06 May 2013

「福智山トレッキング」

昨秋の石鎚山を最後に、山行きから遠ざかったせいか体調もスッキリしないので反省・反省の日々・・・・・

連休の最中で阿蘇久住方面は当然パスすべき処、、、「福智山?眺めるばっかりで昇った事ないなあ」

小倉南インターで降りてやって来たのは鱒淵貯水池

いざ行かん!? 「何か忘れてないかい俺達?」 「あいやあ~、、、急いで戻ろう!」

インター近くのコンビニで昼飯購入、再び戻って再スタート、、、30分の無駄使い 「あのまま登ったらえらいこっちゃ!」

08:40AM

しばらくは車両進入禁止のダム湖周回路を散策、本日同行のWagi君忘れかけていたトレッキングのペースを確認中!?

此処がお山への扉、標示板が新しく見落としの心配はない

赤い吊り橋

先ずは、頂吉口のP地点から鱒淵ダム堰堤を渡り、赤い橋渡って登山口を目指すこと20分あまり・・・

09:00 登山口通過

今、俺達此処、、、本日の福智山へのルートは、ホッテ谷分れ⇒鈴ケ岩屋⇒山頂と時計回りで・・・・・

皐月の朝は予想外に冷え込んでいて、しかし日差しの元では少々汗かき 「もうちょっとペース落とし気味で行こう」

清流見つけたら

「コーヒーにすっか?」

近場の福智山標高900Mと侮るなかれ、パーキングした頂吉口が130M程 「770Mの標高差かあ、結構あるなあ」

こんな時の美しい応援団がとても嬉しいもの

ホッテ谷分れ地点、、、当然左へ遠回りでしょうが

黄色のお花

今度はピンク

新緑の中にあって彩はよりトレッキングを充実感溢れるものに・・・

鈴ケ岩屋付近でようやく眺望開けてきて、山頂方面がお顔見せてくれた

頂近し!

信心深い私は祠の前で祈願

山頂に人・人・人

11:00 コーヒータイム入れて凡そ2時間で到達した計算

この山は小倉南区・直方市・福知町に跨っていて、登頂ルートもそれなりに数多いらしい

ピークもゴールデンウィークの体、、、思い思いに三々五々陣地どり?

定番の鍋焼きうどん&おにぎり

「これに限るばい」

気になる眺望ですが、、、遠賀川方面は直方市と中間市

北に眼を転ずると、、、左手雲の下に尺岳、正面に皿倉山、こちら山頂からの縦走ルートである

出発地点の鱒淵貯水池や平尾台方面遠望 

少々ガス気味だが南面は遠くにぼんやり英彦山、、、360度ぐるりと見渡せる山頂からの景色は良好!

12:10 1時間余りのランチタイム愉しんだら下山、来た方向とは反対の北側へ進路とって降下

無人の避難小屋通過

からす落の分岐、最短ルートのホッテ谷分れに向かうには右折して新道経由だが、二人はこのまま尺岳方面へ

最終分岐点の豊前越目指して・・・

此処がそう

七重の滝見物コースへ

ここから先ダム湖までずずっと清流沿い、マイナスイオン溢れる夏向きのルート

「橋が落ちてる!」

「渡河ちっちや!」

七重の滝最上段

七の滝

鎖場もあって降下するには滑りやすい、、、むしろこのルートを昇りに選ぶトレッカーが大半のようだ

六・五・四の滝と降りて来て

こちら名無しの滝

鎖しっかり掴まないと

ズルッときて危険この上なし

最終滝で七重完了!

虫君達にも季節到来!

「うーん、なかなか、、、想像以上に愉しめるルートやった」

登山口へは山頂より約2時間ほど、、、パーキングの地点まで更に20分  ただ今14:30

本日の走破距離 11.85KM  累積標高差2146M

残念ながら小倉南方面には本格温泉ありゃしません

福知町(こちらからの白糸の滝登山ルートも急勾配ながら醍醐味溢れるものとの事)へ廻ってきて

源泉かけ流しの ”ふじ湯の里” で足腰の疲れ癒させて

「あ~、気分爽快!」 納得のWagi君の表情見て取れます?

雲の下、山と山との間にちょっこし三角の頭出しているのが福智山

次回が待たれる黄金週間最中の福智山トレッキング、、、報告おしまい!

では又