」

このレベルの湯がさりげなく在るっちゅうのが久住の”温泉力”、畏れ入りました。

夢吊大橋は徒歩圏内

山里の湯

住所 大分県玖珠郡九重町大字田野1432-6
tel 0793-79-2516
料金 400円