11 Jul. 2013

「酷暑の山行は修行!?」

いきなりの梅雨明け、、、延び延びだった山行にはちと高温・多湿気味・・・・・

佐賀と福岡の分水嶺三瀬峠に車留めおいて

西へ向かえば井原山や雷山方面

今日は東の金山を目指しましょう、別ルートからの経験ありますが此処からのは二人ともお初ルート!

稜線をゆったりと、、、

From三瀬

To金山

心地よい5M程度の風が吹いてはいますが、先日来の豪雨で足下は湿気過剰! 結構堪えます

こんな山があった!? 790M

やっぱ空気からして全然違う、下界とは・・・

お次はあそこ 846M

花の応援団は有難きかな

「着いたみたい」

ハイ、城の山です

一気に峠まで行ってにするか?

「いや、、、此処でおやつタイムにしよ」

この辺り、露出した岩がやけに目立つ

今日のルート選択の第一は 「全て樹林帯の中を行くルート」 「直射日光は勘弁してほしいもんね」

巨岩の向こうに何か?

こんな事せんでも行けるのに・・・

目指す金山の全貌望む唯一の展望ポイント

稜線の上り下り繰り返して1700Mはまだまだ、、、水分補給も忘れず頻繁に

しかし気分爽快! 手付かずの自然そのままのお山への稜線

あご坂峠で道半ば?

この時間通りには参らぬ酷暑の中の山歩き、、、ゆっくりと堪能させて

急傾斜を南方に行けばお地蔵さん、、、でも戻って来る気にはならんやろな?

様相変わってきたっちゅう事は・・・・・

嬉しい、、、5分!

一寸だけ福博の街の遠望も可

ハイ! 給水&コーヒー休み入れつつ2時間と15分でした

佐賀方面

山アジサイのブルーが美しい

967M

頂上下の番所跡

お昼済ませて再び同じルートを・・・・・

例の巨石だらけの処

有明海は霞んでいますが

振り返って、先程まで山歩きしていた金山

湿気はムンムン、、、しかしほぼ稜線上に風が心地よい一日

峠に降りてきました

なかなかいい雰囲気の今日のルート、自然を大切にしたいと痛感させられました

ふうー! しかし熱い・暑い

近くの湯処でさっぱりと、、、帰路につきましたとさ