23 Nov. 2011

「トレッキング at 釜山金井山 前編」

宿泊先のX'masイルミネーションは眩いばかり、、、キラキラ模様の夢にうなされ!?

一夜明けて窓を開ければ、、、快晴! 先週末投宿以来ずっと雲一つない空

此処で一計案じ! 「喰い尽くめやけん、ちょっと散歩してみる?」 「いいねえ」と、さすさら

此処は地下鉄一号線 ”温泉場”駅 実はこの西に名山の金井山が位置するのを知らない彼

先ずは健康志向の朝飯とろうと水産市場にやって来て、食堂のおばちゃんに身振り手振りで希望の品オーダー

隣席のおっちゃんの助けもあって 「どうやら通じたみたいやな」

二人して、これは美味い!を連発・・・・・ お一人様¥340にまたまた感動

「予期せん朝飯やったけど最高やな」 受けまくっておりまする 「こんな処に潜り込んで喰った日本人は居ないやろな?」

気分良くしたさすさらを巧く騙して!? 金井山のとある登山口へやって来て

よく読むように!?

「これから散歩か?」 「そうばい、此処は釜山っ子人気ナンバーワンのトレッキングコースたい」

宿泊先のネットで調べると、、、「花崗岩の風化が激しいので、美しい奇岩絶壁を眺めることができる釜山最高の名山です」

これしかないと決め打ちのトレッキング、、、うっしっしっし、さすさらは半時間あまりの散歩と思っている

いきなりですが、、、巨大花崗岩! 「それにしても凄いもんやなあ!」

ややあって第一目的ポイントの 「東門」着

「釜山を代表する文化史跡金井山城、、、長さ17Km、城壁の高さ2〜3m、総面積は8213平方km
釜山市の4つの区、そしてお隣の梁山(ヤンサン)市にまたがる韓国最大の城壁で、釜山を屏風のように取り囲んでいる」とある

何とご立派な東門でしょうか 東西南北4門の中で中心的存在

ここで明かした私の本音 「参ったなあ!」 「もう遅かりしばい」

登山口⇒東門⇒北門目指すこのルート

Oh! マイゴッド!

懸念は靴、コレっきゃない!?

カチカラスをしばしば眼にしますが、、、飛翔の姿を撮りたかった

ずずーっと城壁に沿って行けば、いつしか目的の門に到達するというお気軽ルート

あそこからこちらまでやって来ました、、、もう引き返せません

次第にこのルートに魅了されて来ています

ホテルの窓から眺めたお山さんが後方にクッキリと・・・

この河を下ると金海国際空港が・・・

目指すはあちら

眼下に見事な紅葉、、、そして巨大花崗岩の珍景!

山城延々と続くの見てさすさら 「万里の頂上並みやなあ、秀吉軍も苦労したやろなあ」

絶景の連続にバッテリー切れ!? 「予備3個も持って来たんや」

よか眺めにまたまたうっとり!

ソウル郊外の山も同様の景観でしたが・・・

こちらの方がより刺激的、、、大崩山髣髴とさせる見事なもの

山ガールに撮ってもらいました

街並みと紅葉と奇岩!!!

「吸い込まれそう!」 「落ちるなよ!」

晩秋の陽光で気温10度〜

惚れ惚れする景観

長城の保存具合も良好です

振り返って見るとこんな具合

案内によれば、、、
「建てられた時期ははっきりしていませんが、城郭や門の模様から見て新羅時代に外敵から守るために初めて作られたと見られています」

Oh! 「北門か?」

甘かった、、、望楼の一つでした

こんな角度で番兵は、朝な夕なに駐在していた筈

「しかしまさかこんな山登りさせられるなんて、、、思ってもなかったなあ」

私は何も聞こえぬ振りして、、、「こんな快晴の元の山歩きは最高!」

登山口より2時間経過、、、

あの高級靴!?でもって

金井山山頂を極めたのであります

景色はもう云わずもがな・・・・・

気分爽快であります!

続く・・・・・