14 Apr. 2011

関西花便り(醍醐寺の桜)・・・byはなママ&はなパパ

 

 京都へ行かなくても素敵な桜は地元にはたくさんありますね。

 福岡城の桜、中学校が城跡にあったので周りの風景がとても懐かしかった

ですよ、編集長良い写真をありがとう。

 

 でも、やはりリンダさんレポート以外にも京都の桜も見ましょう。

 10日ほど前に、京都で高校の同窓会を開催しました。

 2日目は、桜観光ということで醍醐寺に赴くことに。

1.ここは、醍醐寺三宝院入り口。 

会の方は記録用の写真担当がいたので、私は好きに勝手に桜ばかり撮影。

左端にリンダさんがいた。

2.3.門を入るとすぐ左に、大きな枝垂れ桜、満開に近い7分以上でしょう。

 醍醐寺は、真言宗のお寺ですが、この三宝院は桃山時代に作られた寝殿つくりの建物で庭は秀吉が基本設計したとされる。

残念ながら撮影は不可。

このとき、吉野山から700本の桜を移したとも言われています。

 

4.5.三宝院の裏手の茶店あたり、ここにも大きな枝垂れが。

 抹茶をいただかないと座って見ることができません。

 

6.次に廻ったのは、貴重な寺宝が収められている霊宝館、建物の屋根に

大きな桜が広がっています。

7.この桜の大きさは一枚の写真に収めることができません。

  ここの桜がいいよ、と推薦したのは手打ち庵さん。

8.さすがに見とれるほど美しいものでしたね。

 

9.最近は桜には勝てなくなったこの人は、これだったら負けてもいいわと

  大変なご満悦状態でございました。