08 Oct. 2015

「涸沢カール紅葉狩りトレッキング」

奇しくも本日10月8日は彼の明神池穂高神社奥宮にて年一度の例祭 ”御船神事” が執り行われる目出度い日

今回の上高地ツアー初日は此の地唯一の掛け流し温泉である ”上高地温泉ホテル” 宿泊

二日目からはバス・タクシーの類は利用不可、、、己の脚だけが頼り 大事件発生の明神池経由 徳澤の ”徳澤園” 宿泊

このトレッキングレポートは三日目早朝 徳澤4時半出立の ”涸沢紅葉狩りレポート” である

(徳澤園 ⇒ 横尾 ⇒ 涸沢カール ⇒ 屏風の耳 ⇒ 新村橋 ⇒ 徳澤園  総歩行数34000 走破距離25km)

徳澤園からキャップランプが頼りのこちら横尾まで小一時間、横尾キャンプ場もそろそろ本日活動開始の頃合い・・・

持参の朝弁当済ませ、本日山行きのスタート

横尾橋からの穂高連峰の山並み

早い話、上高地温泉からこちら横尾までは登り降りで標高わずかしか高度は稼いでいない

行く手の左に屏風岩、これをぐるり一巻きするのだ

朝陽さして来て見通しは明るい?

極楽の森林浴やっている

屏風とずっとお友達!?

朝陽の当たる槍ヶ岳連峰南岳

さすさら、何か云ってるの?

「屏風の紅葉が凄い!」 だとさ

中間地点から始まる急登攀、ようやく日本アルプスだ・・・

「いいねえ、いい、すごく良い!」

お日様も高度稼ぎ出して・・・

「何処も此処もシャッター押したくなるようや!」

っん!? 涸沢カールか?

違った、、、本命は左の奥

振り返ると其処には遠く驚きの槍ヶ岳の峰々!

天気益々良好で申し訳ないくらいのラッキー!

ふうっ! が多くなって来た

時間はまだまだ朝7時頃、再び白樺に寄り添って小休止

此処からは一気に展望開けて来て

「すっごいなあ!」 「見た事ないぞこんなの!」

まさかこんな処にこんなジャストタイミングに来ようとは・・・

やがて真っ赤に染まるナナカマド

発色具合も一段と冴えわたって来て

涸沢岳の稜線に山小屋確認できる地点到達

ナナカマドとスカイライン、、、善いショットでしょ?

燃える二人!?

とうとう此処まで来たか? とりあえずヒュッテ方面さ行こか?

振り返ると横尾の尾根の連なり・・・

ハイ! 到着まであと3分!

ヒュッテのデッキ到達、朝8時半、、、徳澤から4時間ほど

「お客さ~ん、大型ヘリ来ています、離れてくださ~い!」 のアナウンス

大した事なかろうでは済まなかった、デッキテーブル上のリュックやなんか全て吹っ飛んでしまった

粉塵まき散らしの図

涸沢ヒュッテから大雪渓眺めている 正面吊尾根の向こうが上高地温泉

奥穂高岳、、、ヒュッテの主人に云わせれば 「本当にラッキーです、今日の登山者は・・・」

涸沢岳・涸沢槍から右に北穂高岳、、、全て3000m級の山々

大カールの上部にもう一つ小カールが・・・

此の地で過ごした極上の紅葉狩り2時間ほど、、、まさか本当にこんなん在るのかと、頬つねってみたが、痛っ!

名物の涸沢カールのテント村、、、間違いなく世界ナンバーワンの紅葉スポット 雲助初体験の紅葉狩り空撮映像」 どうぞ!

見返りの紅葉・紅葉、、、来て本当に良かった、しかもかくも絶好の日和に

さてっと話は昨晩の徳澤園の風呂で小耳に挟んだ 「パノラマのルートは厳しかったけど素晴らしかった!」  

んじゃ俺達もと、そこを辿る事にした、無論想定外のこの時期のみ通行可能な新道

大丈夫かいな? 初心者には無理との看板アリ

まさかこの先に ”パノラマルート” 標榜するに相応しい眺めがあるなんて、この段階では知る由も無い

さらば涸沢カール・・・こんな位置関係からの写真は希少

度々訪れる難所? 問題無しだ

だんだん遠くなる、、、後ろ髪引かれるとは正にこんな瞬間だ

眼下に往路通った横尾谷ルート、、、このパノラマコース選択は大正解!

何と云う贅沢なシーンの独占!? 行き交うトレッカーも少ない

忘れじの北穂高の峰

屏風がググッと迫り来る

何度も何度も振り返って、暫し言葉も出ない

槍の先端遠望!

これで本当におさらば!

黄・朱・赤・茶に緑が同居はこの時期この瞬間ならでは

これから先は槍ヶ岳ワールド・・・

時系列前後しますが続きは、、、「絶景涸沢紅葉狩り」 ご覧ください

だんだん