03 Jun. 2018

「シチリアあたり 21 最終回」・・・・・さすさら

ここにも軽機関銃を持つ軍人さんがいるのだ。

   日本では警察までだが。
   5月10日(木)の15時20分。イタリアも今日が最後。
 

ナボーナ広場にあるネプチューンの噴水。
 

ここイタリアには、あちこちに車が入れない
   こんな広場があちこちにあるのだ。
   それに、見て分かるように、上に電線が無いので、
   すっきりしているのだ。
   日本は、上を見ると、電線がないところは
   ないのだ。
   地下に埋めているのだ。
 

市民、観光客の憩いの場なのだ。 
   古代ローマ時代には、ここで戦車競技が行われていたのだ。
   それで、この広場は細長いのだ。
 

若者にはこの国の政治の混乱なんかは、
   関係ないみたいなのだ。
 

これは「四大河の噴水」。
 

この広場には、この「ムーア人の噴水」と
   三つあるのだ。
 

初めて、タクシーに乗ったのだ。
 

ここは来ないといけないのだ。「真実の口」。
   嘘を言った者がこの口の中に手を入れると、
   手を食べられるのだ。
 

ヘップバーンがいないかと、探したのだが・・・
 

これは教会にあるのだが、現在改修中なのだ。
 

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会なのだ。
   6世紀に創建されたのだ。
 

歩いてすぐにあるのが、「チルコ・マッシモ」。
   ベン・ハーで有名な、戦車競技場ですね。
 

観光もとうとう終わったのだ。
   16時10分、地下鉄でテルミニ駅へ。
   落書きをする奴らは、どこにでもいるのだ。
 

駅について、まずはコーヒータイム。
 

朝、預けていた荷物をここで取り出すのだ。
 

テルミニ駅で空港までの切符を買うのだが、
   このお兄ちゃんが親切に買い方を、
   教えてくれるのだ。
   そう、買い終えたら、当然のようにチップを
   要求してくるのだ。
   まあ、いいか。
 

この特急電車ですね。
 

 

別に、指定席ではない。
 

なかなか、いい車両なのだ。
 

約1時間で、空港に到着。
 

ローマ空港なのだ。
 

ここで昨日、預けておいたスーツケース類を
   取り出したのだ。
 

18時、荷物をまとめるのだ。
   ここで、私は決断したのだ。そう、荷物は
   機内持ち込みにするのだ。
   実は、この旅行中、絶えず気になっていたのが、
   帰り便の事なのだ。
   11日(金)の夜、日本時間で20時に福岡空港に着いて、
   博多駅発21時09分の新幹線が最終なのだ。
   乗り換えが間に合うか?心配だったのだ。
   そんで、当初の計画は、スーツケースは出て来るのが、
   遅いので、編集長に頼んで宅急便で送ってもらおう、
   送り状まで書いて、用意していたのだ。
   しかし、ここでよく決断したのだ。
   私のは、機内持ち込みが出来る大きさなのだ。
   ただし、コルク栓開け付ナイフはダメなので、
   これだけは、編集長に預けたのだ。
   このナイフは未だ、手元に帰ってきてないのだが。
 

今日はよく歩いたのだ。
   新記録なのだ。ただし、これは日本時間で24時で
   リセットされるので、日中2日分なのだ。
 

しっかり、並んでいるのだ。
 

彼はお土産を買うので、両替をするのだ。
 

何を見ているのか?
 

荷物を預け、やれやれ。
 

最後のビールを味わうのだ。
 

無事に帰れそうなのだ。
 

やれやれ。
 

席は後ろの二人席。
   エコノミーではここにするのだ。
   10日21時30分。
   もちろん、ナッツ・リターン姫の飛行機なのだ。
 

そんで、11日(金)18時20分、ここから日本時間。
   ソウル、仁川空港で乗り換え。
   乗り換えが約3時間ほど。
   ここで、私は取り残されたのだ。
   私だけが、スーツケースを持ち込んでいたので、
   手荷物検査で、その荷物をひっくり返されてしまったのだ。
   10分ほどかかって、出て来ると、3人がいないのだ。
   探せど、探せど、見付からず。
   結局、3時間を独りぼっちだったのだ。
 

この写真は、その3時間後の再会した時なのだ。
   3人とも、冷たいのだ。
   プンプン。
 

これで、福岡空港に帰るのだ。
   写真はこれでおしまい。
   結局、福岡空港に着く前に、乗り換えが時間がないので、
   何とかしろ、と機内で皆がCAに交渉してくれたのだ。
   到着10分前に一番後ろの席から、ビジネス席の
   一番前に連れて行ってくれて、到着後、
   すぐに降りて、イミグレを通過、タクシーに乗り、
   無事、余裕で、21時09分発の新幹線に間に合ったのだ。
 

24時に神戸の我が家に無事、帰還。
   我が家はいいなぁー!
   編集長、ツアコン、運転とご苦労様でした。
   コッツさん、 会計係をありがとう。
   窪ちゃん、 写真のテクを教えてもらいました。
   
   
楽しい、旅行でした。
   旅は、やっぱり、誰と行くか、ですね。
   それでも、時差ボケには参ったのだ。
   元に戻るのに、1週間かかってしまったのだ
 

そんで、おまけ。
   5月31日(木)の15時の大阪長居公園。
 

午前中までの大雨で、びちゃびちゃなのだ。
 

ドイツビールを飲むのだ。
 

旅の報告会なのだ。
 

そう、これでシチリア旅の務めは果たしたのだ。
   密輸品のたばこ。
 

ドイツビールは500ccで1500円と高いので、
   長居の居酒屋で、もつ鍋を食いながら飲み直し。
 

以上、長いお付き合いをありがとう、なのだ。