08 May 2013

「滝見物の積りが宝満山トレッキングに」

黄金週間終わっても天候は良好、、、先日の福智山  ”七重の滝” でマイナスイオンいっぱい体に浴びて体調も良好・・・

以前、コッツウォルズがレポートした凍結の難所ケ滝、こちらでもマイナスイオン浴びれるかと急遽やって来たのは

宇美町の昭和の森公園、此処に駐車してその滝見物に出発した訳である 午前09:40

そうそう、表示看板も立派! さぞかし滝もよかろう・・・

都会の空気とは全くレベルの違う山のクリーン・エアに包まれて 「やっぱ山はよか」

可憐な花にピンと合わせた積りだったが・・・・・

今日は突然思い立ったハイキング、、、車のトランクに放り込んでいた山用具装着の単独行、先日と同じ格好!?

分岐点で下山中の方にマイナスイオンの話したら 「いやあ、難所ケ滝はちょろちょろの水、とてもマイナスイオンは望めませんよ」

「あっ、そうなんですかてっきり水量豊富な滝とばかり」 「あそこは1~2月でしょうやっぱり」

此処でChange! 目的の滝見物⇒宝満山トレッキング

「では私は此処から分岐して宝満へ・・・」 「それがいいですよ」

滝へのコースからこちら ”うさぎ道” ルートに変更は良いが、山地図の前準備も何も全くなし

まあ何とかなる!? 

貴重な水場、、、乾いた喉潤すのにとても有難い

うさぎ道は確か随分前だが、一度通った記憶が蘇る

こんな優しいルートだった?

こういった標示板はマップ無しの本日、強い味方だ

視界が開けて来て、稜線が近い事を知る

仏頂山近くの三郡山縦走ルートに合流

清々しい稜線散策はこの時期ならではのもの

今此処だ!

巨大岩群に近づいたら

宝満山々頂は近い

直進ではなく左手鎖場を通過

あそこを昇り切れば・・・・・

そこは山頂、、、先ずは竈門神社の上宮に詣でる 午前11:20

振り返れば若杉山に三群山

屏山と古処山遠望

大宰府の街並み

コンビニおにぎり3個の軽いランチタイム済ませたら 仏頂山へ 午前11:40

先ほどの巨石群を慎重に降下

三郡山ルートへ

セルフタイマーはピント合わせがね

貴重な林!

これは?

岩がバラの花のように広がっていた

縦走ルートは快適そのもの

ここで分岐、滝も見ておかねば勿体ない

新緑の香りが涼しげな風と共に辺り一面駆け抜ける様

急傾斜のガレ場に入って、足許注視しないと体ごと持っていかれそう

こちらが当初予定の滝見物ルート

コレコレ・・・

”THE滝” 宝満山からブラブラ1時間余り

難所ケ滝、、、なるほど水量豊富なものではない

細い白糸のしずくばかり、、、聞いた通りマイナスイオンいっぱい体に浴びる滝ではない

しかし、、、冬場時間かけてゆっくりゆっくり凍結した見事な姿をもう一度、生で見たいものだ


難所ヶ滝は、あのチョロチョロだからこんな都会のそばで
凍って氷曝になるのです。
ちょっとづつ氷が重なって。
もし大量の水量だったら1月末~2月初めのあの氷曝は出来ないでしょうね。


コッツウォルズ

見ておくれ、、、岩場だらけこの周辺は霊気漂う一帯

単独行なので早めの下山

昭和の森への帰り道

キャンプ場へ帰着 午後13:35

あの山中に自然と共に4時間余り、、、それにしてもこの皐月の好天、いつまで続く?

ハイキング ⇒ トレッキング

走破距離 7530M 累積標高差 1776M

似たようなもんだった!?