01 May 2018

「アマルフィグルメ その① Gemma編」

アンナお奨めのGemmaはドォーモ広場にあるらしいが、、、

分かり易いか?

碧い空に大聖堂が映える

お隣の鐘楼もご立派ですね マヨルカ焼きのタイルが美しい!

Gemmaは2階だが入口は横の路地から入って・・・

此処からどうぞ!

アンナから聞いていた通り、美味そうな海の幸が

諸々ネタケースに入っていて食欲大いにそそられる

お腹ペコペコの仲間は、、、Kubotaカメラマン

さすさら

それに コッツウォルズ

アミューズに出たコレ喰ったら判る店のレベル モッツアレラをフライにした逸品

前菜はモッツアレラ、、、フライは魚介のすり身、唸る瞬間だ! トマトベースのクリーム、パンに塗って喰らうともう天国!?

自家製のパンも秀逸!

メインはお店お勧めの蒸し魚、、、無論地中海の海水魚だが、マス系のレモンフィッシュだと聞いた

美味い!

いくらでもいける!

完食です!

ご当地名物はレモン・チェッロ、、、飲ませて貰ったけど 「熱っ!」

ワインボトル・フレッシュドリンク・ミネラル含め 4人で200ユーロ、、、割り勘お一人様¥6600、高級店にしてはまあまあか?

大聖堂階段はまるでスペイン広場のような賑わい

静粛に! と云われるまでもなく思わず姿勢正すドゥーモ入館

天国の回廊は緑のオアシス

この獅子さん何ぞ悪事働いた!?

マヨルカ焼きの鐘楼のキューポラが一層眼を引く

団体さんの説明聴こうと思たらスペイン語、こりゃあかん

1000年前創建時のまま残っている

十字架上のキリストの聖堂

地下礼拝堂へと降りると別世界が・・・

巨大な聖アンドレア像はミケランジェロの弟子によるもの

迷路のような内部通る内に

ドゥーモ入場と相成る仕掛け・・・

東方貿易で栄えたイタリア最初の海洋国家アマルフィ

右見ても、左を見ても往時の名残り留める美しい街並み

沖合から眺めたらさぞかしとボートチャーター予約しようと駆け巡る事暫し

明日の午前9時に突堤にて、予約した貸し切りボート待つ事にして手付金50ユーロの支払い

明日のクルージングが大いに愉しみだ!

その前の日の出時間帯、、、あちらからの朝陽に間に合うように早起きせねば

気温27度ともなれば当然のように海に飛び込む輩多々

カラフルな商店前

レモンチェッロは銘柄で価格帯まちまちですね

他の3人は、ビールにワインにレモンチェッロ、私は負けずにこちらへ直行!

ピスタチオ&チョコの特大盛りは5ユーロ

これにてグルメその①はおしまい

さ~てっと、寝るとするか?