31 Oct. 2016

三俣山の紅葉は?

「比叡山延暦寺あたりなのだ その3」・・・・・京都のリンダ

30 Oct. 2016

「比叡山延暦寺あたりなのだ その2」・・・・・京都のリンダ

比叡山延暦寺あたりなのだ」・・・・・京都のリンダ

29 Oct. 2016

お気楽筆さんの沖縄暮らし

28 Oct. 2016

チャリで周回が日課・・・・・

お濠から住処方面の夕景

26 Oct. 2016

あれから丁度一年、、、紅葉真っただ中の山中で一晩過ごした経験は生涯忘れる事ないでしょう

防災センター”ひばり号”

琵琶湖あたり」・・・・・さすさら

25 Oct. 2016

Click!

24 Oct. 2016

こんばんわ!おはようさん!

広いベランダでバーベキュー・・・・・

転居祝い宴の様子

貴重な糸島産和牛と松茸の宴、、、お一人様400g越えをペロリ! 筆さんの怒り感じつつ!?

23 Oct. 2016

神無月のなかむら

22 Oct. 2016

「2016 Tokyo Disney Sea in 舞浜」・・・・・T.H.

引っ越し終えて早1週間、、、お陰で無事新たな生活をエンジョイしています!

鍵一つでお気楽に出掛けるなんて夢の生活!?ですが、忘れてならない住所移動・・・・・

区役所に行って転居手続きやったら、年金・健康保険・介護保険もチェック
自動車免許に海技免状・宅建、忘れてならない保険は火災・自動車・ラジコン
パスポート、固定資産税・確定申告の税務署などはやらずともOK
そうそう、銀行関係は結構煩雑な手続きだ
百貨店のカード会員手続きもやっておかねば、残る案件はクレジット・カード意外と枚数多い
親戚・友人お寺に同窓会&同好会・・・漏れは無いかい?

まだまだ一件落着とは行かない!

21 Oct. 2016

温暖化の立山で ”ムーラン” 露出! 先日我々が居た丁度その時期調査隊が入って探索・・・・・ 

「日本で初めて「氷河」の存在が確認された富山県北アルプス立山連峰。その氷河には、神秘の穴“ムーラン”がある。
雪解け水が氷河の中をらせん状に削りながら作られた縦穴だ。
普段は深い雪に閉ざされているが、今年、暖冬の影響もあり、ついにムーランに潜入することに成功した。
深い謎に包まれた日本で唯一の氷河、滅多に現れることのない神秘の穴に入ることでその謎に迫る」 と云う内容

NHK朝番でやっていた映像

通年万年雪で覆われていて穴の入り口が不明、我々が呑気に”みくりが池温泉”に浸って居たその頃
調査隊は苦労して穴に潜入しデータ収集に励んでいたのだ!
表面からしばらくはここ十数年間の氷の層、その下に岩盤がサンドイッチ状に在って、さらにその下には
何と1700年前の厚い氷の層、、、土や空気泡のサンプル持ち帰って当時の気象状況などを知るらしい。

あまりTV見ない私、こんな番組なら受信料払っている価値あるか!?

エディンバラ・フェスティヴァル・ハイライト、軍楽隊競演 エディンバラ城”・・・・・VK
(movファイルダウンロードに30秒要す)

20 Oct. 2016

「2016年9月 石山坂本線の旅(3)大津宮跡 三井寺 石山寺」・・・・・T.H.

丹波篠山あたり」・・・・・さすさら

19 ct. 2016

早々の花のプレゼント、部屋が一段と華やいできました

ピンポーン、、、第二弾もバラ園直送にて、だんだん!

おっとどっこい」・・・・・Kodama

18 Oct. 2016

背振山系望みながらのブレックファスト、、、何でこんなに熟睡できるのか不思議に思う3泊目の朝

読者の中には 「何回も引っ越ししたけん慣れたもんや!」 の方多数でしょうが、何せお初の経験
転居は済ませたものの届け漏れや通知漏れもあったり、加えて未だに見つからない品々捜索で右往左往・・・

引っ越しは小旅行の積りで着替えや洗面具他身の回りのものは、スーツケースに入れて携行し
常時取り出せるようにしておくべきですね? これ一つの反省点!

一戸建てのリビングとは天井高さも拡がりも違うので引っ越し前に計画の家具配置などはあくまで
予想図、実際に設置して気づく見通しの甘さ、再配置余儀なくされる経験も良い勉強!?

総括、、、終活は 「お前早過ぎやないとや?」 位の時期に着手せねば、体力・気力・判断力に
次第に陰りが表れて、決してスムーズには行かないのを再認識!

適格な終活路線敷いたらあとはもうピンピンコロリまで一直線!?
見ておきたい世界観て、逢いそびれた人と再会し、心の籠った美味しい食堪能してあの世へ・・・・・

17 Oct. 2016

新居二日目の朝、お隣西日本シティBK体育館・研修センターは完工目指して最後の追い込み

嬉しい事にこの駐車場屋上は広大な空中庭園になるんだと、四季折々の花が¥0で愉しめる!?

まだ片付いていないけど我が家もボチボチ!?

ベランダが30畳ほど、、、ネットで無煙コンロ購入して俄かバーべキュー場設置すれば訪問客喜ぶ?

16 Oct. 2016

引っ越し済ませ契約先のJcomにマンション部屋のネット&TV接続頼んだら来週になるとの事

ナヌ!? 情報が一番の糧の世にあって、何というのろまで間抜けな対応!

ならば独力で早朝から、裏技駆使して1時間余り、、、ネットが繋がり、地上波もBSも接続!

固定電話は後日NTTに頼むとして、編集長なかなかいい仕事やってる!?

「立山あたり その6最終回」・・・・・さすさら

15 Oct. 2016

今日は ”大安” 晴れの日!

生まれ育った松の木がシンボルの我が家が

立派な小春庵になったのを見届けて

終活第一歩の引っ越しの日、、、と云っても僅か500m東、こんな眺めの処への転居、鍵一つお気楽人生終盤戦が始まる

快適な秋空の下のお引越し、小春と茶々丸があの世からかくも快晴の日をプレゼントしてくれた、、、だんだん!!!

14 Oct. 2016

私の企画するライブの案内」・・・・・リワキーノ

二人の奏者の出逢い」・・・・・リワキーノ

「立山あたり その5」・・・・・さすさら

13 Oct. 2016

「立山あたり  その4」・・・・・さすさら

12 Oct. 2016

「立山あたり その3」・・・・・さすさら 

  11月18日から始まる日本初のアメリカズ・カップレース

世界最高峰のヨットレースを観覧する場所が問題だったが・・・ 

そこはヨット仲間の結束力!

Capt.Ogoのネットワークでこの30階の部屋がゲットされた

専用観覧席だったらウン万円の出費は覚悟だっただけに

タダ同然のサロンからのお気楽観戦確保!
  これで心置きなく高所からのレース展開を観覧可

筆さん安心して博多さやって来るように!?

時速80kmと云う信じられない高速で走るレーシングヨット

タックにジャイブにスピンラン、、、

眼下に繰り広げられる世界最高峰のテクニックを生で観る

ひと昔前では考えられない事が現実に・・・

11 Oct. 2016

リワキーノの帰省

←Click!. 

さすさらさんレポートへの補足」・・・・・リンダ

10 Oct. 2016

「立山あたり その2」・・・・・さすさら

五箇山相倉集落

「立山あたり その1」・・・・・さすさら

09 Oct. 2016

立山⇒能登半島までのパノラマ写真

みくりが池回想編

07 Oct. 2016

「2016年9月 石山坂本線の旅(2)坂本」・・・・・T.H.

越中五箇山相倉集落は世界遺産登録の合掌造り群、コンパクトな集落はうさぎ追いしかのやま彷彿させる心の故郷

山から降りて来て今宵は庄川沿いのアユの宿 ”川金”

美味さにビックリ、当然ながら追加分焼いて貰った!

06 Oct. 2016

急ぎ編集の立山トレッキング

Click!  評論
森林限界を超えた地点からの雲海眼下に拡がる夕焼け画像
観る者に撮者の感動・息遣い伝える凛とした一枚

フルCCDの成せる技、、、腕ではない!? 

05 Oct. 2016

18号の影響で 「今回ばかりは運の尽きやろう」 そうでもなかったのだ!

Click!  2度チャレンジしてことごとく天候に遮られた剣岳

今日は天狗平から眺めるのみ 
Click!  室堂にて、、、来た証拠!?
Click!  逆さ立山 at みくりが池 

ロンドの会」・・・・・リワキーノ

04 Oct. 2016

Mr. Tsuchiya まさか70歳代前に海に嵌ってしまおうとは・・・・・

Ogo氏特訓の成果!? 初春にはヨットオーナーになるのでしょうか?

フォース鉄道橋を観に行く/エディンバラ郊外/スコトランド」・・・・・VK

03 Oct. 2016

奈良あたり」・・・・・さすさら

02 Oct. 2016

ありゃ~あ、いかんぞな!

小雨の博多を後に、、、久しぶりに平山温泉郷へ 「いくらでも入るなあこの鶏は」 「追加お願い!」

此処のお湯がこれまたマッタリ系のアルカリ温泉、サッパリスッキリで10月を迎える事が出来た・・・

01 Oct. 2016

「石山坂本線の旅(1) 比叡山延暦寺」・・・・・T.H.

自動車業界は今や戦国の様想定す次世代車両へのアップデート戦争真っただ中!

数年前には電気自動車(EV車)が本命と見られていたが今は、電気自動車への期待は低下して
本命は、燃料電池車(FCV:水素を充填して発電しながら走る自動車)との見方が増えてきた 
←業界記事

そのFCV時代到来までの繋ぎとして、各社独自のテクノロジーで顧客獲得へと本気モードの展開・・・・・
TOYOTAがハイブリッド技術で世界に先駆けて投入のプリウスも、米国では補助金対象から外れる時代

従来燃料車⇒   

上記見れば分かり易いと思うけど

EV」 航続距離は基本的にバッテリーの搭載容量に依存、航続距離を犠牲にせざるを得ないのが実情(日産リーフ等) 

「PHV」 EVと同様にモーター走行が可能なだけで無く、たとえバッテリー残量が少なくなってもエンジンを
搭載しているため、充電スポットを探す必要が無く、安心してドライブを楽しめるのが魅力
 

PHV:HVをベースにバッテリーを高容量化、EV走行性能を向上(プリウスPHV、BMW i8等)
PHEV:EVをベースに加速時など高負荷時にエンジンを利用(三菱アウトランダー等) ←はるさん北海道周遊で使用

OPECによる原油価格の操作次第ではガソリン価格の上昇も考えられるし、何より排ガスの総量規制が
世界において喫緊の課題、ゆくゆくは皆さん利用のガソリン車は淘汰の時代迎えそうなトレンド!?

プリウスPHV : http://toyota.jp/new_priusphv/  ミライ :  http://toyota.jp/mirai/   アウトランダー : http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_gasoline/

files from Sep.

ラベンナ開店28周年メニュー

「航空業界談義 at なかむら

ジッチャンバッチャンの上醍醐あたり」・・・・・京都のリンダ

困ったら中華、迷わず”多謝”

渓谷沿いの金山トレッキング