16 Dec. 2011

「千載一遇の部屋アップグレード顛末記」

本日の移動はホイアン⇒フエ

古都フエには到着したものの、ホイアン在住のドライバーの彼、我等の予約宿地理には疎い・・・・・

こんな時役立つのがネット、、、今回の訪ベトナムでは国内航空券、ホテル予約、観光及びレストラン情報全てネットで決まり!

ベトナム中何処でもネットは繋がるので只今 ”ホテルの位置を教えるの図” 「何で日本人の私らが教えなあかんの」

実はダラットでのANAマンダラ宿泊・・・えらく気に入ったのでチェックアウトの際 「ベトナム国内にANAの姉妹ホテルは?」

「フエのビーチに昨年オープンしております、是非ご利用ください」

早速ネットで予約入れ、ホイアンより一直線! 堂々の到着!?

問題なるは支払いの儀? 全走行139KM、料金は? 1,539,500.ドン(邦貨¥5700)

JR博多駅〜諫早駅に相当の距離でタクシーなら? ¥47000! 

しか〜し、、、旅慣れた!?二人、そこはしっかり編集部技使って 「メーターじゃなくフエのホテルまでチャーター受けてくれる?」

「ようがす、、、120万ドンで行きましょう」 「カモン!」 ←(39の事)

「チャーター走行でも、一応メーター表示はさせてください」 で、割引率が確認出来たという訳、、、

安全運転心がけてくれて快適な3時間半のドライブ、当然心付け渡して別れました

ANAマンダラ・ホイアン着、、、ダラット同様温かな出迎えです

シンチャオ!

お隣は海、、、ラ・メールですたい

移動日が雨ならノー・プロブレム、、、チャリで観光ならたまりませんが

「こちらです、どうぞ」 「手前に洗面、隣がバストイレで・・・」

「奥にリビングかあ、っえ寝室どこや?」

「あの丸コーナーはミニ・バーやしなあ」

「階段から2階へどうぞ」 

テラスは気分爽快! 夏・夏・夏・夏・ココ夏ではないぞな、、、台湾よりもずっと南なのに・・・

「ひゃー!広い、、、でも、ダ・ブ・ル?」 「エクストラベッドお入れしましょうか?」

2階にメインの水周り・・・・・

バスにトイレにシャワー室・・・・・

ダラット同様猫脚です

「さてっと一風呂浴びるか?」

快適なお風呂は旅の疲れ癒してくれる筈や、、、ン!待てよ、熱い湯はどうしたん?

「熱いお湯が出ないよ」 「係りの者向かわせます」

設備のおっちゃん悪戦苦闘半時、、、直りません、、、事態は急変するのである

「申し訳アリマセン、お部屋グレードアップして貰えませんか?」 「っえ?差額はどうなん?」 「当社持ちでございます」

このコテージやそうな・・・・・

「いいやないですかあ、メゾネット・タイプよりこっちの方がええんと違います?」

しかも恐怖のダブルじゃない!

「セキュリティーボックスにパスポート入れて、、、」

急ぎ編集部セッティングし直して・・・

水周りも使い勝手良さそうやしなあ

やっぱ猫さんや

「そこのテラスから顔出してんか?」

「こんなんでどうですか?」

ひと悶着のお陰で、、、ホテル棟⇒コテージへの引越し済ませ

「当たり前なら此の部屋、料金高いんやろなあ?」 「待って、、、ネットでチェックっと、何と2倍の料金やないかあ」

こういった嬉しいトラブルは大歓迎!

折角のANAマンダラ・ライフ、、、大いに満喫させて貰いましょう・・・・・

続く、、、