06 Nov. 2015

「10月の四木会と猷遊会なのだ」・・・・・さすさら


23日は第4木曜日だ。そんで四木会なのだ。
   大阪市庁舎を横目に、御堂筋を久しぶりに歩くのだ。
 

堂島川を渡り。
 

そう、南行き一方通行を、さらに歩くと。
 

右手に風格のある日銀大阪支店が現れるのだ。
 

やっぱりポストは赤でなくてはいけないのでは?
 

淀屋橋の向こうには住友ビルだ。
 

ここの地下に集合なのだ。
 

そう、今日は近畿よいよい会の定例会なのだ。
 

いつもの所で、いつもの時間に始まるのだ。
 

悪いなぁー!いつもリンダさんがあの手この手でタダのビール券を
   確保してくれるのだ。
   感謝を込めて、皆でお礼の大拍手をやったら、リンダさんは感激したのだ。
 

いつもの仲間で楽しい時間の始まりなのだ。
 

なかなかなのだ。
 

これも。
 

何を言ったのか忘れたが、大事なことを言っていたのだ。
 

楽しそうなのだ。
 

ピッチャーがどんどん消費されるのだ。
 

淀屋橋大王だ。天草大王と勝負だ。
 

ワイワイガヤガヤ・・・ 焼酎もお湯割に水割りと、何でもござれ。
 

こっち側からも。
 

いろいろ何でもいいのだ。
 

赤い顔で真剣に話しているのだ。
 

とにかく楽しいのだ。
 

話は横浜のマンションの杭打ちクレームの件で、
   1級建築士の先生の講義が始まり、参考になったのだ。
 

5時半から3時間があっと言う間に過ぎてしまったのだ。
   お開きだ。解散だ。
 

派手な電車の右端にはなママさんが乗っているのが分かるかな?
 

解散、解散。次回は1月28日(木)なのだ。
   来年も楽しく、飲もう!
 



そんで、25日日曜日はこれなのだ。
   近畿修猷会のゴルフ同好会が猷遊会、福岡高校のがどんたく会というのだ。
   その対抗戦が年に一度開催されるのだ。
   負けられないのだ。負けたら、勝った方の館歌(福高は校歌)を頭を垂れて
   拝聴しなければならないのだ。
   屈辱なのだ。福高には負けてなるものか。
 

ほんで、我がよいよい会の代表の二人なのだ。
   ポイントゲッターなのだ。
 

1時間早く来て、練習だ。
 

パターはしっかりと練習するのだ。
 

猷遊会の幹事長の小河先輩と。
 

よいよい会の智恵さんの旦那さんも参加するのだ。
 

ルールの説明。
 

さあ、こんだけで対抗戦なのだ。
 

猷遊会。
 

どんたく会。
 

よーし。今日はちょっと寒いし、風も強いが、やったるのだ。
 

いざ、スタート。
 

2対2で勝負なのだ。
 

私だ。うまそうなのだ。
 

260ヤードは飛ばすのだ。
 

昼に乾杯だ。勝ったと思っている方が飲んでいるのだ。
 

紅白の山茶花が派手に咲いているのだ。
 

絶好調なのだ。
 

終わって、スコアカードの提出だ。厳格にやるのだ。
 

さあ、結果はどうか。表彰式だ。
 

ぞくぞくと勝利の真紅のバラが貼られるのだ。
   皆、一喜一憂なのだ。
 

よーし、5対1で我が猷遊会が圧勝なのだ。
   これで、通算成績は11勝5敗なのだ。
 

我がチームの近畿修猷会の松川会長。
 

どんたく会の村島会長がそれぞれ挨拶するのだ。
   「もう、相手にならないのだ。他の高校を探そう」とか言わないでくれと
   懇願されたのだ。
 

優勝カップをゲット。
 

私は飛び賞の焼酎をゲット。
 

しっかり、館歌を斉唱したのだ。
 

見ながらなのだ。1番しか覚えていないのだ。
   来年は10月30日なのだ。
   1年間、しっかりと練習して、また館歌斉唱だ。
 

おしまい