14 Feb. 2011

「ミニ蛸壺会 in 南国」 Part3

明けて三日目、、、「おはようさんです!」

BTSでチャオプラヤ川船着場へ向かっておりますが・・・・・

駅横の巨大コンドミニアム 4月オープンのセントレジス

大阪にもあるシェラトン系の最上級ホテルであります 此の地でよくある低層階ホテルで上層がアパート(分譲価格¥5000万~¥3億完売)

「すぐ忘れるんやこの駅名」

サパーンタクシン下車、またまた待機中のオリエンタル専用船に乗船します

この手のロングチェア備える専用船はお初、、、お客座らせてパフォーマンスでもやるには最適かも・・・・・

こちらはシャングリラ・ホテルコンプレックス  遠く見える塔屋にドーム備える高層アパート、建築途中にデベロッパー倒産以来数年雨ざらし

ドクターのカメラねらい目は、、、

THEオリエンタル

あちらテラス席での豪華朝食の為の訪問ですが、満席かな?

運よく待つ事なく取れた席にて寛ぎの一時

先程来飛来する何とも云えぬ香りの源はこれだ!

「3切れほどお願い」

絞りたてフレッシュ・ジュースの数々11種、コレだけ見てもこのテラス朝食が高評価得ているのが容易に理解出来るというもの

そろそろエンジンが掛かってきたようですが・・・・・ 「フルーツ、そんなんでいいとや?」

「いや、試食して本番しようとしただけ」

これが本番!? 「お前、朝からようけ喰えるもんやねえ」

畑の段階で完熟させられた果実の味は想像絶するレベル、マンゴにメロンにスイカにジャックフルーツ 千疋屋総本店で喰ったらこの皿¥3000!?

ジュースだって専用の搾り機で・・・・・

あっ、ドクターの果物3皿目やんかあ、、、

加えて 「これはリンゴ2個分たい」

スタートしてもう1時間半経過していますが、〆にオーダーしたのは米麺の鶏スープ、味付けは3種(カップ内)お好みで

このテラス朝食の凄いのは、卵なり麺なり好みを伝えておけば即対応してくれる点、メニューは無いけど想像力駆使し朝をエンジョイしましょ

スープの出汁が秀逸!

「あ~、満足・満足!」 「これは俺が持つけんね、任せやい」 「いいとや本当に?」 またまたゴチになりもうした

Mandarin Oriental, Bangkok

Reservations

朝食後にもう一度、ホテル内散策

メインロビーは常時花の香りで包まれていて、ゲストの心和らげてくれます このメンテナンスだけでも相当なものと見たが・・・

こんな飾りは稀有?

オーサーズ・ラウンジへやって来て、天井眺めています 此処はバンコクのセレブ憧れの婚礼披露宴の場

2階のブラインドから

新婦は結婚衣装で着飾って顔見世し、、、新郎待つ1Fラウンジへ階段を下りて来た後、披露宴開始となる寸法です

探したらありました、こんな飾り付けでした・・・・・

2008年写真

アットホームな宴

こちらはウェイティング・ラウンジ、、、ホテル主催クルージング乗船前カクテルはここでいただきます

これも2008年回想写真ですが、食前酒の後乗船しディナー付きナイト・クルージングを愉しんだのでした

南国の時間感覚は、北に棲む我々とは全く違ったリズムで奏でられますから 相手が時間に遅れた位でカッカしたら我々は負けです

ありゃあアイツ、訪タイ以来ノリノリモード 「ようやるわなあ!」

「いやあ良かった・良かった」 「バンコク最高!」

左より ペニンシュラ 遠くにヒルトン その右はシェラトン 電波塔のビルはタイのNTTみたいなもの

それぞれホテルは送迎船準備して顧客への対応やっています ¥0です 我々にとってこれを利用しないのは勿体無い・勿体無い

NTT手前に オリエンタル そしてシャングリラ とこういう並びです

BTS駅乗船埠頭到着です

駅ホーム上がって来て・・・・・

「またまたアイツ、今度は学生さんや?」 「ちょっとね、いい音楽聞かせて貰いようと」

17歳の高校生

BTS駅終点 ナショナル・スタジアム下車徒歩5分 ”ジム・トンプソン博物館”着

アイツからのリクエスト 「ジムトンプソンで買い物したいんやけど」 「よかばってん、彼の人となり知ってからの方が賢い買い物できるぞ」

我々オリエンタルから

ずーっと引っさげて廻っているこのボックス、中身でしょ気になるのは?

これです、蓮の生花

蕾を開かせカッティングして貰って見事なデコレーションとなるようお願いした特注品! 花屋さん無くてもこんな無理な注文聞いてくれるのです

帰国後10日間ほど

我が家を飾ってくれる事でしょう

社の飾りは

ジャスミンの花 黄色の花は違うけど白い花飾りが辺り一面いい香り放っています

クンクン

そろそろ約束の11時過ぎ

日本語ガイドの館内ツアーの始まりです ジムトンプソンが生活した館は貴重品の山、勝手に廻る事は出来ませぬ

またです

では案内始めさてもらいます、、、、、昨年7月此処を訪問した頃からして喋りの上達振りには驚き

「上手になったね日本語」 「ハイ、毎日大好きな日本のお客様に喜んで貰う為勉強してます」 「えらい!スワイ!」

ジムトンプソンのお宝コレクション見て周り・・・・・

チーク衝立

プリント版木

素晴らしき彼の住居内は全て撮影禁止、美しい家具調度品に古伊万里や中国磁器、インドシナ仏像関連多々案内時間は約35分でした

バンコクでの寺院見物も宜しいかと、、、でも直射日光遮られたこのジムトンプソンの家巡りもお勧めします

ワイのポーズ

「あんた、様になって来た随分と」 「そうやろ、気分はもうすっかり現地の人」

「来て良かった!」

一旦アパートに戻って休憩タイム これは非常に大切な時間、、、南国では特に怠りなき様!

再び、、、

「僕、行ってくるよ!」

「今度は編集長の時間たい」 日本からのお土産 福砂屋のカステラ3本携えて

プラチナ・モールに

やって来て

ベルとご対面

別棟の店舗で頑張っている

ボーとも

末娘ビームが社長さん

長女も次女もキャビンアテンダント辞め、ビームの経営する3店舗切りもりする毎日、この他にオリジナル商品の輸出までこなしている3人

超忙しい週末土曜日の午後、今や日本では見られなくなったもの凄い人出、商売の邪魔にならぬよう早々と別れ告げ買い物に出掛けましたが・・・・・

ベルから携帯電話にメール

It is good to know all of you have had a wonderful time here. I am so sorry we could not manage to spend more
time with you, especially today when you came all the way to see us. :(   (But you all were busy as well, so maybe
that is good in a way that you had more time to go around with your friends!)  All of your gentleman friends are
very nice, please send them my regards.
We made the record today, best selling of the year!  It was a really busy
but really good day for the business, maybe you have brought us good luck!  

Happy Birthday to all of you again!
Have a nice flight home!

Bell :)


ps.  Thank you so much for the traditional japanese present. Bo and Gift are going to Gift's parents tonight,
   i think they are bringing it to share with the family. :)   Must be yummy! 

繁華街タニヤ通過して

眼も呉れずにね・・・・・

「そう、此処たい」 ジムトンプソン事前勉強してからのお買い物は違うと思いますが

尚、店内撮影できません

ジムトンプソン直営2階のレストランで我等3人ランチしようと云う事に・・・・・

スパイシー炒め

鶏あんかけご飯

名物バナナの葉鶏包み焼き

「美味いなあ!」

トンプソン・スパゲティ

お買い物に1時間以上要したドクター 「どうやったんや?」 「吟味したっちゃけん、お土産喜ぶと思うよ」

再びBTSの人、すっかり此の地の雰囲気掴んだ三人 「良かねえ南国は、、、芯から開放的になるもんね」 「成り過ぎ!」

そして巡ってくる晩飯タイム、、、、、近所のデリカテッセンで購入したものを

好みのスタイルで調理して、、、セルフでっせ!

野菜もネ

テンダーロイン・ステーキ、、、やっぱ糸島産には適わんなあ

ハイ、お待ち!

「これが出来るのがいいねえ、アパートがあると」 

デザートのマンゴ

いい香り!

果物の王様のドリアン

臭い!

奇遇と云うか偶然なのか、、、今日はドクターの誕生日、、、、、

さすさらは先月、私は1週間後、Zaikawaはそのまた次の週 「早生まれは賢い者揃い!?」

HappyBirthday!

お隣の住人シンガポールのYanさんもやって来て一緒に祝ってくれました 「あんた、幸せ者ばい」

「いやあ、こんなにまでしてくれてアリガトウ・有難う! 忘れられん誕生日になった!」

午後10:30、バタバタと後片付けし、アパートを後に空港へ・・・・・

あっという間の3日間、、、そして迎えた4日目早朝1:00前

スワンナブーミ国際空港にて反省会? いや次のよからぬ相談会?

「こんな楽チンツアーやったら幾らやってもよかねえ」 

「メンバーやろうねメンバー、これが何とも良かったと」 

「男は60代からやなあ勝負は!」

付き合い始めて四十有余年、いつまでも絶える事ない友人関係こそ我々人生のお宝であるのを痛感した超充実の南国4日間

スイスの山歩き経験して以来、すっかり変ってしまった私の思考回路・・・・・
人間のお造り遊ばしたどんな豪華なホテル・神社仏閣・お城に王宮、、、逆立ちしたって自然の前では単なる箱物
わあ~凄い・ゴージャス・美しい云うたって、単なる平面的な非日常気分に浸った程度の感覚、、、忘れますきっと
それよりも何よりも、今回の旅の仲間との共同行動、市井のそこかしこで見る人間模様、聞こえてくるざわめき・騒音
加えて、直に接する他国の人間との交流・生まれるふれ合い・・・・・琴線に触れ・高揚から感動へ、、、忘れません多分

さよなら・アディオス・サワディークラップ!!!