05 Oct. 2014

「台風18号襲来の屋久島」

”ソロモン流” 見たさすさらから

「屋久島の ”送陽邸” 泊まりに行こう」 なる誘いにホイホイ乗っかってやって来た

部屋には電話もTVも置いてない、、、こうやって、潮騒聴きながら、時間の流れ堪能するのが正しい過ごし方!?

当初の予定は山、それも九州最高峰の宮之浦岳

宿の主人から 「山は危ない、止めとかれた方がいいです」

では、、、本日は島の南方面攻めてみようか?

宿から反時計回りに、自然愉しむツアー開始

永田岬の ”屋久島灯台”

剥き出しの巨岩に圧倒される

台風の影響は少々!? 北東風なので島影になる地域

世界遺産の西部林道に入るや早速登場!?

鹿さんも悠然と道路横断・・・

お猿さんファミリーにも遭遇

この自然環境の成せる野生動物の王国?

なんとまあ、、、リラックスしてはる

ほのぼのとした家族団らん

お邪魔しました、、、人間が立ち去るべきでしょう

美しい海岸線の林道は狭くてクネクネ

此れは?

「大川の滝、日本百銘滝の一つだよ」

中々の迫力でしょう?

近くに在る ”中間のガジュマル”

デカイ!

本来ならあの雲の中、、、今頃宮之浦岳目指していた?

平内海中温泉、、、此れは干潮時の前後しか入れない

「いいね、いいねえ!」

「脚滑りそうや!」

もうそろそろ満ち始め、、、ラストチャンスを堪能!

お隣には ”湯泊温泉”

男女の仕切りが何となく不安!?

女性用に!?

私は正しく右サイド・・・湯加減抜群でいつまでも入っていたくなる

海中温泉もこちらも、献金箱におひとり様¥100の寄付

まさかこの時期に邪魔されるとは

屋久島南端の海は既に荒れ放題!

18世紀初頭、ローマ法王の命で派遣されたシドッチ神父流れついいた処

岩に叩き付ける波のサウンドが何とも素晴らしい!

再び滝巡り、、、第二弾

急峻な地形の影響で滝の存在はそこかしこに

むしろこちらこの巨大一枚岩(石)に吃驚!

滝巡り第三弾!

太平洋にモロ注ぎ込む ”トローキの滝”

お腹ペコペコの時間帯

ラジコン仲間Mori君推奨の食事処

予約は必須と聞いていたので待たされる事なくスタート

地元産食材豊富な小鉢諸々・・・

中でも美味は、、、トビウオの一匹丸唐揚げ

屋久杉ランド経由、車で到達できる標高1200m地点の ”紀元杉”

樹齢は3000年!

大いなる ”気” いっぱい貰って健康貯金又増えた!?

ハッハ~!

そしてお楽しみは ”送陽邸” のディナー

たらふく喰って、オーナーの岩川さんと、屋久島の歴史に始まり文化・習慣・種族・言語にまで渡り話に熱中時代!?

岩川姓は平家の流れ組むやんごとなき家系、、、四国にも少々あるそうで日本は狭い感じさせる夜話延々・・・・・

山行きは出来なかったけれど、屋久島の魅力の片鱗堪能させて貰った一日

だ、大満足で床に就いたとさ・・・・・