24 Apr.  2012

「真面目なラーメン屋さん」

小春に呼ばれて庭に出たら・・・・・

「判ってんの!あれだけママが待ち望んでいたお花が咲いてるよ」

「はあ、、、これ? ごめん、ごめん、桜・桜に浮かれてすっかり気がつかなかった」

ライラックの花のふくよかな香りが伝わってくるのです

植えて数年以上、、、ようやく小春庵の庭に馴染んでくれてありがとう!

話題は180度転換!?

昨日のローカル局番組で紹介のあったとあるラーメン屋さん

3代続いている大牟田駅近くの人気店との事

お昼少々過ぎていますが繁盛している様子

「どうですかね?」

「とんこつラーメンを、真正面から真剣勝負で取り組んで客に提供し、六十数年・・・」 といった内容の番組

「それを見て2時間半かけて博多からわざわざ来る?」 って、、、皆さんきっと思ってる事でしょうね?

コクのある懐かしいとんこつスープ、、、手間ひま掛かっているのは容易に想像されますよ

先代は他界されていて、写真左が2代目、脳梗塞からカムバックしていますがその間店閉めずに

初代からの味出そうと頑張った娘と婿さん、 「こんな味じゃなかった筈」 との厳しい客の叱りを受けつつもなんとか

3代目としての道歩み始めたという、、、とても心温まる物語持つ店

「新たに店出したりせずに、此処でなんとか美味しいラーメンを出し続けます」 なる2代目の言葉はとても印象的だった

同じ大牟田名物の店が近くにあるとの事でやって来ました

店構えは立派で高級品指向と?

京都ではアリマセン、、、懐に優しい饅頭さん達!

「店内で食べてもいい?」 「ハイ、お茶どうぞ!」

ペロッと5個一気に!

似たような店がありますが、、、お間違え無き様・・・・・

ローカルフーヅ食べに来るのに、高い高速料金払う訳には行きません

またまた2時間半掛けての一般道経由の戻り道・・・・・

こんな道があるのご存知でない方多いのでは

田園地帯に閑散とした通行量の自動車専用道路・・・・・

此処はご存知福岡七区、、、自民は古賀 誠の選挙区

やがて見えてくる分不相応な建築物

これだ!

地盤沈下で2本の巨大橋脚の高さが揃わずに!?開通大幅に遅れた曰く付きの 「MAKOTO橋」

バブル全盛時の遺産、、、その後のドタバタで予算思うように着かずに

未だ全線開通となっていない 「MAKOTO ROAD」

これだけの自動車専用道、未だ料金徴収出来ずにいる、、、チャンス!?

ずずっと佐賀空港取り付け辺りまで全線約30キロ余り

当然ですが、佐賀大和インターに乗っからず、、、有料背振トンネル迂回して山道経由博多へ戻ったエコな!?一日でありました