31 Dec. 2011

「ベトナム屈指の人気スポット ハロン湾 Part2」

"Ha Long Bay Part2"

Par1から少々間が空いた感無きにしもあらずですが・・・(Ha Long Bay Part1is here!

2000以上の島々や巨石群から成るこの地域

ハロン湾は広大な海域有す世界遺産です

*印に錨泊した後、暫しうたた寝状態でしたが・・・・・

夕暮れ時過ぎて、、、そう今宵は偶然にも ”クリスマス・イブ” 「起きて宴に参加せねば!」

キャビンのベッドから眺める景観、、、こういった贅沢さは日帰りクルーズで味わえぬひと時

可愛いツリーが客人お出迎え

テーブルもセッティングされてスタンバイ完了!

(stand-by for the Christmas Eve Dinner)

時間通りに皆さんやって来て開宴待ちます

寝てたのでスッキリ顔の二人!?

中高生の息子二人、、、親父入れて4人組の超幸福家族、オーストラリアはブリスベンから

フロリダからの66歳ヨットマンに、カナダはモントリオールからのカップル

その他、長期7ヶ月東南アジア放浪中のフロリダのカップル、そしてヴァンクーバーからの男二人連れ、奇しくも計13人!?

「ユダはどいつや?」

こういった偶然の組み合わせ、たまさかクリスマス・イブでもあったけど、共に飲み・食いすると自然打ち解けていつしか団結!

延々深夜まで盛り上がった翌朝は?

ハロン湾の日の出、、、獅子岩もクッキリ!

我々のキャビン2号室です

「おはよございます」 「おはよう、早速覚えたね日本語?」

朝食後の団欒、思いもかけないシビアな部分まで熱く、、、原爆投下の段まで突っ込んで語り合ったので仲間意識それはもう・・・・・

Fudeさん 「流暢に共通語喋れたってそれはとっつき、そこから先が肝心なんや」 そうです、海外では旅人の話題の豊富さ

パーソナリティー、そしてマナー、加えてジョーク、、、これらが一体となって初めてより親しく、相手を敬う気持ちになるものです

折角の好天、屋上デッキにて

「気持ちええ!」

予想以上の成果!? 「大・大満足ですわ」

ファンシパン山からずっと幸運続きでとても良過ぎな二人、お後が少々心配になって来た!?

他船もそれぞれに、本日の行動開始の時間帯

皆さんシャッター・チャンス逃さずに

ぐるっと360度、、、何処も撮っておきたいシーン

check the Movie! (ハロン湾動画)

隆起時にねじれ現象でもあったかあの岩は?

船名 ”Poseidon” ってどこかで聞いたような記憶が、、、ありゃバンコクやったか?

航路はキャプテン任せ、、、本船の船長さん、巧みな操縦でより良いルート通ってくれます

「山もいいが、やはり海を見るとホットする」

水面を撫でる様に風吹いて、、、快適さはこの上なし!

そして、とても善い!?仕事してくれた、、、

ガイド役のHi君

途中乗船のオーストラリアからの仲間、、、「船上のメリークリスマスや!」 「それって、何か深い意味あるの?」 掛詞、この辺は微妙!?

そして”ハロン湾2日間組” とはお別れ・・・・・「このHP見たら写真いっぱい出てるよ」 「ありがとう、日本語にもすごく興味あるしね」

一番親しくなった二人ともお別れ、とても辛かったのは何故? 見えなくなるまでこうやって手を振り合った 「縁があるんですわ縁が・・・」

実は別々に戻ったハノイの下町で、偶然見つける事になったのダ!

錨泊地からカットバ島へやって来て、上陸後バスにて

国立公園内の名所に到着

島内の色々な楽しみ方紹介してあるが・・・・・

我々のチョイスは、トレッキング、当然でしょ?

この目出度いオーストラリアからの連中が新たな仲間、未だ出会ったばかりでよそよそしいが、何も心配は要らない

標高二百数十メートルに在る展望塔が目指すポイント

此処で登場のガイド君 「おもろいおっちゃんやで!」

楽勝かと思いきや・・・・・

皆さん結構登攀に苦労している様子、それを紛らわそうと一生懸命のお猿さんガイド

何や色々あって、昇り始めて1時間ちょい、山頂のタワー到達

下に見えるのがスタート地点の案内所辺り・・・・・

桂林には訪れた経験ないけれど、共通点在るのでは?

ぐるっとcheck the Movie!

このシーン脳裏に焼き付けて、タワーから降りたら・・・・・

「メリー・クリスマス!!!」

ハイテンション続行中の日本男児!?

こんな格好までさせられて、、、善い思い出!

Fudeさん 「ターザンや!」

「中々よかった!」 と握手されて、、、

やる気出したはお猿さん、スルスルと上り始めた

約2時間のトレッキングもおしまい

ここで寄り道・・・・・

お猿さん 「ちょっと我が家を見てちょうだい」

「アレ、もしかして?」 「ハイ、私の軍隊時代写真、後は息子の結婚時のと孫、かわいいでしょ?」

いい雰囲気での "Merry Christmas!" 僅か2時間ほどの同行で、やっぱしすごく仲良くなってもうた

これから島の南端にある町のホテルへチェックインします

to be continued 続く・・・・・・・・・・・・・・

(多くの海外旅仲間がHP見ていますので、ところどころに英語表記あり)