17 Dec. 2013

「中山仙境トレッキング 後編」

先ほど眺めたピーク目指し、落ち葉の崖地をサクサクと音たてて歩む、、、嗚呼何たる贅沢!

あんた~

「ミニ無明橋やったら渡れるとね?」

岩屋に祀られた立派な石仏

そして愈々

もしかしてアソコか?

振り返って、、、通って来た快適かつ愉快な尾根道を眺める

この顔、、、日常の都会では拝めるものではない

高城のピークに居ての話である

いつもの頂上目指してのトレッキングとは一味も二味も異なる今日の山行き・・・

ルート上の霊場拝礼しつつ、仏様との交わりを肌で感じ、仙境漫遊やっている そう、次元の違う山行き!

山から受けるオーラは凄まじいもの、、、ひしひしと感じ体内にすんなり吸収されるから疲れ知らず

天に向かって建つ石碑には 「天照大神」 の文字が

周防灘遠望の絶景!

「国東半島って他所とは全然違う独特の雰囲気やね」

高城山頂の霊場は第十番札所、、、

祠近くでランチするのは憚られるので急斜面を降下

コチラのお山眺めつつ

たおやかな昼食時を過ごす

加齢とともに忘れかけていた空腹感が食欲一層そそる 「こんなに美味い握り飯って、いつ以来かいなあ」

美味しいランチ済ませたら、軽やかな足取りで第十一番札所を目指そう

本日既に二十箇所は超えた鎖場登り

横見渡せばこれもん、、、まさかこの時期山中で紅葉狩り出来るなんて 「贅沢三昧やね今日の俺たち・・・」

よっ、アルピニスト!?

このシーンもずっと記憶に残るものとなるであろう

奇岩のあちこちに掘られた祠の数々、、、全山霊場の証である

稜線の両サイドは断崖絶壁なの分かってんの窪ちゃん? 無明橋パスした輩とは思えぬ余裕

ハイ、、、不思議な事に充電したはずのFullCCDカメラの表示 「電池切れです」 これも霊の影響?

急遽登場のiPhoneカメラ、これから先は全てこれにてのショットとなります

辿った稜線振り返るの図

怖さも吹っ飛んだ様子の窪ちゃん、、、すっごく良好なショットだ

なんてたってこの山様  陽光の届き具合の微妙なグラデーションお分かりでしょうか?

これまた結構・・・

しばし見とれる瞬間多々

「此処は想像以上のお山の連なり、、、国東半島恐るべし!」

これから先は急降下路

先程まで居てたピーク

忘れがたき光景

崖を巻いて来るとそこには隠洞(かくれうと)、、、

弘法大師を祀ってある

よく読むように!?

下りは早い速い・・・・・

しめ縄が掛けられた夫婦御神木、、、杉ではないようだが

メタセコイアか? ←材木屋さんやってたから詳しい

霊山の境界バリアー潜って進むと

お顔が違う、全然・・・

充分過ぎるほど清められて降りてきた彼、、、この効能がいつまで続くのでしょう?

「切れかけた頃にはまた山行きしよ」 「うん、行きたい、是非連れてって」

私にとって今回の中山仙境トレッキング、、、本年27回目となった山歩き

おかげで溜まりに溜まった健康定期預金、利子まで沢山頂いて嬉しい越年となりそう

さて、此処国東半島の佇まいは尋常ではない、、、なんという豊かさなんだろう? 未だまだ見知らぬ世界がきっといっぱいある筈

右手前から向こうへ 「六所神社」 「実相院」 「霊仙寺」 と連なる集合地域は霊地の証拠?

近場の温泉に立ち寄って、大して疲れてなんかいない足腰湯に浸した

多少緑がかった湯

貴重な数時間過ごさせて貰ったお宝スポットを眺めつつ一路宇佐へ・・・・・

八幡宮の総本山

「何十年ぶりやろか?」

云われるままにするのが正解!

国宝本殿前で

巨大楠前で

外宮もお参りせねば 「片参りはあかんぜよ」 の声

本日の超充実完結に相応しい、格調高き御礼お参り出来て云う事なし!

これもいかったぞ!

頃合宜しくWagiちゃんからLINE、、、「そろそろ山から降りて温泉の頃かい?」

「あんたの仕事終わり頃には天神通るけど一緒する、晩飯?」 「西グラ玄関前で待ってるよ!」 

これにさすさら加えて ”ミニ蛸LINE4人仲間” LINE中継のお陰? 今日も一緒に登ったような気分になるから不思議だ・・・

いいおっさんの他愛もないLINE会話・・・

「同病を見つければ安心するのだ。高い所が恐いのは普通じゃ」 さすさら

「高所恐怖症でもないが、両絶壁の尾根道は怖かった! あの橋は片方絶谷、勇気を持って渡らなかったんじゃ!」 窪

豪華ディナー、、、たらふく喰らって家路に着いたとさ

こうやってレポートしている今でも脳裏に焼き付いたシーンの一つが蘇る

夢に出てくれればもう最高のXmasプレゼント!?

最後に窪ちゃんしみじみと

「最近ずっと老後の時間の過ごし方考えてたんやけど、今日の山行きで鮮明になったやね、ありがとう!」

冬季はお休みですが、、、来春再開するトレッキングが大いに楽しみになって来たようで、何より何より

こちらこそ、、、だんだん