02 Jan. 2012

「ベトナム屈指の人気スポット ハロン湾 Part3」

"Ha Long Bay Part3"

Cat Ba島の中央部、国立公園内でのトレッキング終えて

島南端の港町にやって来て、、、とりあえずホテル・チェックイン、ネットと離れて過ごしていた2日間

急ぎメールチェックを終えたら、ランチ、これもツアーに込み、助かります

風光明媚な港町、ホテルのチャリお借りしてウロウロしています

通りすがりのCaffeに看板が、、、マッサージ1時間¥450

早速入店、、、「何処でやって呉れるの?」 「その椅子にどうぞ」 何の事はない喫茶店の普通の椅子

でも腕は確か、すっかり寝こけてしまって爽快感は? そこそこってとこか・・・

再びチャリで海岸線のプロムナードを通過中、あの海に浮かぶ牡蠣小屋みたいなのは?

やっぱり思った通り、活海鮮食材料理の店

小舟に乗ってあの店目指しておりまする

内容はグルメ後編で紹介済み、満腹になって乗船した岸壁に戻って居ります

この後、ガイド役Hi君の案内で夜の街へ繰り出す事に、、、

ぐっすり睡眠のお陰で気分良好、、、北部の港に戻ったら、あの船が・・・・・

早速乗船しデッキでお休み

本日は別ルートを通るとの事

T.H.さんのメールにあった 「ハロン湾、やはり聞きしに勝ります。桂林よりすごい!」

check the Movie!

天気晴朗、且つ波穏やかなり!

「こんなんだったら何時間乗船しててもええですわ」

ぐっと岩場に接近して

あそこから入ったらその先は?

本船はポンツーンに仮留めし、手漕ぎの小舟に乗り換えて・・・

「此処を潜る?」

「ほお〜!」

別世界の展開に歓声!

香港からのカップル、撮って

撮られて、、、香港へ何度も行った話ししたら、、、「そうですか20回以上? 詳しい筈ですね」

「今や香港も物価高で、こうやってお金の使いまいあるベトナム放浪です」

ありゃ何だ?

ブリスベンの家族も小舟チャーターして楽しんでる

こんな奥深く進入して楽しめるのは小舟のお陰、、、旅を飽きさせない諸々企画に感謝

又もやトンネル発見!

漕ぎ手のおばちゃんに頼んで潜ってもらったら、、、またまた違うユートピア!

見上げたハロン湾観光、、、恐るべし!

シャッター音連続!?

女性上位目立つ香港九龍のプロムナードで感じたのとちっとも変わらぬ二人の雰囲気 「嫁さんに牛耳られとるで」

「我が家も!?」

左手は学校、右は商店街、、、結構海上生活者多いと見たが・・・

1時間後、再度本船に移って・・・・・

ハロン湾クルーズの母港へと急いでおります

これで超面白かった3日間の海陸休日はお・し・ま・い・・・

しっかり記憶に残して、ハノイへと向かいます

ハノイ市民憩いの場、ホアンキエム湖上のゴックソン島に在る ”玉山祠”

入門口には、幸せと豊かさを現す 「福禄」 の二文字

正殿にやって来て・・・・・

アジアはおろか、遠く欧州まで遠征の13世紀の厄介者 ”元” の進入を阻止した英雄、チャン・フン・ダオが祀られている

深く頭を垂れて此の地の永久の平和祈願

この巨大亀さん、1968年にこの湖で捕獲されたのの剥製、当時はホアンキエム(環剣伝説)の亀だと大騒ぎだったそうな・・・

更に奥へ・奥へ・・・

「これやりたかったんですわ」 「ターザンで馬鹿受けしたもんね」

虎と龍、、、トラブリュ?だけは勘弁して欲しいものだ!?

オペラハウス正面から

アールヌーボー調のエントランス通り過ごし、真っ直ぐ進むと・・・・・

立派な建物が目に入る、、、これは19世紀末の仏領事館及び総督公邸として使用されていたもの

今はベトナム ”国立歴史博物館”

こちらは先史時代のコーナー

「そうやねえ、あんたはそう!その時代の顔や」

私の興味を引いたのはかめ棺墓の数々・・・・・

その時代時代で様相も変化している様子伺えて面白い・・・・・

これは紀元前3世紀のもの、サーフィン文化時代の代表的なものとの説明あり

「何ですか、これは?」

2000年以上前の銅製の鼓、当時は隣国中国の影響は薄く、東南アジア独特の文化遺産

インカ帝国にも似たようなのありませんでした?

こちらは紀元前5世紀の銅製片面太鼓の上面、、、重要な儀礼でのみ使用された富と権力の象徴、、、

儀式ではこの鼓取り囲み杖で上面を叩いたとある

この時代の日本いうたら縄文土器や貝塚の頃、、、当時ベトナムは遥か先行の文明で日々の暮らしやっていたのだろう

あのデカイ亀さんは?

明” から独立勝ち取ったレー・ロイの功績を称えた石碑

「神から授かった剣で勝利したレー・ロイが湖に棲む龍王の使いの亀に剣を返した」というホアンキエム伝説

ハノイ訪問される方は覚えていて損はありません

2010年オープンしたばかりの当館

系統だって益々その展示物増加するのだろうが・・・・・

「ほお〜、これはこれは」

「千手観音様やないですかあ?」ってな具合でゆっくり廻ったら、直ぐに半日は経過する事間違いなし

「なかなか善いものばかり、、、雨の時なんかに訪れるといいかもしれません」

そして愈々、、、ホーチミンに始まった3週間のベトナム旅も、多くの予想以上の成果をあげ幕引きです・・・・・

本年3度目の訪ベトナム、、、益々国が、人々が好きになってしまいました

年末の日本に向けた便は空席目立ち、お陰でのっけから到着まで一列占有しベッド同様

翼下には玄海島、右手に大机・小机島挟んで糸島半島確認

朝陽眩しい日の出の午前7:20、志賀島と能古島が見えたら空港も近い!

総枚数2500枚越す写真から選んだレポートの数々、、、長々のお付き合い有難うございました

how was your look at the total 900 or more number of photos ?

again, thanks for your patience !!!