29 Sep. 2014

由布岳だあ、、、絶好のトレッキング日和

と、その前にチョッコし件の玩具取り出して

良い子の皆さん、こんな真似はしてはいけませんよ

「録画ボタン押し忘れやった」

赤が点灯、これでよし 

高台へ移動して

「由布岳さんの具合いどうなん?」 竹コプターでのお初動画少々・・・

では・・・

頭にすっぽり雲だった由布岳も一層クリアになって

入山です

浄水人の遅れを心配するコッツ

「遅れてゆっくり登るけん、先行っちゃらん?」

大分市からやって来た山ガールs

湯布の街が遠くになって

久住連山も今日はスッキリ・クッキリ

青い空が貴重になって来た地球環境、、、此処は未だ大丈夫?

「私達二人、今日が初めての登山なんです」

「えっ!? お初が由布岳 ならば一緒に行くか?」

「西にする、東がいい?」

西へのあの鎖場眺めた二人、、、「東峰にします」

お初アタックその前に、、、嬉しいランチだ!

驚きはNatsukiちゃんの靴、、、私のと同じブランド&カラー

「イタリアの有名なアルピニスト用ばい」 「そうなんですか、山登りやめた友達から貰ったんです」

ランチの後、脚の痺れ出たコッツ置いて3人で東峰へ

「最高、最高、、、こんな条件揃うなんてラッキーやね」

「すごく運良かったです、私達」

やりましたねえ、、、今日の初山登り

20歳代パワー発揮していとも簡単に由布岳制覇した Natsuki(左) & Miki(右)

鶴見岳そして遠くに高崎山

久住連山、、、黒岳からずずっと右へ沸蓋山まで

伽藍岳方面

お鉢巡りのトレッカーも多い

そして西峰

イッチョ前にスイスイ降りる軽業!?

もうほんまもんの ”山ガールs” になって来とう

西・東の分岐点マタエに降りてきて

登山路半ばでゆっくりランチの浄水人労わるの二人

こんな彼の嬉しい表情見たのは勿論お初!?

若きパワーのお裾分け貰ったオッサン連

「お父さん幾つ?」 「ハイ、54歳です」

「すっかりお爺さんなんやね俺たち」

「あの、右の山頂に居たなんて信じられない!」

「無事登れて良かったあ!」

感慨深いものあったであろう若き二人、、、絵になるショットだ

温泉へゆこう、、、無論青湯の ”庄屋の館”

反省会は?

焼肉屋さんにて・・・

乾杯だ!!!

たら腹喰って大満足

湯布院で肉喰いてえ、、、なら

此処が善いよ、だってさ

満足・満足の一日

早速LINEにメッセージ

「初登山の私たちに沢山の事を教えていただき有難うございました。 お会いしていなかったら途中で断念していたと思います。
 それに、時間かかって無事帰れなかったかもです。 温泉に夜ご飯に何から何まで大変お世話になりました」

「初登山でこんないい体験が出来て幸せ者です。紅葉の時期に都合よければまたご一緒、宜しくお願いします」

浄水人からもLINEで、、、

「仲間に華があるのは心和むねえ~」