10 Oct. 2012

「四国の日本百名山を登る その1」

三ノ宮駅近くの”東横イン”にチェックイン

従兄弟と合流、、、生田筋の中華処で久々に杯を

皆さん、生ビールお代わりするは紹興酒ボトル2本、あっという間に空

ウーロン茶の私はいつも割り勘負け!?

明けて9日、、、一路四国へと向かっています

先ずは本土⇔淡路島に架かる明石大橋を通過

お次は淡路島⇔四国に架かる大鳴門橋

徳島自動車道を快適に西へと向かうと、、、剣山方面には雲が

ここで降りて本日のお山へと向かいましょう

九州の山登りの積もりでいたらとんでもない、、、四国特有の険しく狭い山間道路

ようやく剣山頂が見えて来ました

本日のお山はハイキング気分で登らせて頂きます

登山口からリフトにて、一気に300Mの標高差を駆け上がり

それにしても晴れ、、、予約している訳ではないけれど

あのFudeさんとの北アルプス剣チャレンジはいったい何だったんだ?

リフト降りたら頂は近い、、、尾根道を一気に!

急ぐと少々汗ばむ今日の日和、気温は20度ほど

すでにお山では紅葉・黄葉が始まっている

九州山脈に較べて急峻な四国山脈、しかも接近していて谷は深く時間に余裕無いととんでもない羽目になりそうだ

従兄弟とは利尻富士登山以来

「間を端折って宮之浦岳登ったら、もう満願成就なんじゃないの?」

熊笹のざわめきすら聞こえぬ今日のトレッキング、、、あたり一面シーンと静まり返っている中

中間地点は”刀掛の松”、左に向かえば興味津々の行者路

更に直進・・・・・

標高1800M越えると雲海は眼下に

手付かずの自然林が人間に与えるパワーは凄まじいものである

そして季節は秋深く・深く、本番を迎えるのである

あっけないものです

超気持ちいい!

やがて頂か?

これなら初心者でも心地よいトレッキング可能間違いなし・・・・・

尾根伝いにお隣のお山へ行くトレッカーも散見

来た証拠

Part2

360度の山頂動画です

では降下開始しましょう

下りは迷わず別ルートを・・・・・

雲海は終日消えません

このルートは奇岩が目立ちます

スタスタと順調に歩を進めて

とある社が、、、「よーっと拝んでおかにゃあ」

またまた奇岩!

水の音が聞こえ出しましたが

これが実に美味いのである!

「お茶のみ干してこれ持って帰ろうか?」

絵になるショット多々、、、本日は撮影には絶好の日和

この降りルートはなかなか宜しい

下山後西へ向かうと ”いやしの温泉郷” の看板アリ

汗流して心身ともにスッキリ、クッキリ!

大歩危です、一応見ておこうという事で

川下りは今日はお休みのようです

今宵の宿、、、従兄弟がネットで偶然発見の天皇家の宿、それが超格安の半額で泊まれます

土佐の宿ならカツオのタタキ、マグロにタイにカンパチに、、、これはメニューのほんの一部

お腹いっぱい、体調バッチリ、、、今日は善い一日でした

続く・・・・・