旅した本人も何処まで掲載し、何を掲載仕切れてないのか、混乱の体・・・

美しい街 Bolzano! Bolzano近郊のカンティーナ巡り ドイツ、美食の故郷 Junghraujoch!
ケーンリンガー城跡散策 ウィーンの森の物語編 ウィーン音楽の都 帰国顛末記
Sound of Music ロケ地訪問 ザルツブルグの皇帝温泉場 シャーフベルグ山早朝トレッキング ザンクト・ギルゲン宿泊の段 ドナウ川クルーズ編 
グリンデルワルド⇒ミラノ編 最後の晩餐と対面 パンザロッティ堪能の段 ミラノNO1イタリアン・グルメ ミラノ⇒インスブルック編 インスブルック編 
ハイデルベルグ編 ローテンブルグ⇒ミュンヘン編 ミュンヘン⇒ツエルマット編 Matterhorn速報 Matterhorn本編 Zermatt⇒Grindelwald編

Thu. 31 May 2012

「韓国 初級旅 その11 水原華城(完)」・・・・・T.H.

「ふくしまの旅 その1」・・・・・Yoko

Wed. 30 May 2012

心斎橋あたり」・・・・・さすさら

Bolzano近郊のカンティーナ巡り

Tue. 29 May 2012

日本海海戦」・・・・・リワキーノ

Tomoもビックリ!

美しい街 Bolzano!

Mon. 28 May 2012

手打ちソバ」・・・・・探検隊

Junghraujoch!

Sat. 26 May 2012

Emperor Waltz : Johann Strauss ♪

「魔力に引き込まれるMatterhorn

Fri. 25 May 2012

ようやく帰国して、一段楽したら、、、記憶の覚めぬ間に・・・・・

ドイツ、美食の故郷

Thu. 24 May 2012

「韓国 初級旅 その10 宗廟」・・・・・T.H.

帰国早々反省会!?

Wed. 23 May 2012

危うく帰国出来ない!に遭遇?

「最後に大ピンチ!? 帰国顛末記

津軽の旅ー3です」・・・・・手打ち庵

Tue. 22 May 2012

移動日につき徹夜で急ぎ仕上げました、、、乱筆乱文ご容赦のほど・・・

ウィーン音楽の都

Mon. 21 May 2012

津軽の旅ー2です」・・・・・手打ち庵

ヴァンパイアのWebリアルガイドにあった観覧車・・・
「第3の男」で有名になったアレだ


ディズニーランドのミニ版と思って貰ったら良い遊園地
快晴の日曜日とあって入園客多数!
観覧車の順番待ちは約半時・・・・・
一つのワゴンに12人が定員、、、貸し切ってランチしても
良い面白い企画だ、乗降の度にワゴンが止まるので
ぐるっと一回りもかなりの時間掛かります

下界見下ろせば、、、ウィーンの森を走る蒸気機関車!
早速降りて、シュッポ・シュッポ、、、かなり面白い処だ

入園料? そんなものは要らない、人間優先のオーストリア

ハプスブルグの栄光はそこ彼処にしっかりと残っている!
にわか成金の国がいくら憧れても、問題は人間、問題は文化!

日本人の先輩諸氏ありがとう、、、from Japan? Oh, yeah!
もの凄い厚遇にテレすら感じるこの3週間・・・
ウィーンオペラ座も大スポンサーはLexus、文化には金が要る

機関車動画

Sun. 20 May 2012

ウィーンの森の物語編

Weekend特番!?

「The Sound of Music ロケ地訪問

Sat. 19 May 2012

ケーンリンガー城跡散策

ウィーンに入って未だドナウが頭から離れません

デュルンシュタインのランドマークは・・・

修道院教会とリチャード王ゆかりの

ケーンリンガー城跡

この「お城散策編」をアップする積もりでしたが

乾燥で喉やられて部屋で休養の始末

とりあえず街の様子判り易い、城跡からの

 ”中世そのままの動画” ご覧下さい!

Wienシュテファン寺院午後6時の鐘(動画)

Fri. 18 May 2012

「韓国 初級旅 その9 北村」・・・・・T.H.

「根津美術館 KORIN”展」・・・・・Yoko

AGODA通じて予約したウィーンのペンション、「会社から何の連絡もあってません」 「困るっちゃけどね」

「本日満館なんです申し訳ありませんが、、、」 「ウィーンの印象良くしちゃってよ!」 「ウ~ン、、、」

で~現地午後3時前、無事に強引!?チェックイン、最初のレポートは 「美しき青きドナウ」

「憧れのドナウ、宝石のように輝く美しい町眺めながらの船旅

Thu. 17 May 2012

中世そのままの景色!

「華麗なるバロックの大修道院」テラスから

ドナウ川見下ろす古都メルクの街並み・・・

ルイ16世に嫁いだマリー・アントワネットも

道中此処に宿泊しパリへと向かった

きっと美味しいお菓子たらふく食って長旅

の疲れ癒したに違いない・・・
その中心部には市が立っていて、、、

パン・ハム・チーズ・鮮魚・果物、それと

此の地の誇りワインが多数試飲即売中

角張った高層ビルがもたらした無機質で

隣人知らずの都市型社会、、、中世そのままは

心も優しいまま伝承されているかのようだ

物価の安さには驚き!

¥100で炭酸入りペットボトル2本とお釣・・・

今日は再びドナウ下って、デュルンシュタイン泊

愈々もって都会は縁遠くなって来てしまった!

「新緑の皇居一周ウォーキング」・・・・・Yoko

「超嬉しい!ザンクト・ギルゲン宿泊の段

Wed. 16 May 2012

「美しく青きドナウ」を、イメージ通りにクルーズして来ました!

オーストリア・アルプスに始まって、、、

ザルツカンマーグートに魅惑され、その上またまたヴァッハウ渓谷沿いのチャーミングな街・街・街

ヴィーン迄あと100KMちょいですが、、、大都会への興味不思議と沸いて来ません、、、日本食も眼中に無い、地元料理の満足度!

国よりも地元を大切に考える住民達、当然より美しくなる故郷、ひいてはお国が豊かになる見本のような此処オーストリア・・・・・

駅前のKIOSKに 「長期滞在のすすめ」 売ってる、、、買う!?

昨日のドナウ川ヴァッハウ渓谷クルーズ・・・

美しさのみならず、生活感が伝わって来る

これは古城と修道院、、、相当の時代物ダ!

来る途中、列車内で見た新聞天気予報

「明日からは下り坂で、気温も低下傾向」


自分で勝手に決めた”急遽ドナウ・クルーズ”

何だか一人旅がすっかり気に入って

強い味方のPC持参は便利な秘密兵器!

何処からでも予約・変更・問い合わせが可!
3時間近くに渡るロング・クルーズ中

「最高にロマンティックやなあ」思た街デュルシュタイン

1192年は鎌倉幕府開府、、、時同じくして

山頂のお城に英国リチャード王子が幽閉された

とはいっても2年間、、、飲めや唄えの享楽三昧!?

彼が気に入った此の街を、船から眺めて即決定!

左端に見える古風な旅籠、、、船上からネット予約

水色の塔は1400年代の ”聖堂参事会修道院教会”

もっと短くしてんかあ、、、明日も楽しみダ!
申し訳なかったのは此のシーン・・・

向こうの船は連れ潮で燃料消費少なくて済む

その上デッキには大勢の船客、手振っている

一方、私一人乗客のこちら逆潮の船、、、

「燃料代にもならんねえ」 「お客さん喜んでくれれば」

常時6ノット、時速約10KMの水流は休む事はない

昇り2時間40分、、、下り1時間40分、その差歴然!

「韓国 初級旅 その8 昌徳宮」・・・・・T.H.

桜と新緑を訪ねて津軽の旅-1」・・・・・手打ち庵

Tue. 15 May 2012

やっとネットの繋がる処へ降りてきました・・・・・ネット不通のお山の分概略は、下記14日分参照して

日本時間午後10時前、、、超お気に入り人口3700人の街、ザンクト・ギルゲンの宿にブラリ気紛れチェックイン!

モーツアルト泉前の1415年創業の老舗 ”Hotel Gasthof zur Post”  ツア・ポスト旅籠ですたい・・・

矢印が宿泊部屋、バスタブ付き!

富山あたり編」・・・・・さすさら

シャーフベルグ山早朝トレッキング

Mon. 14 May 2012

ザルツブルグからバス1時間⇒船45分⇒登山列車35分掛けてやって来ました

シャーフベルク山頂のロッジに投宿中

眼下にアッター湖・モント湖・ヴォルフガング湖など

世界遺産のザルツカンマーグート湖水地方にどっぷり浸り中

この地から採取された岩塩が支えたハプスブルグ帝国

「皆さん日帰り、、、宿泊までして下さって大歓迎っす!」

どうやら私一人だけが今宵の客人のようだ
♪サウンド・オブ・ミュージック♪に登場の登山列車に乗車

ザンクト・ヴォルフガングの町からシュッポ・シュッポと

ゆっくり景色楽しみながらの35分間、あっという間の夢の世界

往復料金¥3000、山上の景色見てロッジでランチして・・・

それに比べたら私のお買い得プランは

往復列車代+宿泊費+朝食で¥7000!


一晩居れば夕陽赤く+朝焼けショーだって見れるのに、、、

あ~、、、勿体無い!?
時代の流れ、、、今はオイル使用の蒸気機関車です

夏季限定で一日一往復1800年代製の石炭の蒸気機関車が

牽引するそうですが、ノスタルジア鉄道ファンで予約殺到らしい

このお宝列車、、、とても大切にメンテナンスされています

Sun. 13 May 2012

Hello from Austria!

「ザルツブルグでそこまでやる?

Sat. 12 May 2012

ネットで探したザルツブルグ郊外の格安旅籠、、、これが彼のトラップファミリーが実際に住んでいたお宅
トラップ一家が亡命の後、修道院施設で使用されていたが、最近民宿のような形で営業始めたとの事・・・・・
(物語は実話に基づいたもの、映画でのトラップ一家の館はヴァンパイア言うようにロケの為に使用した館)

大佐の部屋やマリアの部屋はどれもスイートで少々高め、でも私の部屋は末っ子の男部屋
屋根裏ではありませんが、こじんまりとしたタイプ、、、朝食付いて¥8000! でも朝飯は皆同じ!

この際 ”The Sound of Music” に浸ろうと、、、マリアと子達が唄いながら渡ったモーツアルト橋
から旧市街入り、、、「馬洗い池」 「レジデンツ広場」 トラップ一家が感動的な ♪エーデルワイス♪
唄った音楽会場 「フェルゼンライトシュ-レ」 ナチスに追われ身を隠した 「ペーター教会墓地」 など
高校時代に遡った気分で散策、結構ミーハーしています

2階の部屋に居てますが・・・

ザルツブルグ郊外の一軒屋でネット環境悪く、、、じっくり自然と向き合ういいチャンス!?

(今は館の事務所内のLanを一時使用させて貰ってアップ中)

Fri. 11 May 2012

山から降りたら腹ペコの段

あまり天気良いので AustriaAlps トレッキングやって来ました。 写真クリックして下さい。

オーストリアはウィーンから始まるアルプス山脈・・・

南北逆ですが、、、西端はフランスはアヴィニオン辺りまで延々1200KM
そのアルプス東端望んでいます

スイスと同じ思考回路になっています

人間其のものは素晴らしい、、、が
人間の創った如何なる文化・芸術もこの自然の前では只の物!
インスブルック街が直下に・・・でも街の無い自然もいっぺん観たかった!?

イン川の北側の標高2300M程度の山頂からのショット

谷間のずずっと奥はやって来たヴェローナ
欧州西方面です

ローカルなインスブルック空港も見えますか?
西から東へパンする、お宝動画です

もうこんな天気が4月末からずっと続いてますが、、、もう降る頃でしょう

Thu. 10 May 2012

ミラノ⇒インスブルック移動編

オーストリアへ移動する前に、、、駆け込み掲載です

「究極の愉快でNO1のイタリアン・グルメ

Wed. 09 May 2012

「もう、そろそろ帰っておいで。日本が恋しいだろう!」

おーい、さすさら、、、そんなに云わんといてえ・・・・・未だ道半ばやのに!?

ミラノのパンザロッティ堪能の段

Tue. 08 May 2012

オーストリア国境近くの街

Bolzano

ヴァンパイアの
「そんな遠出せずとも、、、」通り

ミラノから330KM、4時間弱のドライブ
今日ばかりは運転疲れが残っている

帰路加えると計720KMの単独運転!
もうすぐお年寄りにしては頑張った!?
褒めてあげたい・・・・・
5000年前そのまま姿で発見の
エッツィとは対面ならず・・・・・

今日は月曜、博物館は休館日

しかしこの街の感じはイタリアではない
正にドイツ・オーストリアの様相呈す処

単に美しいだけでなく、そこに生活が
満ち溢れているので余計魅惑される
そして驚きは隣接の村々・・・・・

歴史と伝統のワイナリーが林立する様は

まるで絵葉書の世界!


360度見回してその途切れの無いワイン畑
こんな具合に醸造元では
自己のブドウ畑毎にブランド・ワインを製造

街道筋の直販所にて試飲・直売

価格はミラノ市価の半額以下、、、
多くの客、箱ごと購入のワインを車に
詰め込んでいた

Mon. 07 May 2012

何という幸運!

ダヴィンチとご対面!!!

Sun. 06 May 2012

グリンデルワルド⇒ミラノ移動編

午前零時過ぎのミラノ

目抜き通りに人だかり・・・
此処や!

ミラノっ子魅了する

超人気店だそうな

”GROM”
「どう、気に入った?」

「旨~!」

ボリューム満点のジェラート

しかも一つ¥250!

「滞在中は毎日通わな」

ドーモでなくて・・・

ジェラートで始まったミラノ

Sat. 05 May 2012

長~い、一日の始まりです、我等体調万全!

しばらく音信途絶えます、、、取りあえずアップしておきます・・・・・

Zermatt⇒Grindelwald移動編


速報版です!

スイスの女子学生はお茶目!?

教会の鐘の音」に思わずピシャッと襟正し・・・

もういっぺん観れて納得!」(9M動画)

ドクターにしてみれば、、、後ろ髪引かれる思いでツエルマットを後に、、、グリンデルワルドへ!

アルピニスト憧れの

”アイガー北壁”・・・

圧倒的迫力で迫り来て

言葉見失います
”ユングフラウ”に雲の傘

もうそろそろ天候の方

下り坂の予兆ですが

ドクターの独り言・・・

「こげん善い事ばっかりで

罰当たりが待っとうばい!」
世界遺産の”アレッチー大氷河”

面積は東京都と同程度・・・

最大厚みが1KMに達す!

「夢よ、夢、、、覚めたくない」

だそうです、完全に嵌りました

ドクターすっかりスイスの虜

Fri. 04 May 2012

早朝、、、いつも寝坊のドクターは夜明け前に部屋出て、お山の朝焼けショー観に出掛けました。
彼の今までの人生には存しなかったある種の「感動」をもう一度、記憶の回路に埋め込もうと・・・・・

 撮影地点とは高度差僅か数百メートルの「Matterhorn動画」観て、雰囲気少々味わってみて下さい。

予定変更して、、、急遽もう一度別角度からのお山との会話楽しみに出掛けます、、、
グリンデルワルドでの楽しみ減じてでも、此処ツエルマットに留まるべきだとの判断からです。

Matterhorn,,,,,The Mountain

「関西花便り かきつばた編」・・・・・はなママ&パパ

Oh my God!!!

"The Mountain" の朝焼けショータイム・・・・・

朝飯たらふく頂いて、、、お山の傍へと馳せ参じたいと思います・・・・・

Thu. 03 May 2012

ミュンヘン⇒ツエルマット移動編

Wed. 02 May 2012

本日は、ミュンヘン⇒ボーデン湖⇒コンスタンツ⇒ツエルマットと大移動 暫し音信途絶えますので

ローテンブルグ⇒ミュンヘン移動編」 どうぞ!

「関西花便り レンゲソウ編」・・・・・はなママ&パパ

ローテンブルグ旧市街のとある門

此処を潜り抜けて・・・

早朝散歩兼ね美しいショット狙いです
”中世の宝石箱” の表現がピッタリ!

本当にそこだけ時が止まったような

タウバー渓谷、、、

これはハウステンボスが逆立ちしても

コピー不可なアナログの風景・・・

白く咲くのは桜さんです
借りた車が優れもの、、、

巡航速度ですが安定感抜群!


驚きはこの左側をビューンと追い越す車多々

走行も500KM超えましたが道路料金未だ¥0
ミュンヘンの

ヴァンパイアお勧めの宿に到着ですが、、、

このお花畑の向こう、ホテル側とこちらには

芝生の植え込み内に、市内電車の軌道アリ

「物凄く緑の美しい街やねえ」とドクター


お初欧州に
「南国も良かったけど、う~ん、ヨーロッパは違う!」

Tue 01 May 2012

「関西花便り ぼたん編」・・・・・はなママ&パパ

ハイデルベルグに魅惑され・・・」

Mon. 30 Apr. 2012

「関西花便り つつじ編」・・・・・はなママ&パパ

はなたれ地蔵」・・・・・探検隊

右のJetは普通のエアバス・・・

左のは巨大エアバスA380

これに乗って約12時間
インチョンからの快適フライト

「あと1時間ほどで到着します」
翼もデカイが驚きは

このフル・フラップ!

エアスポイラーおっ立てて減速中

珍道中の始まりは晴れ!

連休突入初日は快晴なり!

最近第二の職場通い始めたABEからのメール
「今週のウイークエンドミュージックがまだお決まりでなければ、BeeGeesの I started a Jokeお願いできないでしょうか?」

I Started a Joke : The Bee Gees ♪

Sun. 29 Apr. 2012

リンダの北京旅行はゴージャスな超価格破壊ツアー、、、一気に3連発ダ!

「北京旅行 その1 その2 その3」・・・・・京都のリンダ

「韓国 初級旅 その7 景福宮と仁寺洞」・・・・・T.H. 

Apr. 2012

「関西花便り 若葉の頃」・・・・・はなママ&パパ

ハロン湾では船客、、、今は艇長として瀬戸内の海を一路西へ!

Fudeさんの艇「DREAM号」に搭載のGPS機器から位置情報発信し、GoogleMap上にピンポイントで現在位置
知らせる極めて便利なツール、、、陸上班の我々にも彼の安全生存航海!?知らせてくれ、大助かりです。

(このソフトはグリニッチ標準時動作に付き、時差9時間の遅れ表示となるので航行中は後追いとなる)