19 Sep. 2010

「おのぼりさんのホリデイ・イン・ワシントン(豪華ディナー編)」

雲ひとつない此処ワシントンの街、さすが週末だけの事はあって大いににぎわっているようですが・・・・・

今朝は早くから起きて、例のご飯炊き、たらふく喰ったらそろそろワシントン行き電車の時間、、、

「チェックアウトお願い、又このホテルに戻って来るけん大きな荷物預かっておいて」

駅に到着!

何て、未だ午前6時過ぎたところ、、、Oh my God ! 「一時間時差あった見たいやね?」(はやとちりしただけ)

午前6:45 ニューヨークのペンシルベニア駅発の電車に乗って・・・・・そうそう、シニア割引適用受けお一人様$20割引!

ビジネス・クラス!

快適なもんです、トイレも美しく(後ろのコーチ・クラスはもっと美化せにゃあきません)

監督のお茶、乗客の一人が寄って来て「ビジネスにはお茶が付いてるよ」でゲットしたもの。 こちらの方は皆優しい!

独立宣言採択の街、全米第5位のフィラデルフィア経由、、、凡そ、3時間と15分でワシントン着。

「どうした豪華なもんね」

建築物としてもその価値アリと云われる ”ユニオン駅” 堂々とした佇まいみせています。

タクシーでホテルまで・・・・・

早速眼に入ったのは、国会議事堂!

続いて、、、ワシントン記念塔、それにしてもこちらの天気、聞くところによれば 「今は雨? もうすぐ晴れるさ!」げな!?

雲ひとつないワシントン、ホテル投宿後一休みする思っていた監督

「行って来るけん」 「ちょっと休んでからにしたら?」 「よか」

疾風のごとく去って行かれました・・・・・

こちら、スミソニアン航空宇宙博物館へと。

此処から入って今頃は、、、写真パチパチ撮ってはるんやろうなあ?

私は、多少寝不足気味、風呂にお湯いっぱい張ってしばし瞑想・・・・・

「そうたい、監督は絵にはあまり興味ないみたいやから」

短い就寝の後、こちら国立絵画館へと向かいました。

収蔵点数12万点以上、それも世界の美術館垂涎の超お宝ばかり・・・・・

”ナショナル・ギャラリー” あまり此処の名は知られてないようですが、、、点数・質の高さからルーブルに匹敵といわれております。

とに角広〜い!!! 館内Map貰っても、どこに何があるのかさえしかと判らぬ広大な空間、お隣東館まで入れたらどうなるの?

そんなこんなで監督は、飛行機詣で、、、、、私は絵画三昧で多少脚はお疲れ気味!?

3時間ほど睡眠の後、夕食処の選択

「和・洋・中 どれがいい?」 「そうやねえ考えるとこやねえ」 「ワシントン名物クラブ・ケーキっちゅうのは?」 「それがよか!」

チャイナタウン中心にあるこの名店、予約なしに入れない客多数、「Sorry but・・・」 残念そうに店を後にされとります。

さてっと、前菜には牡蠣を、、、「どれになさいます?」 「う〜ん、せっかくやけん東海岸産」 「Good choice!」

とろけるようなクリーミーな味、辛し入りケチャップとの相性抜群の牡蠣、昨晩の美味しかった牡蠣と遜色ないものでした。

ワシントン名物はクラブ・ケーキ、いわゆるデカイ蟹の身を一旦ほぐして後団子状にしてオーブンしたもの。

こんな贅沢な食し方日本ではちょっと望めそうもない。

呼子名物いかシュウマイを思い起こしてもらうと判り易いかな?

あれを巨大に包んでオーブン焼きした豪快な仕上がり、蟹の香り暫しテーブル漂っております。

お次は主膳、メイン州産のロブスター、 「こんな大きいの見たことないよ!」

普通なら大きいと大味って事よくありそうですが、なんの何の・・・・・溶かしバターとの相性抜群の味!

割り器でも届かぬ!?

「こんなに頼んで喰いきらんのでは?」 と申していた監督の心配は何処へやら・・・・・

戦い済んで日が暮れて!?

「あ〜、喰った・喰った」 「でも意外とさっぱりしてません?」 「不思議やねえ」

「Check pls」 「How's your dinner?」 「エクセレント!」

ワシントンD.C.、飲食税が10%、それにチップが凡そ15%、結構高い街なんです、、、しか〜し!!!

本日のお会計二人で¥10000以下、 「あのロブスター一匹で日本なら1万円越すばい」、総支払額の問題のようです。

"LEGAL SEA FOODS"

Legal Sea Foods Chainatown店 (もう1軒市内にあり)

704 Seventh St., Washington, DC 20001

Tel 202-347-0007

ボストン本店は Woodman曰く 「クラムチャウダー・スープがお奨めなんよ」

是非とも本家・本元で秘伝の味堪能してみたいものです。

さあ、帰って寝るか?

「ホリデイ・インまで」 「お客さんコンバンワ」 「日本語わかるとね?」

「私、日本大好き! 札幌・仙台・新潟・金沢・名古屋・大阪・京都・神戸・・・・・」

「何しよったんね、日本で?」 「ガールフレンドいっぱいいっぱい」 「はあ、通りでねえ」

「新幹線のぞみ、あれってHOPEいう事やろ?」 「そうたいその通り」 「大好き言葉、のぞみ」

「あんた相当金持ちやったんか?日本で散財して」 「今、貧乏、、、私を日本へ連れてって!!!」

「旅してると面白い事色々あるもんやね、驚いた!」

楽しいベッド・イン前の会話でありました。

オ・ヤ・ス・ミ・・・