13 Oct. 2017

「コスタ・ネオ・ロマンチカ 五日目釜山編+六日目帰国編」

10月7日午前9時前に釜山港国際ターミナル着岸

こちらではレンタカーっちゅう訳には行かないので 徒歩で釜山駅へ ⇒ 地下鉄1号線(30分) ⇒ 梵魚寺駅

駅からタクシーで15分、、、”梵魚寺” に到着

新羅時代に創建され1300年の歴史誇る韓国最大の禅寺

敷地約200万坪云うからとてつもない広さ

新羅時代の高僧、義湘大師により建てられた梵魚寺は以前この地に岩から湧き出る泉があり、天から魚が降りてきて水遊びをしたことから「梵魚寺」という名称が付けられたとされています。 

秀吉のやらかした大失態!?、、、文禄・慶長の役でほとんどの建物は焼失

現在観る事の出来る建物はほぼ300年前に再建されたもの、、、ご免な!

大雄殿の美しさは朝鮮時代の建築美術の傑作と云われている

金井山麓にある山寺なので、伽藍には高低差があって変化に富んでいる

2011年金井山頂にて、、、ピークから急降下すると

梵魚寺裏手へと繋がっている

地下鉄1号線、梵魚寺駅は遥か彼方、、、徒歩でなんか来れませんよ

博多塀が学んだという、朝鮮式塀の構造は興味あるもの

境内に響く 「般若心経」 の源は此処か? 

その玉座下潜って階段降ります

金井山特有の露出花崗岩散見・・・

極彩色が抑え気味なのでうまく風景に溶け込んでいる

お参り後の善男・善女・・・

我々にとってはユニークな形状の山門

善い運動したらお腹の方から要求が・・・

待たせておいたタクシー2台、、、「お次は此処へ!」 には運転手さんもビックリ

まさか5年前に訪問時の名刺が役立とうとは

2012年写真の山奥のこの名店着!

右手の韓牛が超お宝! 此処では一般的なカルビやホルモン置いてません、ひたすら岩塩まぶして喰らう韓牛を堪能します

食べごろに焼けるを待つの図

「ビールに合うねえ! もう一本!」

幾らでもすんなりお腹に入るから不思議 「もう一皿お代わり!」

by Kubota

こんな山村流しは皆無、待たせていたタクシーで世界最大規模デパート ”新世界百貨店” 在るセンタムシティーへ、そしてお土産爆買い!

約束の乗船タイムに間に合うよう港さ戻ったら船出、、、ディナーは軽めにしましょうね?

流石はイタリア船

どのピザも1枚7米ドル、、、これが国際共通価格だがや!

但し、耳は残しましょうね

釜山港ポート・ブリッジ潜って・・・

六日目の翌朝8日8時過ぎに博多港で下船し、、、弟夫婦も参加して従兄弟会Part2 at ”多謝”

お陰で楽しくも愉快なお気軽なクルーズも無事終了、、、云うたって皆さんそれぞれ乗船の地でしかサヨナラ下船出来ない仕組み(パスポート預けてる)

こんな従兄弟会のやりかたに 「楽しそうな従兄弟会! アイデアが素晴らしいですね」 とのLINEメッセージ有り・・・

でもって体重計に乗っかたら 「いかんいかん、こりゃRAIZAPだがや!!!」

ありがと だんだん グラッツエ カムサムニダ