06 Nov. 2015

「遭難寸前までの根子岳紅葉」

何だか以前とは全く違う ”根子岳ヤカタガウド” 登山路の様相

脚元は、昨年2014年の大洪水で巨大ガレ場

無論ルート案内のテープ・ペンキの類は一切なし・・・・・

上空は以前と変わらぬジャスト紅葉の頃

谷間のガレ場と対照的な

それは見事な紅葉狩りシーン

紅葉トンネル潜っての上昇は、美味しい空気と相まって超気持ち良い!

ルート探しつつ、、、こんな羽目になる事暫し

そんな時は焦らずコーヒータイム!?

愈々始まる根子岳アドヴェンチャーワールド

やって来た宮地方面振り返り

濁流と共にゴロゴロ流れ来た岩の床

ようやく辿り着いた ローソク岩&メガネ岩

なんだか安定感に掛ける岩の多い事、これだっていつ濁流の床かっさらいに逢えばひとたまりもなかろう

三歩進んで二歩下がる

紅葉は変わらず美しい!

阿蘇高岳の難所が見える高さに・・・

美しさに見惚れていると、ズルズルって足許掬われる

もはや登山と云うより地獄の崖昇り・・・

私は先行してテーブルのような処まで登って、もはや降下は困難、このまま山頂目指す他ないが

二人には落石半端でなく、恐怖感じているいる筈なので引き返すように要請 「車で南阿蘇まで廻って貰って、そこで落ち合おう」 「判った、そうする!」

ようやく根子岳の稜線に出て西隣の高岳遠望

天狗岩近し!

祖母・傾山

高岳の右手斜面、、、虎と鷲は毎年遭難者が絶えない箇所

ここで独りランチして空撮開始

帰路は向こうの東峰から降りたら楽勝!?

天狗のコルでの雲助終え、してやったりでこの場を去る

南面は地獄谷

何と幻想的な山容

東峰近づけば

天狗は去ってゆく・・・

ここでやらかした大失態、、、降りて昇っての稜線漫遊愉しめばよいものを

この沢降りてショートカット、、、東峰の通常ルートへ合流すればよか!?

このショットは記憶にないんだよね? でも記録された最後の一枚である

この沢下りでハプニング、、、フワッと浮遊感の後、どれだけの時間経過は確かではないが、正気に戻った!

そこから始まるサバイバルアクションの数々、読者の皆様に生の声でお伝えする方がよいかと

道子さん云うてはった

「根子岳は魔の山ですよ、人を引き込むんです!」

後日談 : 地元高森警察署の方によれば

「良かったです救出出来て、まだまだ多くの行方不明者が眠る山なんです、根子岳は」

日本TV Newsに生還現場放映され、恥ずかしいったらありませんでした

Click!

だんだん、だんだん、だんだん

2015年10月26日

【遭難】阿蘇、根子岳:行方不明の男性(67)救助

2015年10月25日、
熊本県、阿蘇山の根子岳(1433メートル)で行方不明となっていた福岡市の無職男性(67)について、
26日午前9時半頃に発見、救助。

25日午後4時40分頃、
男性と一緒に登山をしていた友人が「福岡に住む60代の男性が遭難した」と通報。
警察、消防が午後10時15分頃まで男性を捜索するも発見に至らず。
26日は午前7時頃から約40人、ヘリ2機の態勢で捜索し、
午前9時半頃、登山道から約50メートル下に滑落している男性を発見、救助。
男性は負傷しているものの意識あり。


<根子岳>
熊本県阿蘇郡高森町にある、阿蘇五岳(阿蘇山)のひとつ。
最高点、天狗峰の標高は1433メートル。