08 Mar. 2017

「篠栗 九大の森」

篠栗九大の森」は、九州大学福岡演習林の西端にあり、篠栗町と九州大学が共同で整備・管理を行っています。

約17haの「森」には、スダジイ、アラカシ、タブノキ、クスノキ、ヤマモモなど約50種の常緑広葉樹とコナラ、ネジキハゼノキなど約40種の落葉広葉樹が生育しています。 

蒲田池外周は約2km、広大な広葉樹林の中を軽やかに散策開始・・・

奥に池が見え隠れ

マイナスイオン体中に浴びる心地良さ

距離的には大濠公園1周分だが、適当な高低差ある

池の色が多少グリーンがかっている

中ノ島もあったりして・・・・・

あれか?

Kubotaカメラマン

北米が原産の針葉樹 ”落羽松” というらしい

ラクウショウは湿地や水につかる場所でも生育できるとか

我々にはむしろ ”メタセコイア” と云われる方が馴染み深い 

深い森から受ける包まれる感覚が二人に清涼感与えて呉れているが・・・

癒し効果が科学的に検証されている『森林セラピー基地』の認定地域である 

いつか大きな落羽松になるのだろうか予備軍たち、頑張れ!

近寄って、陽の射すタイミングを待っている

しかしこんな処があるなんて

撮るには好いタイミングがやって来て

Kubotaカメラマン

「もう一枚」 が続く

Kubotaカメラマン

水鳥さんたち、とてもお気に入りの様

「九大の森」 後にして、数キロ離れた米の山展望台へやって来て、先ほどまで癒されていた池を眺める

今日は霞んでいまいちの眺め

その中腹の蕎麦処を10年ぶりに訪問

こちらのオーナーが我が家で蕎麦打ち体験して始めた ”文次郎” 今や博多や大分に和食中心に20店舗を展開中のヤリ手経営者

味には少々うるさいKubotaの評価は?

シンプルな温蕎麦+コンニャク寿司

鯖寿司

お隣は ”茶房 わらび野”

人家から遠く離れた山中に在る

こんな趣向の中でのウェディング宴もあるとか

10年前に訪れた事覚えてくれていたチーフ

森の力に癒された処を見降ろしながらの珈琲タイム

スカッと爽やかな気分になって帰路についたとさ

だんだん