01 Jan. 2014

年末掲載の ”阿蘇ラピュタ道” に関し問い合わせ殺到!?

「何処に在るか知りたいんだけど」

ではもう一度このお正月に、阿蘇のお勉強しましょう・・・


世界最大級を誇る阿蘇カルデラの規模は、東西約18km、南北約25km、大きな楕円形を成している
現在噴煙を上げている中岳を始めとした阿蘇五岳(プラス根子岳、高岳、杵島岳、烏帽子岳)は、カルデラのほぼ中央部にある。
阿蘇カルデラは周囲をグルリと外輪山に囲まれているが、その外輪山の総延長は約128kmにも及ぶ壮大なスケール!


考えてみれば、福岡都市高速環状線やJR山手線の総延長が凡そ35KM、、、想像つきますでしょうかこのスケール感? 

外輪山に沿ったミルクロードから少々入った農道のとある地点

いつしか隠れ人気のスポットに

「今日は雲海は無理だよね?」

「それより、機材の充電OKなん?」

もうバッチリ!

アレっ?空撮は?

参ったな~!

雲助だけ充電して、肝心カメラのは忘れてんの、、、アホです!

でもってラピュタ道を徒歩辿る羽目に・・・

想定外の丘歩き!?

我々の今後に必要なのは ”チェックリスト 指差確認” 後悔してからでは遅いのだ

「此処を上から撮りたかった」

天上には後光射してはる

私は総機材充電&調整バッチリ!

僅か3日前には中岳クッキリ空撮だったが、本日の画像は噴煙&火山灰に覆われていて鮮明ならず

外輪山の様子空撮

あちらも ”ラピュタ道” ?

向こう側に車停め、こちら迄やって来たと云う訳

陽光射す外輪山の山肌、、、何とも形容し難い柔らかさ

ネットで度々登場する ”ラピュタ道” はほぼこちらを紹介している

お日様お隠れになると雰囲気がらりとチェンジ!

「南阿蘇高森からの阿蘇山系はどうなんだろか?」 お湯に浸かりながら考えた

高森温泉館でしばし瞑想

来てみて驚いたのは火山灰の堆積、、、道路は数センチ程、車の窓ガラスにポツポツ降りしきる灰・灰・灰

昨年春の様子が残っている

中岳も活動弱く火山灰飛来も少なく明瞭 ”動画少々

今日はコレだ! 根子岳山麓は火山灰の通り道 (上空7~8Mの西風と噴圧でカメラかなり揺れている)

降灰著しい根子岳00mb)

Wagiさんに私のカメラ貸して空撮すれど灰の影響か? 不安定な雲助の動き

空撮後、逃げるように高森を後にやって来たのは噴煙の風上に在る久木野村

「阿蘇赤牛の館」でサービスランチ、、、「ご飯は大盛りで!」

「未充電の後悔」未だ消えないの図!?

食後、頭から被った灰を落としに再び温泉へ・・・本日2度目

雲助に積もった火山灰吹き飛ばしのメンテは欠かせない、今でしょう!

温泉の駐車場で灰除去して試し飛翔、、、ノープロブレム

ホッと一息ついたところで戻ろう、家では年末お手伝いが待っている