17 July 2012

「祇園祭は宵山」

四条室町通りのホテルで一風呂浴びて、昼寝して・・・・・

そろそろ陽も傾き頃、、、宵山楽しみに出掛けましょう

ホテル前は「菊水鉾」

室町通りを真っ直ぐに四条通に出ると、そこには「函谷鉾」

振返ると鉾に乗っかる渡り廊下もあります、ゆかりの品々購入すれば鉾上がり可能です

烏丸通り突っ切って、更に八坂神社方面へ進むと・・・・・

彼の有名な「長刀鉾」、祇園祭のクライマックスとなる山鉾巡行では

この前部に生稚児さんが座上、、、32基の山鉾の中にあって唯一、生き神様の鉾として集団の先頭務めます

生稚児さん輩出の家庭は、最低でも3000万円の出費は覚悟せねば・・・・・

リンダを誘いに彼の棲む、三条通のお宅前には、辰野金吾さんによる、旧日銀の歴史的建造物がありますが

今日はお琴と唄のコラボ会場と化しています

これは信じられない光景、、、、、車両の全く排除された烏丸通りでございます

新町通りにやって来て

「北観音山」のお宝拝見

山鉾のみならずこうやって、町内のお宝ご開帳も此の時期ならではのもの

「この暑さ、なんとかして」

こんな町の風景は素晴らしく印象的!

蛸薬師通り突っ切ると、「南観音山」の鎮座

「まあなんて可愛い!」 って、リンダママ思わず

動画でその様子伺えますよ

京都のリンダが何かぶつぶつ云うてはる・・・・・

「こんな京都ぶらぶらも愉しい!」

四条通りは終日人・人・人、、、歩行者天国時間になって更にこんな具合

「蟷螂山」、この山はリンダママお気に入りのようだ

屋根上を良〜くご覧下さい

判り易く模型の設置・・・・・あの緑カマキリ(蟷螂)が生きてるように動くらしい

32基全て観て廻るのはしんどいもの、、、「次は綾小路に行ってみる?」

「あんた、老眼鏡かけたら見易いのに・・・」

綾小路通り西方面・・・

こちら東方面望むの図

この建屋は素晴らしいと思いきや・・・・・

やっぱそうでしたか? よく読むように!?

余りの混雑対策に、こんな狭い通りでも一方通行、もちろん人間様専用の

一つ通りまたぐと、今度は北への一方通行・・・

何と可愛らしい 「綾傘鉾」なんでしょ!

「鶏鉾」です

陽もすっかり傾いて、善い頃合の時間帯となりました

再び「函谷鉾」へと戻って来て・・・

ようやく気温も快適? いやまだまだくそ暑いようです

超お宝の「長刀鉾」

動画で観れます

「3000万出す位なら、他に何か無かとね?」

「そろそろそっちへ向かう?」

午後七時半の予約とっていた御幸町三条下るの食事処

ミラノのTomoちゃん実家前、、、「ここは美味しいし、旅行者来いひんしお勧めやで」

三人ともお初入店・・・・・

「天邑」さんです、、、超有名な「俵屋」の姉妹店でカウンター席のみ

嬉しそう!? 冷えたビールが飲めるぞ!

初っ端ゴマ豆腐の上品で濃厚な味、、、これでお後も期待出来るというもの

生湯葉のてんぷら

加茂茄子のてんぷら

ウニぎっしり!のてんぷら

琵琶湖産稚鮎のてんぷら

まだまだ色々ありましたが、、、〆は小天丼

ついつい暑さに負けてビール飲み、真っ赤な顔の私、、、食事のレベルの高さ垣間見る三人の表情?

冷製ジェリーのスッキリデザートで口中さっぱりと・・・・・Tomo、美味かったぞ、故郷懐かしいやろ?

1階のギャラリーには32基の山鉾のミニチュア、、、「よう作っとう!」

天邑(てんゆう)
中京区御幸町通三条下る海老屋町
075-212-7778

すっかり夕闇降迫る頃合で、、、一層宵山気分増そうというもの 八坂方面は四条通り北側を、反対方面は南側の一方通行

「長刀鉾」もよりゴージャスに・・・

午後10時近くだというに人の流れは途切れません

動画にて雰囲気愉しんでチョ

四条烏丸の賑わい! 流石は日本三大祭りの雄、祇園祭だけの事はあります

ぐるり、、、宿近くの「菊水鉾」に戻って来ました、昼とはえらく違った印象受けます

明日のお祭りクライマックス、山鉾巡行が大いに楽しみな今宵、、、コンチキチンの音色が夢に出て来そうな気がします

では