11 Nov. 2016

エディンバラ・フェスティヴァルでもっとも人気が高いのは
The Royal Edinburgh Military Tattoo
・・・・・V.K.

時刻は20時を少し廻ったところ。

 

エディンバラ城前の通称ロイヤル・マイルを観光客が続々登って来る。

 

明るいレンズで見ると21時前とは思えない。KLさん既にダウンのキルティングを着込み、

私も防寒対策ばっちり。幸いこの晩はそれほど寒くなく、
14℃くらいだった。夏ですぞ。

 

ここはエディンバラ城門前広場。まもなく始まります。

tattoo は英国英語で軍楽隊パレードを意味するそうです。

 

城門からキルトの正装をまとったバグパイプのスコティッシュ・ミリタリーバンドが入場すると開演、拍手。

IMG_3415.MOV

 

それに続くのがこれ。

DSCF4108.AVI

 

演奏曲目はバグパイプの代表的名曲「笛と太鼓 Pipes and Drums」と「アメイジング・グレイスAmazing Grace」。 

アメイジング・グレイスは、
1020日アップのプレリリース版でもご鑑賞ください。

 

サウディアラビア軍や

 

突然ハカをやり出すニュージーランド軍など、旧英連邦諸国を中心に世界各国の軍楽隊が集う。

 

行進曲ばかりでない、これも素晴らしいスコティッシュ・フォークソング。

若い女性が花を添えることも、主催者忘れていない。

 

バレエやってたKLさん、38秒たっぷり撮影しました。

IMG_3433.MOV

 

エディンバラ城にはプロジェクションマッピング。

これネパールだっけ、ブータンだっけ?

 

産業革命?

 

第一次世界大戦英独海戦

 

最後に英連合王国の豪華な馬車が出てきて、終わったのは午後11時。あっという間の2時間でした。

KLも私も楽しく家路につきました。

 

(追記) 上記「英連合王国」を最初大英帝国と書いていましたが、まてよあそこは

United
 Kingdom だよなと思って調べたら、次のようでした:

大英帝国 British Empire 17世紀以降、イギリス本国および世界各地の自治領・植民地・保護領

などを含めたイギリス帝国の称。その名称は
1931年まで用いられた。

・・なるほど、たしかにインド皇帝とか兼ねてましたからね。