Autumn 2019

いつか載せて頂こうとしまっておいたのを思い出して投稿しました・・・・・TH

大昔レポート「アメリカの孫を訪ねて」1981年(61歳時)TH父

娘夫婦がアメリカに赴任してから早くも5年の歳月が流れた。
よほど日本へ帰りたくなったのか、娘が泣き言ばかり言ってくるのが
気になるのと、大きくなった孫の顔が見たくなって、
この6月に家内と二人でサンフランシスコに出かけた次第である。

何やら勝手の違う米国のジェット機でやうやく辿り着いてみると
その日が丁度孫娘の卒園式だというので、とにかく行ってみることになった。
教会に附属した幼稚園では子供も親も民族衣装を着飾り
パキスタン、メキシコ、フィリピン、中国系など
色とりどりの華やかさで、日本ではとても考えられぬことなので
びっくりしてしまった。

「祖父母が今日の式に出席するために、日本からやって来ました。
今朝空港に着いたばかりです。」と
娘が調子良く紹介するものだから、園長もとても喜んで
一緒に記念撮影したりしてくれた。

園児たちの劇が上演されたが、舞台で楽しそうに
何やら英語で演じている孫娘を観ていると、
母親に抱かれてアメリカに出発した赤ん坊の頃が想い出されて感無量であった。

上の男の子は地域の公立小学校の4年生である。
日本の学校の勉強は、週1回の土曜日の補習校に通っているらしい。
長く外地の学校に通った子供達は日本語を忘れてしまうので
家では英語を使わない約束になっているらしいが、
二人で喧嘩をはじめると夢中になって
現地語になってしまい、その度に母親に叱られている。
その様子に少し気の毒になり、
滞在中はおじいちゃんおばあちゃん役に徹して可愛がることにした。

サンフランシスコの中心から郊外にのびる地下鉄沿線には中流住宅地が多く、
日本に比べると敷地もゆったりと2階建の家が並んでいるが
残念な事には外見が殆ど同じ様な造りで全く風情がない。
スーパーや商店街をのぞいてみても、品数が少なく実用品を並べた感じで味気ない。
街で何か食べようとするとハンバーグやピザの店ばかりが目に入るので
そういえば日本もだんだんアメリカの様になるのではないかと心配になってきた。

娘の亭主が孫の相手だけでは申し訳ないと、車でヨセミテ国立公園を
案内してくれることになり、アメリカ大陸見物となった。
徹底した自然保護が行われ、ホテルも売店も木造のひっそりした佇まいで
人工的な色彩は全く見られなかった。
山を降りる時、小川のほとりで車を停めて、清冽な水と山々をカメラに収めて
ささやかな旅の記念とした。

帰りは娘一家も同行してハワイへ立ち寄った。
6月のハワイは暑かったが、あちこち見物して南の島の風物を楽しみ、
ホノルル空港で孫たちとの別れを惜しんで帰国した次第である。


2005年 モスクワとサンクトペテルブルク 美しい記録が次々出てくる 編集長ありがとう Franzl
2005 モスクワ
2005 サンクトペテルブルク


夏の旅 

from Yoko

秋の朝雲 AM6;00

失われたと思っていた写真が戻ってきました。    
今上陛下が皇太子だったころに大峯山中で私が撮った写真です。
その顛末をご覧下さい
 ・・・・・by リワキーノ


久々に投稿アリ、、、、、 from Franzl

THさんが博多にやって来ました 


久々したこと 次は老人施設か幼稚園の誕生会で 

<大切なお知らせ>

心配しては居たのですが、レンタル先のサーバー会社より 「やがてあなたの使用可能なDisk領域が残り僅かとなっています」

従來形の共用タイプにつき個別に容量追加する事は出来ず
また新たに費用掛け、新たな箱の準備の構築からせねばならないという事態です。
「もうここいらが潮時?」 なのかも知れませんね、、、充分堪能させて貰ってスパッと終える!

大切な皆さんの過去の投稿データは編集部に保管してはあります、しかし可能な範囲でページから必要に応じ各自ダウンロードする時間的余裕は充分ではありません
Web容量100%占有時点でこのページが受信不可となるものと思われます。
(経験した事が無いのですが、閉鎖されるのは九月後半頃?)

これに関連する事はページ閉鎖以降いつもの小春HP開いても 「該当ページはありません」 

そこでお願いです、(http://www.21styles.jp/bbs/koharu/index.html へのリンク) ← これ開くと 

*「伝言板(変更後の新表紙、今すぐにお気に入りに入れておいて下さい) 表示されますので今後の情報交換など皆さんのメッセージ交換には利用出来ます・・・・・

しかしながら近々HPも大役果たし!? 過ぎ去る時の流れ 私宛のメールアドレスも koharuchacha@gmail.com に変更されます
 ← 変更しておいてください

 散りぬべき 時知りてこそ、、、、、長い間の御引きたてに深謝の念感じつつ・・・・・

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

*小春ページのダウンロード方法 by リワキーノ
 
「大切な皆さんの過去の投稿データは編集部に保管してはあります、しかし可能な範囲でページから必要に応じ各自ダウンロードする
時間的余裕は充分ではありません」

皆さん、
この編集長の言葉を正確に理解されていますか?

小春ページに掲載された投稿データーはすべて編集部のサーバーの中に保存されているのですが、小春ページが閉鎖された後には
それを皆さんが直接見ることはできなくなります。

これからもずっと見たいと思う投稿があったら小春ページが閉じないうちに各自、ご自分のパソコンにダウンロードしてください、
ただその時間的余裕は1ヶ月も無いですよ、と言うことを編集長は言っているのです。

そこでそのダウンロードの方法を編集長に聞きましたのでここで皆さんにお知らせしたく思います。

私が聞いたダウンロード方法は
GoogleChromeを利用した場合なのでInternet Explorerをお使いの方はまずGoogleChromeをダウンロードしてください。

次にダウンロードしたい投稿を保存するフォルダを皆さんのパソコン内にあらかじめ作っておいてください。

皆さんが保存する投稿数が多いとき、たとえばさすさらさんやTHさん、k.mitikoさんらがご自分の投稿を全部取り込むときはかなりの容量を食うと思うので
パソコン本体のWindows(C)に直接保存するのは避けて外付けハードディスクやUSBにデーター専用のフォルダを作られた方がよいと思います。

私の場合は「Koharu_page_backup」と命名してフォルダを作りました。

次に保存したい投稿を
GoogleChromeで開きます。

開いたGoogleChrome画面の右上端っこに・・・の三つの点が縦に並んでいるところをクリック
       ↓
「その他のツールをクリック」
       ↓
「名前を付けてページを保存」  クリック!

の順番で行くと保存する場所を聞いてくるので、あらかじめ作っておいたフォルダ(私の場合は「Koharu_page_backup」)を開き、
ダウンロードした投稿のファイル名はすべて
koharuとなっているので各自、自分で判る名前に変えて保存します。
このとき「ファイルの種類」欄が「ウェブページ、HTMLのみ」となっていたら右端の矢印をクリックして「ウェブページ、完全」を選んでください。

保存したら今度はその保存フォルダを開くと投稿ページが出てきます。
こうして保存した投稿記事はインターネットを開かずともご自分のパソコンだけで見ることができるのです。
判りにくい面がありましたらお気軽にお尋ねください。

TEL:090-8527-0698
E-mail:hisao.moriwaki@gmail.com

P.S. YouTube動画は https://www.youtube.com/channel/UCfqUQhmI-FxlSufJkRdeolw/videos

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今上陛下が皇太子だったころに大峯山中で私が撮った写真です・・・・・リワキーノ
その顛末をご覧下さい

一貴山 心身共に皆清らか!?

  

暑い夏が続きます。

一服の清涼剤・・・にはなりませんが、「てやんでぃ2019」ご笑納ください・・・・・Kodama

おまけにも一つ 「私の寄り道」 もどうぞ!

保津川あたり」 動画編 & 映画「アルキメデス大戦・・・・・リワキーノ

27 Jul. 2019

保津川あたり」・・・・・・   さすさら

カナダからやって来た

懐かしい親子と会いました・・・・・リワキーノ

19 Jul. 2019

今ごろ、大峯ではオオヤマレンゲが咲いていることだと思います。
大峯の核心部から遠ざかって十数年、オオヤマレンゲは遠い過去の思い出となってます。
添付画像は修験道仲間が2017年7月に弥山で撮ったものです・・・・・リワキーノ

17 Jul. 2019

京都特派員リンダ!?

ドロミテ(南チロル/イタリア) by Franzl

13 Jul. 2019

健康増進にゴルフを続けている方も多い事でしょう。

おなじみの福岡カンツリークラブが和白ゴルフコースとして開場したのは昭和27年のことだ
そうです。初期のコースの思い出を、平成3年のクラブ会報に父が寄稿した文が残っていました。


「和白むかしむかし」 平成3年「会報 わじろ」・・・・TH父(71歳時)

 その昔、和白の1番はショートホールでした。初めてコースに連れて行ってもらったのが、
初心者には難しいと定評のある和白だったのです。それは昭和35年5月のことで、それから
約30年になりますが、あの1番ホールの印象はほんとに忘れられません。
 インドアに通っていたので、空振りだけはしない程度の腕前にはなっていましたが、スライス
すればOB。真直ぐ飛んでもグリーン下のバンカーに捕まって出すのに苦労する。ソケットでも
しようものなら、遥か右下の18番グリーンの方へ落ちて行く。喜び勇んでコースに来たのに
1番ホールでがっくりする事が多く、和白は最初から苦労の連続でした。

 2番はミドルホールでしたが、この1番と2番を一緒にして現在の1番のロングホールが
出来ました。それと同時に新しく山を切り開いて、2番のショートホールが造成された様に記憶
しています。

 3番の打ち下ろしは、用心すればする程スライスが出て、昔も今も油断がならない困りものです。
そして忘れられないのは、4番ロングホールのサブグリーン下にあった大バンカーです。
これにつかまると、何回打ってもグリーンにのせることが出来ず、遂には後ろに出したこともあり
ました。先年これが埋められた時はほっとしましたが、何となく名残が惜しい気がしてなりません。
ちょうど厳格でやかましい為に、親戚中の若い人たちに敬遠されていた伯父さんが、後年懐かしく
思い出されて語り草になったりするような、怖くて懐かしいバンカーでした。

 5番と6番の池はやはり和白の名物でしょう。昔は6番のティーグランドには、水に浮くボールが
備えてありました。我々下手くそが打ち込んだボールを時々回収する為に、小さなボートが繋いで
あったと思います。

 8番はあの高い広々とした景色を眺めながら打ち下ろすロングホールでした。西鉄ライオンズの
選手たちがシーズンオフによく来ていましたが、さすがに飛ばし屋が多く、フック気味のティーショット
が4番のフェアウェイまで飛んでいくので、キャディさんが危なくて困るとこぼしていました。
 西鉄ライオンズといえば、その頃インドアに時々顔を見せる若い人がいました。私の知人が同郷で
よく知っていましたが、西鉄の選手をやめてゴルフに転向するという事でした。思わず息を呑むような
強烈なスイングで、ボールが潰れてしまうような音がしていました。和白でプロの修行をするという事
でしたが、何時ともなく姿を見せなくなって、習志野へ行ったという事を後で聞きました。この人が
現在の日本を代表して活躍している、尾崎将司プロだったのです。

 懐かしい思い出は尽きず、この10月で70歳になって高齢者名簿にサインする事になりましたが、
幸いな事に体調も良いので、ゴルフも何となく続けて行けるけるだろうと喜んでいます。和白には
本当によく通ったものですが、コンペに出た事はなく、がやがやと楽しくプレーした野次馬会員でした。
 いよいよクラブハウスと周辺の大工事が始まり、完成が楽しみに待たれます。古き良き和白に新しい
話題がひとつ増える訳です。コース、キャディー、ロッカー、事務所の皆さんが長い年月をかけて
築き上げられた伝統に更に磨きがかけられ、和白の評価がますます高められる事を祈って筆を擱きます。

10 Jul. 2019

「私の救急車乗車体験記」・・・・・・ 川島道子


先日、昼間の買い物から帰宅して間もなく胸が締め付けられる

ような初めての経験に、かねて福岡市から設置されていた

緊急通報システムの身近においてあるペンダントのボタンを

押しました。直ちに救急車が到着するとともに、事前に登録

していた家族にも私の急変を告げる第一報が届き、私は救急車で

国立の医療センターへ急送され治療が始まりました。

そのさなかに駆けつけた家族の次男の妻に、私は涙ながらに

延命治療をしないように訴え、治療中の医師に「本人が言って

いることを聞こえていますか」と聞きました。後で聞いた話では

先生は「一生懸命に治していますよ」と言われたそうです。

突然の発病で身一つで入院した私は、必需品は皆無で翌日には

バレエ公演観劇を予定していました。着替えをはじめ、入院用の

支度の準備、また長年の一人暮らしのために夕食の弁当の配達や、

病院やデイサービス、美容院の予約のキャンセル、親族への連絡、

スーパーの宅配の受け取りなどくらしの、なかにくみこまれていた数々の

事柄を,私の要請に答えて次男の妻は確実に実行し報告が返ってきました。

その彼女の有能さに弟も妹も感銘を受けていたようでした。治療室をでるころには、

あれだけ先生がたが治療に取り組んでいらっしゃるときに、「延命治療はしてくれるな」

の自分の発言には呆れるとともに多いに後悔し、後程先生に謝りました。

入院して5日ほどで退院となり、病名は「狭心症」でかかりつけの内科での

薬での治療が始まったところです。


福岡市の緊急通報システムについてはサイトに紹介されています。

高齢者の一人暮らしには必需品ですが、医師の診断書が必要になります。

08 Jul. 2019

信楽でゴルフなど」・・・・・・さすさら

26 Jun. 2019

おはようございます。
九州は豪雨で大変ですね。
添付画像は家内が鉢植えで育てた桔梗とゼフィランサスです・・・・・リワキーノ



お知らせ

Windows98の頃から始めたこのホームページ・・・・・
皆さんのご協力もあって大いに盛り上がった時期もありました

しかしながら昨今の情報伝達手段も、パソコンからスマホ主体へと大きく変化し
閲覧件数にも明確に表れているように時代は大きく変身遂げているのです

いわゆるHPとしての情報発信 ⇒ FacebookやLine等によるよりタイムリーな情報発信

編集人としてやって来れたのは正に読者の皆さんの陰ながらの応援・バックアップですが
正直なところHPの更新作業にワンパターンを痛感し、更に気力・体力の衰えも加わって
編集作業が負担と感じるようになってしまっております

五木寛之著 「下山の思想」 読んで変革を迫られる登頂後の生き方も参考にせねばなりません
いっそHP止めてしまって、心身共に開放されたい、解き放たれて自由になりたい!?

熟慮の末に決めた事は従前のHPのスタイルは踏襲しないで、仲間の投稿(+伝言板の活用)を
タイムリーに掲載し、私も読者? お互い長寿社会の行き方を考える・・・・・

いわゆるHPの大幅モデルチェンジ実行し、私もプレッシャーから離れた行き方へのチェンジ!
日々更新というのが望めないのは致し方ありませんが、これも世の流れ
もしかしたら再モデルチェンジ迫られる事態がいつ起こるか?

むしろ早く手を付けるべきだったこの変革、、、皆さんのご理解・ご協力お願い致します

早速リワさんからメッセージ受領、趣旨ご理解頂いたと安堵しています

編集長殿

今日のお知らせには驚きましたが、内容を丁寧に読んでいくうちに新しいスタイルに変えていきたいという編集長の気持ちがよく理解できました。

情報伝達手段がパソコンからスマホ主体へと大きく変化し、FacebookやLine等の出現によって私の周囲の人たちとの情報のやりとりも
大きく変わってき、多くがFacebookやLineへのリンクを求めて来て通常のE-mailでのやりとりをも渋る友人、知人、顧客の存在の増加を
見ていると、HPにおける掲載物への無関心、掲示板におけるやりとりにも億劫がる風潮を肌で感じます。

それが閲覧件数にも明確に現れ(私は一々カウントしていなかったのでそのことには気がつきませんでしたが)、掲示板における
個々のやりとりの激減という現象を招いたのでしょうね。

小春ページに集う仲間たちへの陰ながらの応援やバックアップに努力してHPの更新作業をやり続けてきた編集長もこの新しい時代の流れに
今や、自分の使命は終わったと感じ、今が引け時と感じられて今日の「お知らせ」になったのだろうと推察いたします。

最初はこの小春ページのメイン画面である「今月号」のページも無くなり、「小春伝言板」だけになるのかと思いましたが、編集長が編集する
「今月号」はそのまま残り、仲間たちの投稿は今までどおりに載せるということで心から安堵してます。
ただし、そこには編集長自身によるHPの日々の更新はなく、一個人のレポートとして載せる、つまり編集長と言えども変革された「今月号」では
仲間うちの一メンバーとして投稿するということのようなのですね。

編集長の負担を大幅に減らせるということで私は大賛成です。

それにしても1998年(1999年?)から始まった小春ページ、20年の歳月を編集長はご自分の職分をよくも頑張り通してくださったものです。
天国の小春ちゃんも「パパ、よく頑張ったね」とつぶやいていることでしょう。
変革後の「小春ページ」ではどうか一仲間として気楽に投稿してください。 
   森脇久雄                    

22 Jun. 2019

関西花便り(三室戸寺のアジサイ)・・・byはなママ&はなパパ

20 Jun. 2019

先日訪れた箱島神社には社務所は無かったが、西方面へ数キロほど行けばこちら鎮懐石八幡宮があり御朱印も受領可能

他にも ”願い石” など善男善女の祈願叶える石もある

御祭神に注目!

17 Jun. 2019

海に浮かぶ神社・・・・・

この鳥居奥に本殿が有りますが

.

御存知の方も多いのではないでしょうか?

15 Jun. 2019

LINEをかたるフィッシングメールの報告が増えているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。 

最近編集部にも LINE 発信人による2段階パスワード設定を促すようなメールの着信アリ
間違っても記載されたURL先へ誘導される事無きように注意しましょう!

13 Jun. 2019

京都八瀬あたり」・・・・・さすさら

12 Jun. 2019

先月訪れた小戸大神宮近くに ”壱岐神社” が在ると聞いて調べたら、生の松原ど真ん中に鎮座

壱岐神社レポートです

09 Jun. 2019

てんちゃんから素晴らしい ”挙式飾り付け” 写真届いています

ありがとう!

初夏に入って、緑の木々が眩いですね

我が家の紫陽花です・・・・・はなパパ

05 Jun. 2019

季節と共にお濠の様相一転!

ほんの二月前

k.mitikoさん壁紙用ミヤマキリシマ写真   ←ご利用ください

03 Jun. 2019

予想上回るミヤマキリシマの咲き具合にビックリ!  猟師山花見トレッキング

01 Jun. 2019

M.v.k.さんからの情報で、閉館中だった金隈遺跡がリニューアルされ5月11日から見学出来ますとの事

「是非歴史探訪リストに入れて下さい」 即実行で行って来ました!

福岡空港の南側です

白ヌキ部分が展示遺跡(無料です) 

紀元前後400年間ほどの弥生人の生活に想い馳せ、時間過ごした次第です

 開館 09:00 ~ 17:00 (月曜日休館) 福岡市博多区金の隈一丁目39番52号