09 Nov. 2015

「熊本城辺り」・・・・・手打ち庵



天草から雲仙岳を見ながら宇土半島を北上して、約2時間で熊本市内に入ります。


目指すは、近年本丸御殿を再建した熊本城です。
ご存知のように熊本城は加藤清正が築いた天下の名城。石垣と塀は当時のまま。 


熊本城玄関口にあたる西大手櫓門から入る。




他の城では天守閣に見えるほど大きな建物が見えてくるがこれは
天守閣ではない。宇土櫓だ。  


武者返しの石垣。なお右側の石垣は年代が古く、上部の傾斜が緩い。  


この石垣の石がところどころ凹んでいるのがわかるかな?
西南戦争で火災により大天守が崩れ落ちた時の衝撃によるものだそうだ。 



ここは「闇り通路」、本丸御殿への正式な入り口だ。このような構造を見ても 加藤清正の築城技術の凄さがわかる。  天守閣前広場。  まずは、ここに再建された本丸御殿を見学。まだ3分の1しか再建されていないそうだ。   147畳の大広間。  欄間も面白い、光が反対の壁に透けるようになっている。 


清正が豊臣秀頼を招くために作ったと言われる「昭君之間」 襖には中国宮廷の物語を描いているが、秀頼を「将軍」として迎えたかったらしい。  「しょうくんのま」→「しょうぐんのま」なのだ。  天井は漆塗りの折上げ格天井。 大天守閣と小天守。 もちろんこれは昭和の建物。  こちらが、西南戦争前に撮影された往時の天守閣。  天守閣からの眺め  創建当時から残る唯一の櫓、宇土櫓です。   熊本城は我が国3名城の一つ。 機会があったら是非訪ねてみてくださいね。  今回の旅はこれでおしまい。再びプロペラ機に乗って、帰りました。